普段使いもイケるマウンテンバイク5選!地球の凸凹を全身で楽しもう | 自転車・MTB 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 自転車・MTB

    2023.07.09

    普段使いもイケるマウンテンバイク5選!地球の凸凹を全身で楽しもう

    image

    自然の中で駆け巡る楽しさは、自転車ならでは。ストレスなく遊ぶために、目的に合った自転車を選びたいものだ。今特に人気のマウンテンバイクをご紹介しよう。

    マウンテンバイクを徹底比較

    歩くより速く、全身で風を切り、移り行く景色をたっぷりと楽しめる自転車。自宅周辺を散策したり、クルマに積んで旅先をサイクリングしたり。さらには、厳選した道具だけを積んで冒険心を満たせるキャンプツーリングに挑戦するのもあり。
     
    今回は、しっかりペダルを踏んで長距離を移動できるスポーツバイクのなかから、タイムや順位を競うためではなく、遊ぶためにデザインされた楽しい系の最新モデル30台を集めた。
     
    マウンテンバイクについては、ツーリングに使ったり、初心者向けのMTBパークで楽しめる価格的にもハードルの低いハードテール(リアサスペンションなし)に絞った。
     
    スポーツバイクでやってみたいことを考え、自分のスタイルに合った一台を探そう。

    地球の凸凹を全身で楽しもう

    クルマに積んで出かけてキャンプ場周辺を散策したり、MTBパークやトレイルを走ったり。卓越したオフロードでの走破性に加えて、視界が広いため普段使いでも楽に乗れる。

    ※各モデルの評価軸について

    スピード域:快適に走り続けられる速度域(★が多いほど速い平均速度で走れる) 
    拡張性:泥除け、ラックなどのマウントの数とカスタムのしやすさ 
    乗り心地:走行時の振動を和らげる快適性

     

    悪路が得意なキャンプバイク

    ブリーザー/サンダー
    ¥242,000

    スピード域 ★★★
    拡張性 ★★★★★
    乗り心地 ★★★★

    image

    ここにも 積める!

    フレームとタイヤのしなやかさで、しっかりと振動を吸収。サスペンションがない分、フロント側の積載性が高い。アドベンチャーキャンプにも!

    問い合わせ先:アキボウ https://www.breezerbikes/
    ※写真はオプション装着車です。

    image
    タイヤの空気圧をしっかり調整すれば、サスペンションがなくても悪路走行を楽しめる。

    10万円を切る高コスパモデル

    ハロー/ダブルピーク27.5トレイル 
    ¥99,000

    スピード域 ★★★★
    拡張性 ★★★
    乗り心地 ★★★

    image

    初心者でも扱いやすいと人気の27.5インチのタイヤを装備。通勤や街中散策などの普段使いから、里山ライド、キャンプ場周辺の散策など幅広く使える。

    問い合わせ先:モトクロスインターナショナル 052(773)0256

    充実のパーツ構成で本格的な走りを

    トレック/マーリン7 GEN3 
    ¥129,800

    スピード域 ★★★★★
    拡張性 ★★★
    乗り心地 ★★★★

    image

    ロックショックスのサスペンションフォーク、シマノ・デオーレの変速システムなど、買ってすぐにトレイルライドを満喫できる。

    問い合わせ先:トレック・ジャパン https://www.trekbikes.com/jp/

    image

    スムーズな動きが特徴のシマノ製の変速機(10段変速)を搭載。

    スタイリッシュなオールラウンダー

    スコット/アスペクト 950 
    ¥104,500

    スピード域 ★★★★
    拡張性 ★★★
    乗り心地 ★★★★

    image

    きめ細かなギア比を選択できる前後2×9段変速は、初心者でも安心。洗練されたフレームデザインが所有欲をくすぐる。ブレーキはタッチが軽い油圧式。

    問い合わせ先:スコットジャパン https://www.scott-japan.com/

    トレイルライドを満喫できるハイスペックモデル

    ジャイアント/ファゾム2 
    ¥198,000

    スピード域 ★★★★★
    拡張性 ★★★★
    乗り心地 ★★★★

    image

    トレイルを軽快に走れる最新のフレームデザインと高性能パーツでまとめた即戦力モデル。積載性が高いのでバイクパッキングにも向く。

    問い合わせ先:ジャイアント 044(738)2200

    image

    自転車から降りることなく、手元のレバー操作でサドル高を調整できる。

     

    ※構成/山本修二

    (BE-PAL 2023年6月号より)

     

    NEW ARTICLES

    『 自転車・MTB 』新着編集部記事

    バイクパッキングの積載力をアップする便利なプレートが登場!バッグがもっと積めるぞ

    2024.03.03

    大好きな自転車をDIYで壁掛けに!ホムセンや100均を駆使して作り上げた居心地重視の趣味部屋

    2024.02.28

    スポーツ自転車を楽しみつくせ!日本最大級のスポーツサイクルフェスティバル「CYCLE MODE RIDE2024」が3月大阪・4月東京で開催

    2024.02.09

    GORIXの自転車用フロントバッグはスマホやペットボトルをスマートに収納できる!

    2024.01.31

    マウンテンバイクとロードバイクの違いって何?クロスバイクとの違いもチェック

    2024.01.30

    アウトドアギアみたいな道具感と使いやすさに感動!あさひの電動アシスト自転車「LOGワゴンe」

    2024.01.24

    ロードバイクに乗るなら使ってみたい「ビンディングペダル」。普通のペダルとどう違う?

    2024.01.21

    スマホアプリで自転車を借りる「シェアサイクル」で千葉県印西市を走ってみた

    2024.01.09