またまた「RVパーク」が増えたっ!今度は磐梯山の絶景が望める施設など10箇所がオープン | キャンピングカー・車中泊 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • キャンピングカー・車中泊

    2023.09.17

    またまた「RVパーク」が増えたっ!今度は磐梯山の絶景が望める施設など10箇所がオープン

    車中泊の旅が好きな人にとって、欠かせない存在である「RVパーク」。

    7月に10施設が認定されたことで話題となったが、8月より新たに10施設が仲間入りしたというニュースが入ってきた。これにより、全国のRVパークは350施設を突破したという。

    なんと350施設突破!どんどん増え続けるRVパーク。

    そもそも「RVパーク」って何?

    RVパークのロゴ。

    「RVパーク」とは、JRVA(一般社団法人日本RV協会)が認定した車中泊施設。全国各地の温泉、旅館、道の駅、遊園地等の様々な施設に隣接し、その数は350カ所以上にのぼる。

    海外では身近な存在である「車中泊」だが、日本ではマナー違反といった扱いを受けたり、長時間駐車が可能な場所は人気が少なく危険と隣り合わせだったりと、いまだに環境が整っているとは言えない。

    そのためJRVAでは、アメリカを中心に設置されている車中泊施設を、日本独自の「RVパーク」として広げ、2012年から認定活動を行っている。

    新たに認定された注目の3施設

    ここでは、新たに認定された「RVパーク」のうち3つを紹介する。次の車中泊の参考にしてほしい。

    (1)ネコマ マウンテン RV&キャンプサイト(福島県)

    ネコマ マウンテン RV&キャンプサイト

    「星野リゾート ネコマ マウンテン」のゲレンデ内に位置するRVパークで、荘厳な独立峰“磐梯山”の眺望が魅力だ。

    このRVパークの利用者は、併設の「星野リゾート 磐梯山温泉ホテル」の温泉を滞在期間中何度でも利用できるほか、ホテル内の一部アクティビティにも参加可能。

    キャンピングカーのレンタルとRVパークの利用がセットになったプランも新設され、より気軽に車中泊を楽しめる。

    この施設があるのは、裏磐梯、猪苗代、会津若松、喜多方の中心にあたる場所なので、観光の拠点にもなるだろう。

    施設概要

    所在地:〒969-3396 福島県耶麻郡磐梯町更科字清水平6838-68
    アクセス:磐越自動車 磐梯河東ICから15分 / 猪苗代磐梯高原ICから20分
    施設特徴:トイレ24時間利用可、温暖便座トイレ、入浴施設(施設内)、ゴミ処理対応可(無料)、電源あり(無料)、水道あり(無料)、コインランドリーあり、ペット同伴可、Wi-Fiあり(無料)
    電話番号:0242-74-5025(受付時間:08:30~17:00) 
    利用料金:4,000円 / 1泊1台
    公式HP:https://www.kurumatabi.com/park/rvpark/1259.html

    (2)RVパーク Campingcar Trip L(山梨県)

    RVパーク Campingcar Trip L

    全区画に屋根があるため、天候を気にせず利用できるRVパーク。全体がログクラフトで建築してあり、木材の温かみを感じることができる。

    施設内にはリモートキーボックスが設置され、チェックインからチェックアウトまで“非対面”で利用可能。

    その他、施設内にカーシェアリングがあり、近隣への買い物や入浴施設への移動等に利用できる。

    施設概要

    所在地:〒409-2212 山梨県南巨摩郡南部町南部9426-1
    アクセス:中部横断自動車道 南部インターより3㎞/国道52号線 柳島交差点から約500m
    施設特徴:トイレ24時間利用可、温暖便座トイレ、入浴施設(車移動)、温泉あり、ゴミ処理対応可(無料)、電源あり(無料)、水道あり(無料)、炊事場あり、ペット同伴可、Wi-Fiあり(無料)
    電話番号:0556-64-3131 (受付時間 09:00〜17:00)
    利用料金:5,500円 / 1泊1台
    公式HP: https://www.kurumatabi.com/park/rvpark/1260.html

    (3)RVパーク ALOHA Village・BaseCamp(高知県)

    RVパーク ALOHA Village・BaseCamp

    まるでハワイにいるかのようなワクワク感のある、高知の海岸線に位置するRVパーク。目の前には太平洋のオーシャンフロントが出迎えてくれる。

    焚き火や囲炉裏、BBQ設備も充実。非日常な空間でありながら利便性も兼ね備えている。

    その他、施設内にあるカフェコーナーよりできたてのハワイアンメニューを届けてくれるなど、グルメも楽しめるのがポイントだ。

    施設概要

    所在地:〒781-0322 高知県高知市春野町甲殿1422-27
    アクセス:高知道高知ICより31分/高知東部自動車道へ高知南ICで降りて海岸線へ
    施設特徴:トイレ24時間利用可、温暖便座トイレ、入浴施設(施設内)、シャワーあり、ゴミ処理対応可(有料)電源あり(有料)、発電機利用可、水道あり(無料)、炊事場あり、ペット同伴可、コインランドリーあり、Wi-Fiあり(無料)
    電話番号:088-854-8588(受付時間 11:00〜22:00) 
    利用料金:2,500円〜 / 1泊1台
    公式HP:https://www.kurumatabi.com/park/rvpark/1059.html

    8月認定の他7施設はこちら!

