保冷&収納バッグとしても使えるレジャーシートって!? 防災にも便利かも | アウトドア雑貨・小物 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • アウトドア雑貨・小物

    2024.01.06

    保冷&収納バッグとしても使えるレジャーシートって!? 防災にも便利かも

    「マルチなレジャーシート」

    公園のピクニックでも意外と荷物は増えてしまいがち

    今はまだ寒いけれど、ポカポカ日和が近づいたら用意しておきたいのが、レジャーシートと保温バッグ。特に市街地に住む人は、自然の多い公園でピクニックを楽しむために欠かせないのではないだろうか。

    ……なのだが、「市街地にある自然豊かな大きめの公園」は、たいてい駐車場からピクニックエリアまでの距離が遠い。レジャーシートにお弁当やマグボトル、風よけの薄手アウターやブランケットなどを家族分抱えて歩くのは、意外とツライもの。電車移動でのピクニックならなおさらだ。

    気楽に楽しめるピクニックだからこそ装備は万全にしておきたいし、そのためにはなるべく荷物をコンパクトにまとめるのが得策。そこで活用したいのが、異なる用途をひとつで叶えるギア使い。うれしいことに20241月から、総合雑貨メーカーのハックより「マルチなレジャーシート」が発売されたのでご紹介したい。ナチュラルで使いやすい柄の表生地に対し、裏生地はアルミ素材でできており、折りたたんだ状態にすれば保冷バッグに早変わり!まさにマルチなレジャーシートなのだ。

    保冷バッグいらずでスマートにピクニックへ

    保冷バッグが一体化している、今までにないレジャーシート。これがあれば冷たい飲み物やお弁当などをそのまま入れることができるので、ちょっとしたお出かけなら保冷バッグが不要になる。もちろん普通の収納バッグとしても使えるので、アウトドアグッズや子どもの遊び道具入れとして使ってもいい。使い方次第で、出かける際の荷物がグッと減る。

    地面からの冷気を抑える効果も期待できる!

    「マルチなレジャーシート」は保冷バッグなので、広げてレジャーシートとして使う場合にアルミ素材の生地が裏地となる。そのため登山やキャンプで用いるシート同様に保温効果があり、寒い時季は地面からの冷気を抑えてくれる。春になっても日陰の地面はとても冷たいし、体を動かす時間も決して長くはないはず。冷え性の女性のみならず、ピクニックを楽しむすべての人にとってありがたい機能だ。

    また、アウトドアやピクニックはだけでなく、防災時にサバイバルグッズとしても役立つ。なにかと便利なこの「マルチなレジャーシート」、一家に1つ備えておくと重宝すること確実だ。

    商品名:マルチなレジャーシート
    小売参考価格:¥1,480

    ハック オフィシャルサイト http://www.hac72.com/mainsite/

    NEW ARTICLES

    『 アウトドア雑貨・小物 』新着編集部記事

    釣りから生まれた「どこでもカラビナ」が超おすすめの理由!

    2024.06.14

    パワーアークの“充電しながら使えるネッククーラー”がパワーアップ!冷却プレートの面積も拡大

    2024.06.10

    バッテリーにもランタンスタンドにもなるOD缶…!?

    2024.06.09

    登山向けサングラス7選|紫外線・砂埃対策に必須!おすすめ偏光・調光サングラス

    2024.06.09

    パラコードを使う際の結び方!キャンプで活躍する7つの方法を紹介

    2024.06.08

    顔も体も、食器も服も洗える!天然由来成分100%「ドクターブロナー マジックソープ」の限定セットが狙い目

    2024.06.05

    スノーピーク「ソリッドステーク」特集!大人気ペグの魅力を解説

    2024.06.04

    モンベルの日傘が大人気!サンブロックアンブレラの魅力とは

    2024.06.01