ソロキャンパー必見!多機能テーブル「A38grate」を激推ししたい4つの特徴 | テーブル 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • テーブル

    2023.06.03

    ソロキャンパー必見!多機能テーブル「A38grate」を激推ししたい4つの特徴

    筆者私物

    筆者私物。

    ソロキャンプ用のテーブルを探す際、皆さんはどのようなポイントを重視していますか?

    様々なサイズ、高さ、素材のテーブルが存在しますが、筆者は中でもサイズを重視しており、できるだけコンパクトなものを選ぶようにしています。

    今回はそんな筆者がおすすめするソロキャンプ向けのテーブル、38exploreというブランドの「A38grate」をご紹介します。

    コンパクトながら、利用シーンによっていくつかのスタイルに変形することができる多機能テーブルです。ぜひ参考にしてみてください。

    「A38grate」とは?4つの特徴

    「A38grate」はどんなテーブルなのか、特徴を解説していきます。

    特徴1:コンパクトで持ち運びやすい

    収納サイズ

    収納時の大きさは横50cm×縦17cm。

    「A38grate」の大きな特徴といえば、そのコンパクトさ。

    収納時の大きさは横50cm、横17cmで、バッグパックの中に入れることができるサイズ感です。

    バイクや徒歩など荷物が制限されるキャンパーの方には特におすすめ。

    また、アルミと木材で作られているため、重量も軽く、片手で持ち運びできるのが嬉しいポイントです。

    特徴2:組み立てが簡単

    ツール一覧

    左から木製天板、ロストル、脚2本、マルチハンガー2本、収納袋。

    「A38grate」は、組み立てが簡単なのも特徴の一つです。

    組み立てに使う基本パーツは木製天板、ロストル、脚2本のたった3種類。

    ロストルとは、焚き火台などにのせる耐久性の高い網のことで、「A38grate」ではロストルも天板の一部として使います。

    テーブルを分離

    ロストルと脚だけで組み立てた状態。

    木製天板を除いて、ロストルと脚だけで組み立てることもできます。その状態で焚き火の上にセットすれば、ロストル本来の使い方も可能。

    組み立ての手順は、以下の通りです。

    組み立て方

    木製天板とロストルを重ね合わせる。

    まず、木製天板とロストルを重ね合わせます。

    組み立て方

    2本の脚をはめ込む。

    そして、重ね合わせた天板とロストルに、両脚をはめ込むだけ。これで完成です。

    キャンプを始めて行う、という方でも迷わず組み立てられるでしょう。ちなみに、マルチハンガーの活用法はこのあと紹介します。

    特徴3:サイズや高さを変えられる

    ワイド

    サイズを広げたとき。

    「A38grate」はロストルと木製天板をずらして固定することにより、テーブルサイズを拡張することが可能です。

    机に置きたい物が増えた際、簡単に机上スペースを広げることができるのは、非常に有難い機能です。

    ハイモード

    ハイモードの天板の高さは約20cm。

    加えて、脚の角度は2段階に調整可能。脚の角度を変えることで、テーブルの高さを変更できます。

    ハイモードは、ローチェアと一緒に使うときにちょうどよい高さです。

    ローモード

    ローモード時の天板の高さは約13cm。

    ローモードは、ハイモードと比較して7cmほど天板の高さが低くなります。

    ローモードにすれば、地べたに座るいわゆる「お座敷スタイル」のキャンプにぴったり合うでしょう。

    特徴4:機能性を爆上げする付属のマルチハンガー

    マルチハンガー

    2本のマルチハンガー。

    このテーブルの使い勝手をさらに向上してくれるのが、付属品の2本のマルチハンガーです。

    アルミ製の細いコの字型で、長さはロストルや木製天板よりも少し短くなっています。どのように使うのか、気になりますよね。

    マルチハンガー

    本来のハンガーとしての機能。

    マルチハンガーの使い方はいくつかありますが、たとえばロストルの四隅にある穴にマルチハンガーを差し込むことで、ハンガー本来の使い方ができます。

    ハンガーによって、机のサイドにシェラカップなどを吊るせるように。

    マルチハンガー収納

    マルチハンガー2つで収納スペースを作り出すことも可能。

    ほかにも、付属の収納袋をマルチハンガーに通してロストルに差し込むことで、テーブル下に収納スペースを作ることも可能です。

    カトラリーやウェットティッシュなど、すぐに取り出したいものを入れておくのに最適でしょう。

    マルチハンガー2本

    マルチハンガーにはもう一つのマルチハンガーを引っ掛けるための輪っかがついている。

    さらに、コの字のマルチハンガーの一方には輪っかがついており、この輪っかにもう一つのマルチハンガーを引っ掛けて組み合わせれば……。

    ランタンハンガー

    小型ランタンフックに!

    なんと、小型ランタンフックが誕生します。

    小型ランタンフックは、マルチハンガーを差し込む位置によって、テーブル前方またはサイドに設置できます。

    ちょうど良い高さから手元を照らしてくれるので、大変便利な機能です。

    あなたのキャンプスタイルに対応する万能テーブル!

    以上、今回は38exploreのテーブル「A38grate」をご紹介しました。

    筆者は、これまでいくつかのキャンプテーブルを購入してきましたが、これほど多彩な機能を持ち合わせた、コンパクトなテーブルは見たことがありません。

    様々なシーンに対応した、まさに痒いところに手が届く商品。また、ウッドテーブルは未塗装のため、ワックスや塗料で自分なりにカスタムして楽しむことができます。

    ソロキャンプでのメインテーブルとして、ぜひ検討してみてくださいね。

    私が書きました!
    アウトドアライター
    アッキャン
    休日にカメラを持って、ツーリングやソロキャンプ・登山を行う会社員アウトドアライター。就活時に島根県へ配属となり、山陰の美しい自然を満喫しています。2023年は大型バイクでのキャンプツーリングに力を入れていきます。

    NEW ARTICLES

    『 テーブル 』新着編集部記事

    ogawa(オガワ)/タフメッシュテーブル 

    2024.01.16

    Onway(オンウェー)/イージーハイテーブル

    2024.01.16

    TiNY(タイニー)/テーブル 

    2024.01.16

    ogawa(オガワ)/ロールテーブルM  

    2024.01.16

    2024年コレが来る!使いやすくてスタイリッシュなテーブル5選

    2023.12.24

    SOTOのフィールドホッパーがあれば、ソロキャンの快適度がグンと上がるのだ

    2023.11.27

    福井ブランド「ドベルグ」×「ネイチャートーンズ」のコラボテーブルは完売必至!

    2023.11.20

    キャンプの焚き火にロゴスの囲炉裏テーブルが超イイっ! クラファン達成率なんと1700%!

    2023.11.03