ラゲッジの奥行きを稼ぐ工夫が満載! 日産・エクストレイルにコンテナを積んでみた | 試乗記 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 試乗記

    2023.10.12

    ラゲッジの奥行きを稼ぐ工夫が満載! 日産・エクストレイルにコンテナを積んでみた

    image

    とにかく荷物をたくさん積みたい、日常使いを考えてデザインを重視したりコンパクトサイズがいいなど「積めるクルマ」の基準は人それぞれ。多様な要望に応えるべく、「アウトドアギアの積みやすさ」という視点で大人気のSUV、日産・エクストレイルをチェックしました!

    ※荷室実測値はそれぞれ実用的な最大部分を計測し(シートの前後位置を標準体型での乗車に適した位置で調整)、メーカー発表値とは異なる場合がある。
    また、奥行きの最大値は開口部から、たたんだ後席の背もたれの先端(ショルダー部分)までの長さを計測。

    私がテストしました!

    アウトドアプロデューサー 長谷部雅一さん

    image

    山も走れるクルマが好きだーっ!

    世界を旅した経験と技術、そして持ち前の好奇心でアウトドアの魅力をわかりやすく伝える達人。仕事ではクルマを使った移動も多い。

    高さに余裕があり視界も良好

    日産/エクストレイル

    荷室実測値  幅1,200x奥910x高790 ㎜

    確かな4WD性能とミドルサイズの使いやすさで人気のエクストレイル。長谷部さんの目にはどう映ったのだろう?

    「ラゲッジは特に幅と高さに余裕があります。以前のエクストレイルと比べてボディーサイズが大きくなったのが理由だけど、だからといって狭い場所での運転のしにくさは感じません。バランスがいいクルマですね~」
     
    SUVは長ものを積みにくい印象があるものの、エクストレイルなら奥行きを稼ぎやすい。その秘訣は、後席のアレンジ性能。背もたれ角度を細かく調整できるうえ、左右別々に最大260㎜前後スライドできるのだ。

    「後席の中央をたたんで長尺ものを積み、4人乗りでキャンプに行けます。エクストレイルは天井が高いので、窮屈さを感じることは少ないはず!」

    image

    image

     

    image

    ●ボディーサイズ:全長4,660×全幅1,840×全高1,720㎜ 
    ●車両重量:1,880㎏ 
    ●最低地上高:185㎜ 
    ●最小回転半径:5.4m 
    ●乗車定員:5名
    ●パワーユニット:1,497cc直列3気筒エンジン+モーター
    ●最高出力:エンジン106kW(144PS)/4,400~5,000rpm、モーター150kW(204PS)
    ●最大トルク:エンジン250N・m/2,400~4,000rpm、モーター330 N・m
    ●WLTC燃費:18.4㎞/ℓ

    テスト車両のグレード:G e-4ORCE 4WD ¥4,748,700(車両本体価格)
    問い合わせ先:日産自動車 0120-315-232

     

    これだけ積めました!

    大3個 中2個 小0個

    image

    タイヤハウス(タイヤが収まる空間)の出っ張りが少ないため、無駄なく積み込めた。後席を立てた状態でこれだけ積めればファミキャンは余裕!

    image

    テスト車両はカメラで後方の画像を映し出すインテリジェント ルームミラーを標準装備。荷物満載でも安心。

    image

    センターコンソールの下部分に収納あり。それなりに深さがあるので、走行中に小物が飛び出しにくい。

    長ものは中央に収納!

    image

    「後席の中央だけをたためるのはうれしいポイント。4人乗車でのキャンプには欠かせない機能!」

    image

    床下にも浅い収納スペースが。「シート類をしまうのにぴったり」

    image

    「タイヤハウスの張り出しが少ないぶん、サイドポケットは小さめ。でもサンダルを挟んだりと使い勝手はいいです」

    image

    後席をたたんだときの奥行きは1,530㎜。「テーブルやチェアなどを無理なく積める。

    image

    フックは床に4か所。

     

    積載テストに使用したコンテナはこちら!

    image

    チェック方法

    積める量の目安として、リスの「トランクカーゴ」がラゲッジルームにどれだけ入るかをチェック。大、中、小の3サイズを組み合わせて最大限に積んだ。このため、後方視界が遮られたり、隙間が大きく残ることもあり、実際に荷物を積める量とは異なる場合もある。

    協力/リス https://www.risu-shop.jp/

    image

    トランクカーゴ TC-70S、¥4,980
    サイズ:W780×D390×H357㎜

    image

    トランクカーゴ TC-50S、¥3,980
    サイズ:W600×D390×H357㎜

    image

    トランクカーゴ TC-30S、¥2,980
    サイズ:W400×D390×H357㎜

     

    ※構成/櫻井 香 撮影/高柳 健 協力/佐藤篤司、桐畑恒治

    (BE-PAL 2023年10月号より)

    NEW ARTICLES

    『 試乗記 』新着編集部記事

    オフロードで実感!ヨコハマタイヤ「ジオランダーA/T4」は週末のソト遊びにフィット

    2024.05.22

    北京のSUVがヤバいです! 仰望(ヤンワン)の「U8」は1200馬力でドローンまで搭載

    2024.05.20

    フォルクスワーゲンで一番人気の「T-ROC」、アウトドアフィールドでの使い勝手&走りはどう?

    2024.05.12

    ランドクルーザー250にランクル300のオーナー(ピストン西沢)が乗ってみた!

    2024.04.27

    夢はでっかくポルシェでキャンプ!「カイエン」ってこんなに楽しいぞ~

    2024.04.23

    キャンプにもレクサスがGOOD!コンパクトSUV「LBX」なら、どんなときもノンストレスだ~

    2024.04.19

    このクルマ知ってる?軽EV「ASF2.0」はたっぷり積めてよく走るぞ!

    2024.04.16

    ピストン西沢が「ハイラックス Z“Revo ROCCO Edition”」 で、憧れの都会的ピックアップトラック生活体験!

    2024.04.15