東京多摩市のアウトドアショップ『efim』が選ぶ「キャンプを楽しむ基本道具」5選 | アウトドアショップ・自然派の店 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル - Part 2
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • アウトドアショップ・自然派の店

    2017.07.01

    東京多摩市のアウトドアショップ『efim』が選ぶ「キャンプを楽しむ基本道具」5選

    「1歩外へ出て、人生をとにかく楽しむ」そんなライフスタイルを提案する、東京都多摩市のアウトドアショップ『efim』で、【キャンプを楽しむ基本道具5選】を選んでもらいました。

    POWER CORD

    タープ用の紐にしたり、マグのグリップに巻いたりとなにかと便利なギア。

    38色から選べる『efim』の「POWER CORD」は、自分の好みに合わせて選べるところも魅力。また15mと30mの長さも選択できます。

    こちらの「POWER CORD」は、先日のロープワークの記事でも使わせてもらいました。

    編めばインテリアにも。アクセサリーも作れます。

    15m: 950円
    30m: 1800円

     

    WORK apron

    汚れてからが本領発揮のワークエプロン。
    汚れてかっこよく見えるので使い込むほど自分色に染まるギア。
    もちろんステンシルでオリジナルエプロンにするのもgood!
    ギャルソンタイプは私も購入し、アウトドアでも家でも使っています。
    しっかりとした素材なのでガシガシ使えるのが魅力。

    Apron: 3800円
    ギャルソンApron: 3500円

     

    DAWG

    ひとつは持っておきたい何かと便利なツール。
    「DAWG」は、ドライバーやカッター定規など14機能を装備したコンパクトツールです。
    折りたたみ式で、カラビナもついているので、キーホルダーとして持ち歩けるところもまたいい。
    困ったときにそばにいてくれるスーパーグッズです。

    2000円

     

    KOOZIE

    キャンプの醍醐味の焚火や、バーベキューなどの際に活躍するギア。
    ゆっくり焚火をしながら会話したり、バーベキューをしながら優雅な時間を過ごす。
    そんなときに、飲み物がどれだか分からなくなってしまうのも、「キャンプあるある」ですよね。

    こちらのカラバリ豊富なクージーを使えば、どれが自分のかすぐに発見できます。

    また、キャンプでは、真夏はビールなどがすぐぬるくなってしまいますし、真冬のあったかい飲み物はすぐ冷たくなってしまいます。そんな悩みも解消してくれる保温保冷効果も。ウェットスーツ素材を使用した、このクージーは夏も冬も便利なんです。

    私は、なくすのを防止するためにカラビナ付きを使っていて、リュックやベルトに掛けてます。

    カラビナ付き: 1300円
    カラビナなし: 1000円

     

    エナメル琺瑯(ほうろう)

    キャンプ道具に欠かせない食器。
    ほうろうの食器は、食事を取り分けるだけでなく、そのまま温めることもできるので便利。

    荷物を極限まで減らしたい人は、グリルも持って行かず、これだけでもなんとかなることも。

    エナメル素材が醸し出す雰囲気もまたいい!

    パーコレーターはコーヒーを淹れるのはもちろん、ケトルとしても使えます。

     

    エナメルパーコレーター: 4000円
    エナメルデミタスマグ: 450円 Φ70×H60mm
    エナメルマグ: 600円 Φ90×H80mm
    エナメルスープマグ: 750円 Φ110×H70mm

     

    『efim』

    東京都多摩市鶴牧1-6-6-101
    TEL 042-357-3966
    open 11:00〜 水曜定休

    instagram @efimstaff
    ネットショップ https://efim.thebase.in/

     

    ◎構成=加藤岳洋
    アウトドアとコーヒーについての情報を発信する「アウトドア&カフェ 甘酸辛苦」代表。身近なアウトドア体験や道具についてブログや動画で伝えている。また、コーヒーソムリエの資格を持ち、イベントやお店への出張コーヒーサーブや淹れ方講座の講師も務める。2016年からは公園でのアウトドア活動で地域のコミュニティーを作るプロジェクト『LIFE Camping』を東京都多摩市の仲間とスタート。アウトドアを通じて公共施設の利用促進や人とのつながり、緊急時の助け合いができるコミュニティー作りを目指している。

    ■アウトドア&カフェ 甘酸辛苦
    ブログ http://kansanshinku.hatenablog.com/
    instagram @kansanshink

    ■LIFE Camping
    http://life-camping.org/

    NEW ARTICLES

    『 アウトドアショップ・自然派の店 』新着編集部記事

    キャンプ用品買取店のおすすめ11選!高く売るコツも解説

    2024.05.22

    NANGA初となる布団専門の店舗「NANGA FUTON SHOP」がオープン!

    2024.05.04

    祝OPENで行ってきた!「スノーピーク 鹿沼キャンプフィールド & スパ」完全ガイド

    2024.04.17

    コストコに入店できる人数を徹底解説!東京近郊の店舗もチェック

    2024.03.22

    昭島アウトドアヴィレッジとは?体験型の商業施設を徹底解剖

    2024.03.17

    ゴールドウインの新店舗「PLAY EARTH PARK WONDER STORE 都立明治公園」はグッズレンタルでも遊べる!

    2024.02.10

    ソロたこ焼き、ユニークな充電器…全国のアウトドアショップバイヤーに聞いた「2024年これがくる!」

    2024.01.01

    2024年にイチ推ししたいキャンプギア7選!全国のアウトドアショップ人気バイヤーが大注目

    2023.12.31