沼津アルプスから深海魚釣りへ!静岡・沼津で標高差を楽しむ「親子サミット to シーキャンプ」 | キャンプ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • キャンプ

    2023.08.14

    沼津アルプスから深海魚釣りへ!静岡・沼津で標高差を楽しむ「親子サミット to シーキャンプ」

    image

    「富士五湖じゃないぞ!」「ここは駿河湾なんだよ!」

    田中真也さん・富夢くん

    トレランレースなどにも出場するアウトドアズマン・真也パパ(51歳)と、宇宙と電車と山が大好きな富夢くん(8歳)。家族そろって一年中あちこち出かけてソト遊びを楽しむ。

    親子で海キャン!山にも魚釣りにも挑戦

    ぐるりと周囲を海に囲まれた島国・ニッポン。海外に比べれば海沿いでキャンプがしやすいロケーションの国だ。だが、深海をフィールドにした釣りから絶景ハイキングまでを、1泊のキャンプステイで楽しめる地域は珍しく、とっても貴重。
     
    今回は、そんな高低差アウトドアを一挙に楽しめる静岡県沼津市を旅の舞台にセレクト。
     
    レアすぎる海キャンプを実践するのは、田中家の真也さん・富夢くん親子。東北や信越での登山、沖縄の座間味キャンプへ家族で毎年出かけるなど、日ごろからソト遊びを楽しむというふたりは本企画にぴったりだ。
     
    初日は400m以下の低山が連なる、沼津アルプスをハイキング。沼津アルプスは全山をつなげて歩けば6時間はかかる人気の縦走ルートだが、山をひとつにしぼれば最寄りの登山口から気軽にアクセスできるピークもある。
     
    今回は子連れでもトライしやすい、標高214mの志下山をチョイスした。

    「パパちょっと走ろうかな」

    「あ、僕も!」
     
    山肌へジグザグに刻まれるトレイルで、真也パパは歩くだけでは物足りないご様子。そんなパパを追いかけてダッシュする富夢くんの足さばきもなかなかのものだ。
     
    コースタイムを縮め、30分ほどで軽やかに稜線上のピークへ到着。眼下には駿河湾の大展望が広がっていた。

    「パパ見て! あれって今日行くキャンプ場じゃない?」
     
    大人の誰よりも早く、富夢くんが湾内を指さして満面の笑みでニッコリ。
     
    その後、キャンプ場・にしうらさざなみファームへ移動したふたりは、富士山を正面に望む一級サイトにテントを設営。
     
    道中のスーパーで買い出した地産食材をBBQグリルに載せると、チリチリという心地いい音が夕焼けの空に溶けていく。

    「明日は深海魚を釣るんでしょ? 深海ってどんなとこ?」

    「どんなだろうね! 明日船長さんに聞いてみような」
     
    男同士、親子ふたりの夜が更けてゆく。冒険は明日も続く!

    DAY1 

    10時

    沼津アルプス・志下山ハイキングで絶景に出会う!

    image

    沼津市志下という住宅街の一角にある登山口から入山。沼津御用邸記念公園の駐車場に車を停めて歩くとスムーズ。

    子供も登れるルートで稜線へ

    image

    ちょっと走るぞ!

    トレイルはよく整備され明瞭。稜線上まで出ればピークまで5分ほど。

    image

    志下山ピークに到着! 標識がかわいらしい、市民憩いの山だ。

    駿河湾を見下ろす大パノラマ

    image

    沼津アルプスの中でも眺望がひらけ、駿河湾が一望できる志下山ピーク。帰りは来た道を戻る、約20分の道のりだ。

    image

    キャンプ場見つけたよ!

    image

    今日の宿泊地発見!

    海に突き出した丘の上にあるにしうらさざなみファーム。絶景が待っている!

