じゅんいちダビッドソンがアウトドア★ソロ活に挑戦!ハンモックキャンプのすすめ | キャンプのコツ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • キャンプのコツ

    2023.09.10

    じゅんいちダビッドソンがアウトドア★ソロ活に挑戦!ハンモックキャンプのすすめ

    image

    お笑いタレント じゅんいちダビッドソンさん  サッカー元日本代表の本田圭佑さんのモノマネでブレイク。’15年にR-1グランプリで優勝。’19年にYouTube「ちゃんねるダビッドソン」を開設。自身のブランド「Daviddy」も手がける。

    芸人は、絶対スベれない、というメンタルで常に活動しているから、日々、緊張感が半端ない。それが、5年ほど前からソロキャンに行くようになって、心に余裕が生まれた。スタジオでスベっても、“オレには自然がある”
     
    不思議な自信がついて、リラックスして仕事に臨めるようになった。
     
    ソロキャン含め、ソロ活って、新しい居場所ができることなんじゃないかな。
     
    オレはどっちかというと、ソログルのほうが好きだけど、どうしても誰にも言わず、ひとりでキャンプに行きたくなるときがある。なんでなんやろうなぁ。
     
    自分でこれやりたい、って新しい何かを思いついたタイミングは、誰かを誘おうっていう気持ちにならない。まあ、そういう衝動に付き合える友達っていうのもなかなかいないと思うけど。それに、面倒臭くなったら行かなきゃいい。
     
    ソロ活する理由。必要というよりも、ただただ、楽しいから。これやらないで休みは家で過ごすって、キツイよなぁ。

    ミニマムだけど満喫できるソト遊び術拝見 爽快「ハンモックキャンプ」

    @河口湖周辺(山梨県)

    難易度 ★★★★

    image

    そろそろビール 開けようかな

    自分のやり方で自分だけの時間を自由に楽しむ

    「以前、何回かハンモックで寝てみたんだけど、肌に合わなくてさ。だって、朝起きたら地面に着いてたりするのよ。でも友達に誘われて久々にやったら、お、できるね〜って」
     
    そんなわけで、いまはハンモックスタイルのソロキャンに凝っている、お笑い芸人のじゅんいちダビッドソンさん。キャンプ道具を車から降ろしつつ、蚊取り線香に火をつける。

    「虫、キライなのよ。夏のキャンプは、これがね」
     
    倒木を見繕い、蚊取り線香を据えたら、手ごろな木を選び、ハンモックを張る。

    「ハンモックから寝酒が取れる場所にテーブル置いて……」
     
    ランタンを落ちている枝に吊るす。あっという間にサイトが完成。その時々で思いついたことを実行するのが、じゅんいちさんのキャンプスタイルだ。

    「よく、焚き火をしてひとりになる瞬間が堪らない、なんて人もおるけど、オレはそんなこといわん。キャンプはとにかく遊びの一環で、楽しいからやる。テント立てて火おこして、食事して寝る。スタートから終わりまで全部ひっくるめてキャンプで、それ全部が好きなんで」
     
    ソロキャンプで何をするのが好きですか? と聞かれることがあるが、何が好きかは日によって違うし、常に決定されていないのが楽しいのだとも。

    「だって、サッカーって、サッカー自体が好きで観に行ってるでしょ。コーナーポールが好きでそれだけを観に行ってる奴なんておらんのと同じよ」
     
    最後まで変わらないのは、自分のやり方で自分だけの時間を自由に楽しめること。

    「でもさ、ソロキャンは好きだけど、ソログルはもっと好き(笑)。使ってる道具もスタンスもソロキャンと変わらないんだけど、場所だけ共有して、喋りたくなったら友達と喋る。帰る時間も自由だから、朝起きたら誰もおらんときもある」
     
    ソログルの際も、自分のテントに籠って、ネットフリックスでダウンロードした映画や、漫画を読みふけることも多々。

    「ソロキャンやりたいなら、最初はソログルで行ってみるといい。いきなりひとりでキャンプ道具そろえて行くって、相当の強者。オレだって最初怖かったもん。でも、それでも行くってなんでかね。ま、好きなことをやるのに理由はいらないか」

    ある日のソロキャンプの時間割

    12:30

    午後イチには目的地に到着し、設営開始

    image

    ミントグリーンに塗装したチェロキーが相棒。キャンプギアはスタイルに合わせて変える。

    image

    道中、地元の無人販売で薪を購入(安い!)。

    13:00

    小物は枝使いでブッシュクラフト風に

    image

    倒木の枝に蚊取り線香(パワフルな太巻使用)を刺し、場を整える。

    image

    拾ってきた枝を地面に突き刺し、ランタンポールに。

    image

    道具は一切使わず、ブッシュクラフト風に完成。

    13:30

    自然の着火剤を利用して火をおこす

    image

    直火OKなので地面の落ち葉を払い、太い薪を置いて火床が完成。マッチ付きの着火剤に火をつけ、

    image

    拾った松葉などで火をおこす。

    image

    真鍮を使った「ZEN」の火吹き棒を愛用。

    14:00

    お手軽トライポットでビールのつまみの燻製ベーコン作りにトライ

    image

    まずはトライポッド用の枝を3本ゲット。

    image

    持参したベーコンを吊るせるように針金を巻く。「オペやん」。

    image

    3本の枝を三脚の形にしつらえ、針金で巻きつつベーコンを吊るす。

    15:00

    今日の隠れ家で有意義な時を過ごす

    image

    「あ〜〜低すぎた!?」。沈み込みが少なく、虫除けネット付きのローソンハンモックがお気に入り。

    image

    テーブルを手の届く位置に設置。相棒はビール! 

    image

    緑を眺めつつ、

    image

    『呪術廻戦』を読みふけるのが好き。

    じゅんいち流ソロキャンプの楽しみ方

    1 他人の理解はいらない

    2 ただの遊びと心得る

    3 理由は楽しいだけでいい

    ※構成/大石裕美 撮影/柏倉陽介

    (BE-PAL 2023年9月号より)

    NEW ARTICLES

    『 キャンプのコツ 』新着編集部記事

    キャンプの語源はラテン語から?目的別のキャンプの楽しみ方も合わせて解説!

    2024.06.23

    棒結びの結び方!手順や注意点から活用方法まで解説!

    2024.06.20

    パラコードを使う際の結び方!キャンプで活躍する7つの方法を紹介

    2024.06.08

    キャンプに行く際の服装は?最低限必要なものとおしゃれなコーデまで解説!

    2024.06.03

    ソロキャンプ女子必見!安全に楽しむための防犯対策とは

    2024.05.31

    キャンプ中のお風呂はどうすればいい?入れないときの5つの方法も紹介

    2024.05.29

    テントの干し方はどうすればいい?黒カビや臭いを防ぐ方法を解説

    2024.05.27

    キャンプでやることがない…!と暇をしないためのアイデアを9つ紹介

    2024.05.23