冬でもぐっすり眠れるSnugpakの寝袋に新作登場!ブランド初の上下完全分離型も出た | 寝袋・枕 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 寝袋・枕

    2023.09.30

    冬でもぐっすり眠れるSnugpakの寝袋に新作登場!ブランド初の上下完全分離型も出た

    世界各地の軍隊が正式採用しているSnugpak(スナグパック)の寝袋。

    このたび、人気の「ベースキャンプシリーズ」から新型と新色が登場!用途にあわせて、さらに幅広く選べるようになった。

    人気の寝袋に新アイテムが登場!

    イギリス発のアウトドアブランドSnugpakとは?

    Snugpakは“本当に強い”寝袋と上着だけを作り続けているブランド。前述の通り、世界各地の軍隊が正式に採用していることがその強さの証明だ。

    「ベースキャンプスリープシステム」は、レイヤー仕様のオールシーズン対応モデルで、同ブランドの寝袋の中で最も人気があるアイテム(※同社出荷実績)。2枚の寝袋(アウターレイヤーとインナーレイヤー)を重ね、ジッパーで連結させて使うこともできる、日本限定のレイヤーシステムだ。

    また、Snugpakの寝袋はすべて洗濯機で洗濯が可能。毎回清潔な状態で使うことができるのも魅力だ。

    新型・新カラーをさっそくチェック!

    今回、新たにユーザーの声に応えた新作と新カラーが仲間入りした。

    (1)ベースキャンプスリープシステムマミーセンタージップ

    厳冬期でも暖かく過ごせるつくり!

    身体にフィットするマミータイプが新登場。冷えの原因となる寝袋内のスペースを減らすことで、より高い保温力を発揮。厳冬期でも快適な睡眠を実現する。

    上部からの冷気を防ぐドローコード付きのフード、首からの冷気侵入を防ぐショルダーウォーマー、ファスナーからの冷気侵入を防ぐドラフトチューブなど、寒い夜を快適に過ごすためのこだわりを至るところで感じられるだろう。

    外側は撥水加工されており、滑らかな肌触り。内側もシルクタッチで快適なほか、通気性や吸汗性、速乾性にも優れている(後述の2アイテムも同様)。

    後述のスクエアタイプより顔まわりのサイズを小さくしたことで、冷気の侵入を防ぐ。

    センタージップのため、寒い環境下で素早く寝袋に入ることができる。

    ベースキャンプスリープシステムマミーセンタージップ

    税込販売価格:22,550円
    サイズ:収納時;直径26×長さ50cm、展開時;縦220×横160cm
    重量:2,850g
    快適使用温度:-12℃
    下限使用温度:-17℃
    ▼ノーチラス(外側)のみ
    サイズ:展開時;縦220×横160cm
    快適使用温度:3℃
    ▼マリナー(内側)のみ
    サイズ:展開時;縦200×横160cm
    快適使用温度:-2℃

    2.ベースキャンプアダプタブルシステム

    上下完全分離型の寝袋には、他にはないメリットがたくさん!

    Snugpak史上初、上下完全分離型の寝袋。上下を分離してブランケットとして使用したり、敷布団のように使ったりすることもできる。

    肌寒い時の羽織り、膝かけとしても◎。寝袋としては快適温度-2℃の春~秋3シーズン対応だ。

    寝袋の背面には、マットを差し込むポケットがついており、就寝中に寝袋とマットがずれるのを防ぐ。

    寝袋、羽織、膝掛けと、1つ持っていれば一石三鳥のアイテム。

    ベースキャンプアダプタブルシステム

    税込販売価格:15,070円
    サイズ:収納時;直径23×長さ40cm、展開時;縦220×横160cm
    重量:1,920g
    快適使用温度:-2℃
    下限使用温度:-7℃

    3.ベースキャンプ スリープシステム スクエアライトジップ

    人気モデルに新カラーが追加!

    オールシーズン対応モデルのスリープシステムに新カラーが追加され、アウターレイヤーはオリーブ、インナーレイヤーはデザートタンに。テントなどのアイテムにあわせたカラーを選べるようになった。

    どのようなテントにも合わせやすい、落ち着いたカラー。

    フルジッパー仕様で足元だけ開いて温度調節が可能。布団代わりにもなる。

    ベースキャンプ スリープシステム スクエアライトジップ

    税込販売価格:18,150円
    サイズ:収納時;直径30×長さ50cm、展開時;縦220×横160cm
    重量:3,100g
    快適使用温度:-12℃
    下限使用温度:-17℃
    ▼ノーチラス(外側)のみ
    サイズ:展開時;縦220×横160cm
    快適使用温度:3℃
    ▼マリナー(内側)のみ
    サイズ:展開時;縦220×横154cm
    快適使用温度:-2℃

    自分に合った寝袋が選べるSnugpak

    ブランド初となる上下完全分離型のアダプタブルシステムが発売されるなど、選べる寝袋の幅がグンと広がったSnugpak。

    キャンプでぐっすり眠れるかどうかは寝袋にかかっていると言っても過言ではない。自身のキャンプスタイルや身体にフィットする相棒をじっくり探してみよう。

    NEW ARTICLES

    『 寝袋・枕 』新着編集部記事

    真夏のテント泊には夏用の寝袋が欲しい!VASTLANDの「夏用封筒型シュラフ」はいかが?

    2024.05.29

    新色も登場!Bears Rockのかわいい「子ぐま寝袋」には工夫がいっぱい

    2024.05.29

    ロゴス初!接触冷感生地を採用したキャンプの寝具登場で、真夏のテント泊の救世主現る!?

    2024.04.25

    コクーンのトラベルシーツは冒険家や登山家に大人気!虫が寄り付きにくい防虫加工素材がすごい

    2024.04.21

    キャンプで快眠したい人におすすめの寝具14選!まだまだ進化は続いているのだ

    2024.04.02

    ISUKA(イスカ)/エアドライト290 

    2024.03.18

    Snow Peak(スノーピーク)/SSシングル 

    2024.03.18

    muraco(ムラコ)/ポーラー 750 

    2024.03.18