    17時

    夕映えの海を眺めながらいただきます

    image

    キャンプ場は北に富士山、西に海が広がる最高のロケーションで、素晴らしい夕暮れBBQが楽しめる。お風呂やスーパーも車で15分圏内。日没の時間を計算して動きたいところ。

    image

    沼津といえば海鮮どころ。新鮮な魚介類を入手し、シンプルに炭火で焼く。これ以上ない贅沢な夕飯だ。

    Camp Ground Info

    畑の無農薬野菜も食べてよし!
    にしうらさざなみファーム

    住所:静岡県沼津市西浦木負420 
    電話:なし
    営業:通年
    予約:随時(ツイッターかインスタのDMにて) 
    テントサイト:16  
    その他の宿泊施設:0棟

    image

    もとは畑だった場所を作り替えた、超一級の立地を誇るキャンプ場。農業体験ができ、敷地内に植えられた青果物を食べていいというユニークな試みも! 
    既存の農業方法の見直しや、後継者不足の改善にも着手している。

     

    翌早朝、30分ほど南西に車を走らせた戸田漁港で、ふたりは漁船・福将丸に乗り込んだ。水着にサンダルという軽装で参加するのは、深海魚探検ツアー。
     
    これは、扱う道具が専門的で釣り入門者には不向きだった深海魚釣りを、釣具販売などを行なう会社イシグロがアレンジ。釣具はもちろん船の手配から保険までオールインワンかつ、手ぶらで参加できるツアーとして2年前にスタートさせたものだ。

    「一般的に200mの水深からを“深海”と定義するんですが、沼津の戸田沖は陸から数百m離れただけで、一気に海が深まって深海エリアになる日本でもめずらしい場所。海底には多種多様な深海魚が棲んでいます」とガイドの村上さんが語る。
     
    アジ釣りで電動リールや竿の感覚を体験したら、さっそく沖合の深海エリアへ出動!

    「では仕掛けを下ろしましょう! ここは370mで」
     
    漁船のレーダーで深さを見ている真野船長が、的確に指示を出す。富夢くんが電動リールのレバーを倒すと、釣り糸がグングンと海中に引き込まれていく。海底付近まで下ろすだけでも5分以上。何度か仕掛けを上げ下げし、魚を誘うもなかなか釣れない。「またダメだねぇ」とうな垂れる富夢くんを楽しそうに村上さんが励ます。

    「必ず釣れるわけでないのが深海魚なんだよね。東京タワーの先端から地面に仕掛けを下ろすようなもので、深海魚を釣るというより“出会う”に近い。それがまたおもしろくて!」
     
    粘ること1時間。ついにヒット! 最初にかかったのはポピュラーなシロムツで、立て続けに真っ赤なユメカサゴが4尾。そして村上さんを驚かせたのが40㎝ほどの高級魚アラ。なんとツアーが始まって以来初の釣果なんだとか!
     
    釣った深海魚は、地元の食堂で定食に。なんとも豪華な旅の締めくくりとなった。

    DAY2

    沼津・戸田の海で深海魚を釣るぞ!

    7時

    人生初の船釣りに出発

    イシグロオーシャンプロジェクト×福将丸

    手ぶらでOK!深海魚探検ツアー

    親子ペアプラン
    (大人1名+小学生以下2名まで)
    参加料金(竿1本):13,000円
    定員:最大15名(6組6竿)
    問い合わせ先:イシグロ村上 y-murakami@ishiguro-gr.com
    https://www.ishiguro-gr.com

    image

    釣具販売やイベントを企画するイシグロと、戸田魚港を拠点とする漁船福将丸がコラボし、初心者から参加できる深海魚ツアーを開催!

    左:福将丸船長・真野圭佑さん

    右:ツアーガイド・村上友規さん

    image

    全力サポートで お待ちしています!

    image

    西伊豆・戸田魚港から、真野船長が操縦する福将丸が出港!

