その歴史はキュートなブービーバードとともに…ヒット商品で振り返る 「チャムス」 40年 | アウトドアブランド 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • アウトドアブランド

    2023.10.12

    その歴史はキュートなブービーバードとともに…ヒット商品で振り返る 「チャムス」 40年

    米国コロラド川でリバーガイドをしていた創設者は、多くの客がラフティング中にサングラスを川底に落とすのを目撃。そこで思いついたのが、「CHUMS Original Retainer」。
     
    1982年に、フォルクスワーゲン バンの荷室にある60ドルで買ったミシンで自ら作ったリテイナーこそが、チャムスのはじまりだった。
     
    翌年にユタ州南部の町、ハリケーンを拠点にチャムスをブランドとして立ち上げ、マスコットでブランドのシンボルでもあるカツオドリ、「ブービーバード」が誕生した。
     
    そして1995年、ランドウェルが日本総代理店になると、元気印全開のチャムス的モノ作りが急加速。ストイックなイメージが強かったアウトドア市場に、フィールドで楽しく愉快に過ごすための「アウトドアカジュアル」という新しいカテゴリーを確立したことは、大きな功績といっても過言ではない。
     
    そんなチャムスが、ブービーバードとともに歩んできた40年を振り返ってみよう。

    at USA

    1983 Original Retainer開発!

    image

    友人の愛犬、ゴールデンラボの名前「チャムリー」をヒントに、ブランド名を「CHUMS」とした。

    image

    ボクは Chumley

    ブランドマスコット『Booby Bird』誕生

    image

    創設者が、自ら図鑑を見ながら描いたアオアシカツオドリのイラストを使用した台紙。うまく描けなかった尾の部分を隠すためにショーツをはかせた(笑)という。

    リテイナー工場を設立

    image

    image

    創設当初の本拠地であったハリケーンの街にオープンした、本国初の直営店。

    1986 ハリケーンの工場でハローウェアの製作をスタート

    リテイナー以外に帽子の発売も開始

    現在もあるベストセラー「ハリケーントップ」誕生

     

    35年以上作り継がれている超ロングセラー! ヘンリーネックとスナップボタンが特徴だ。

    image

    image

    創設者が実際に使っていたラフティングオール。表参道店の入り口のドアノブに使われている。

    at JPN

    1989 スウェット素材のハーフパンツ「Hurricane Walkers」発売

    image

    1992 衣料・雑貨貿易会社「ランドウェル」創業

    1995 ランドウェルがチャムスのアクセサリー部門の日本総代理店となる

    1998 Overland社と共同でバッグを開発

    image

    2003 あらゆるグラスに使える新型リテイナー「Universal Fit」開発

    image

    2005 本社機能をハリケーンから、ユタ州都ソルトレイクシティに移転

    2006 スウェット素材の「hurricane Day pack」発表

    image

    アパレル用素材のスウェット地をデイパックに仕立てた、チャムスらしい斬新なアイテム。

    2009 フジロックフェスティバルへの協賛を開始

    image

    フジロック(通称)世代とチャムステイストがぴったりマッチ。コラボアイテムが大ヒット。

    2010 本格的なアウトドアシーンに対応できる「Field Line」発表

    image

    過酷なフィールドにも対応できる、本格的アウトドアウェアのシリーズをスタート。

    2012 ブランド初のテント「Beetle」発売

    image

    2023 40th Anniversary

    Re-Creationシリーズ発売開始

    CHUMS 40 Yearsシリーズ発売開始

    image

    余剰在庫のテントを廃棄せず、生地の撥水や軽さを活かした製品にrebornする取り組みがスタート。

    CHUMS 直営店

    2008

    表参道店

    住所:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-2-21 
    電話:03(6418)4834 
    営業時間:11:00~20:00

    image

    写真は’13年に移転オープンした新店舗。中央吹き抜けに立派なシンボルツリーが鎮座する。

    2018

    グランフロント大阪店

    住所:〒530-0011 大阪府大阪市北区大深町4-20 グランフロント大阪 南館5F 
    電話:06(6377)5177
    営業時間:11:00~21:00

    image

    大阪・梅田駅北側にある複合商業施設内にオープン。駅からのアクセスの良さがバツグン。

    new
    2023

    昭和記念公園店

    住所:〒190-0014 東京都立川市緑町3173 国営昭和記念公園 原っぱ中央売店
    営業時間:3〜10月:10:00〜16:30(4〜9月の土日祝は〜17:30)、11〜2月:10:00〜16:00

    image

    製品販売に加え、愉快なソト遊び道具のレンタルも行なう直営店が8月31日にオープンした。

    そのほか… ・昭島アウトドアヴィレッジ店 ・東京ソラマチ店 ・御殿場プレミアム・アウトレット店 ・酒々井プレミアム・アウトレット店・三井アウトレットパーク ジャズドリーム長島店の計8店舗を展開中!

    ※構成/坂本りえ 撮影/永易量行

    (BE-PAL 2023年10月号より)

    NEW ARTICLES

    『 アウトドアブランド 』新着編集部記事

    NANGA誕生30周年記念コラボ第2弾は、ジェリー鵜飼氏のアートなグラフィックに惹かれる!

    2024.05.28

    老舗アウトドアブランド「ogawa」の歴史を紹介。小川キャンパルってどうなった?

    2024.05.25

    NANGA誕生30周年記念第一弾!アニバーサリー&スタンレーほかコラボアイテムが続々登場

    2024.05.23

    「グリップスワニー」と伝説のスニーカーショップ「atmos」のコラボアイテムが出たッ

    2024.05.16

    ディッキーズ×ドベルグの「T/Cベンチレーションパンツ」がリニューアル&新色追加!

    2024.05.15

    BUNDOK(バンドック)おすすめギア8選!高コスパ&機能的な人気アイテムを一挙紹介

    2024.05.01

    タラスブルバのおすすめアイテムを紹介|軽量テントからコラボウェアまで

    2024.04.30

    ほぼ日が手掛けるキャンプブランド「ヨゾラ」がアパレルアイテムをリリース!

    2024.04.23