    この他、8月に認定された7施設についても所在地とWEBサイトを紹介する。これから訪れたい地の「RVパーク」がないか、チェックしてみよう。

    RVパーク ガーデンヴィラ二日市(福岡県)
    所在地 :〒818-0056 福岡県筑紫野市二日市北6-2-11
    公式HP:https://www.kurumatabi.com/park/rvpark/1274.html

    RVパーク ホテルスワンレイク(千葉県)
    所在地 :〒297-0235 千葉県長生郡長柄町皿木1616-22
    公式HP:https://www.kurumatabi.com/park/rvpark/1275.html

    RVパーク たてやま倶楽部(千葉県)
    所在地 :〒294-0056 千葉県館山市船形777
    公式HP:https://www.kurumatabi.com/park/rvpark/1281.html

    RVパーク BooBooステージ(山口県)
    所在地 :〒753-0021 山口県山口市大内長野1651番地1
    公式HP:https://www.kurumatabi.com/park/rvpark/1169.html

    琵琶湖RVパークアヤメ(滋賀県)
    所在地 :〒520-2402 滋賀県野洲市菖蒲260-17
    公式HP:https://www.kurumatabi.com/park/rvpark/1215.html

    RVパークsmart 天空の牧場 スクーデリアステラin八百津(岐阜県)
    所在地 :〒505-0422 岐阜県加茂郡八百津町久田見166
    公式HP:https://www.kurumatabi.com/park/rvpark/1284.html

    RVパークsmart 下呂萩原(岐阜県)
    所在地 :〒509-2505 岐阜県下呂市萩原町古関928-1
    公式HP:https://www.kurumatabi.com/park/rvpark/1285.html

    RVパーク専用の予約サイト「RV-Park.jp」がオープン

    RVパークを利用する際は、事前の予約が必要だが、予約機能をメインとしたRVパーク専用の予約サイト「RV-Park.jp」が9月11日に新オープン。予約がもっと便利になった。

    サイトから予約すると便利。事前決済もできる。

    事前決済機能のほか、希望する車中泊日や場所、車両の種類に適応した駐車スペースを絞り、空き状況に応じた施設検索ができる。このサイトの利用料は無料。

    サイト内には新規に認定されたRVパークや、季節に応じたおすすめのRVパークを紹介する特集ページもあり、全国各地の様々なRVパークの情報がわかる。さらに、動画コンテンツを通して、施設ごとに異なる特徴や周辺の景色などを見ることもできる。

    気軽に出かけられる車中泊でも事前の準備は必要

    車中泊は気軽に出発できて、好きな場所に出かけられるが、やはり事前の準備は重要。

    「車中泊が安全にできる場所」の知識を出発前に頭に入れておけば、余計な心配やトラブルが発生することなく旅を楽しめそうだ。

    新たに認定された「RVパーク」も、旅をする際の拠点の候補に入れておこう!

    NEW ARTICLES

    『 キャンピングカー・車中泊 』新着編集部記事

    キャンピングカーの中でなに食べてる?子連れ車中泊旅のリアルな食事事情をご紹介

    2024.02.18

    アネックスのポップアップルーフ付きキャンピングカー「UTONE(ウトネ)500-ER」はハイエースで多人数就寝を実現!

    2024.02.18

    ジャパンキャンピングカーショー2024の新モデルを一挙公開!軽やコンパクトワンボックスも熱い

    2024.02.14

    「ジムニー」で車中泊ができる!意外と広いフルフラットで快眠だ

    2024.02.11

    装いも新たに登場したアネックスのキャンピングカー「カヌレ」!車内はゆとりの空間だった

    2024.02.05

    老舗ビルダー・ハイマー社の北欧テイストを取り入れたキャンピングトレーラーをじっくりチェック!

    2024.02.04

    軽キャンでも向き合ってくつろげる!岡モータース「ミニチュアクルーズ」は装備も充実で超快適

    2024.02.03

    軽トラベースの超本格キャブコンがRVランドから登場! 家族4人旅もできるのだ

    2024.02.02