    まずは湾内でアジ釣りの練習!

    image

    電動リールの操作を覚えるためまずは穏やかな湾内でアジ釣りに挑戦。仕掛けを落とす深さは20mほど。富夢くんの真剣な表情がいい。

    アジが釣れた!

    image

    いきなりヒット! 「前からアジを釣ってみたかったんだ!」と嬉しそう。

    image

    いよいよ深海エリアへ。釣りのポイントまでは約10分。陸が目視できる近さだ。

    海キャンに役立つギア

    偏光レンズのサングラス

    image

    水面や水中がクリアに見える釣りの必需品。キッズの偏光モデルもお手ごろ価格でラインナップ。
    サンスキー/ミニヘッドランド
    問い合わせ先:ゴールドウイン カスタマーサービスセンター 0120-307-560、

    ウォーターサンダル

    image

    水はけの良さ、滑りにくさ、つま先の保護など、海遊びの必要機能を備えたキッズサンダル。
    キーン/シーキャンプ ツー CNX
    問い合わせ先: キーン・ジャパン 03(6804)2715

    電動リール

    image

    水深200〜300mで仕掛けを上げ下げする深海魚釣り。巻き上げるだけで5分以上かかるため、ツアーに含まれる電動リールが役立つ。

    深海魚はグルメ!

    image

    ホタルイカやサバの切り身など、脂の強いエサを使う。深海魚は食通なのだ!

    image

    今回の最深部は370m。電動リールには深さの数値が表示される。

    長い釣り糸が海に取られる~

    image

    真也パパも負けじとトライ。親子で参加して、大人がのめり込むことも少なくないそう。

    刺身がおいしいアラをゲット!

    image

    船酔いしながらも富夢くん頑張りました! 深海魚は3種、6匹の釣果。このあと食堂に持ち込んで調理してもらう。

    今回釣れた深海魚

    高級魚アラ

    ポピュラーなシロムツ

    生命力が強いユメカサゴ

    image

    10時半
    さばき方教室も開催!

    image

    希望者には釣った魚のさばき方もレクチャー。おっかなびっくり挑戦。

    image

    牛乳パックを切るためのハサミやペットボトルのキャップを利用。子供も簡単に作業できる。

    image

    初めて釣ってさばいた僕のアジ

    image

    image

    磯料理専門店に釣った深海魚を持ち込む。「アラは刺身、ユメカサゴは姿揚げがおいしいよ」と食べ方の提案も!

    さかなや魚清

    住所:静岡県沼津市戸田580 
    電話:0558(94)2114
    営業時間:午前11時〜午後15時30分(週末は19時まで)
    定休日:木曜日 ※深海魚の持ち込みは平日のみ

    image

    戸田名物の高足ガニと磯料理のお店。定食のメニューも充実。

    12時

    オンリーワンの深海魚定食に大興奮

    image

    鮮度抜群の深海魚定食! アラの刺身は脂がのり、とろけるようなおいしさだった。

    image

    また来ような

    ※通常のツアーでは週末も戸田「丸吉食堂」にて自分の釣った深海魚を魚定食(税別1,500円)にしてもらえる。
    今回は定休日の関係で魚清さんに対応いただいた。

    「海キャン」満喫ポイント

    1志下山ハイキングでウォーミングアップ

    2オーシャンフロントの絶景キャンプ場で1泊

    3日本でも希少エリア 戸田で深海魚釣り

    ※構成/福瀧智子 撮影/加戸昭太郎 撮影協力/イシグロ(https://www.ishiguro-gr.com)、福将丸(http://fukusyo-maru.com) 地図/地図屋もりそん

    (BE-PAL 2023年8月号より)

    NEW ARTICLES

    『 キャンプ 』新着編集部記事

    バーベキューで使う炭には種類がある?必要な量から火の付け方まで解説!

    2024.07.18

    新潟県・佐渡島で遊び尽くそう!新オープンのキャンプ場、レンタルショップもご紹介

    2024.07.17

    キャンプイベント「BE-PAL FOREST CAMP 2024 」レポ!子どもと楽しめるワークショップが盛りだくさん

    2024.07.17

    東海のおすすめキャンプ場21選!愛知県・岐阜県・三重県・静岡県で注目施設を厳選

    2024.07.14

    ソロキャンプにおすすめのキャンプ場143選【日本全国版】

    2024.07.13

    【2024年最新】関東のおすすめキャンプ場29選!アウトドアNo.1情報誌が厳選

    2024.07.05

    千葉県のおすすめキャンプ場12選!絶景、犬連れ歓迎など厳選

    2024.07.04

    0円アウトドアジム開講!理想的なカラダを作ろう

    2024.07.04