ホンダの新型「ZR-V」をレビュー!普段使いもアウトドアも一台でOKだった | 試乗記 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 試乗記

    2023.04.24

    ホンダの新型「ZR-V」をレビュー!普段使いもアウトドアも一台でOKだった

    image

    ホンダが4月に販売を開始する新型車、ZR-Vをいち早くテストしました。都市部に住む外遊び好きの心を捉えるキャラクターです!

    普段使いもアウトドアもこれ一台で! ワクワク感あふれるミドルサイズSUV
    ホンダ/ZR-V e:HEV Z(4WD)

    ¥4,119,500
    問い合わせ先:本田技研 0120-112010
    https://www.honda.co.jp/

    編集・早坂(以下、早):ホンダから新型SUV、ZR-Vが登場です。人気のヴェゼルとの違いは?

    記者・櫻井(以下、櫻):シティ派SUVの先駆けであるCR-Vの国内販売が昨年12月に終了したので、ZR-Vは日本で販売されるホンダ製SUVの一番大きなモデルとなる。

    早:といっても、資料を見ると全長4570㎜とミドル級。2列シートの平均的なSUVという印象です。

    櫻:うん。選択肢が多いこのクラスにおけるZR-Vの特徴を挙げるなら、かつてのシビックのような手軽さと快活さに、アコードの高級感を加えたところかな。

    早:ベテラン世代にもわかりやすい表現ですね!

    櫻:クルマの在りかたが変わる中で、SUVというスタイルにホンダらしい走行フィーリングの気持ち良さと、洗練された若々しさを落とし込んだ設計だ。

    4人家族にフィットするボディーサイズ

    image

    ややずんぐりとしたフォルムで、実用性を兼ね備えたSUV本来の長所を体感できる。

    image

    後席の広さを求める4人家族にちょうどいいサイズだ。

    image

    ロードクリアランスをしっかりと確保し、不整地へのアプローチも安心。

    早:テスト車両は最上級グレードのハイブリッド4WDでしたが、とてもパワフルに走りますね~。

    櫻:なにしろ内蔵する2つのモーターによるパワーがエンジンを上回っているほどだから。走行状況でそれぞれの稼働領域を制御して、がっつりと加速する。

    早:ドライブモードには「スノー」も付いてます!

    櫻:4WDの場合、車体前方のパワートレインで発生する駆動力をシャフトで後輪と直結させていて、反応が素早く、雪道から舗装路まで安定感が高い。見た目はシティ派だけど野性力もあるので楽しく走れるね。

    早:野性力という点では、190㎜の最低地上高に加え、ラゲッジの収納にも感激しました。後席の背もたれを前に倒すと座面が連動して沈み込み、フルフラットになるんですよ!

    フルフラットなラゲッジ空間に工夫あり!

    image

    後席をたたむとすっきりとフラットな空間に。

    image

    後席の右側をたたんだ状態。座面が沈み込むことで、ラゲッジの床と高さがそろう仕掛け。

    image

    前輪とサドルをはずせばロードバイクも縦に2台積載可能。

    image

    大人ひとりが寝られる広さはあるので、こんな車中泊スタイルも楽しめる。

    櫻:車中泊をするにはギリギリの広さだけど、自転車を積むときなど、天井にぶつける心配がなく、安心。

    早:ヴェゼルではちょっと狭いと感じる荷物多めのキャンパーや、ファミキャンが中心の方にぴったりかと。

    櫻:正直、テスト車両は手軽とはいえない価格だけど、ハイブリッド4WDの「X」グレードなら351万8900円と、だいぶ身近に。

    早:最安はガソリン車の「X」で前輪駆動の294万9100円ですね。

    櫻:このクルマの魅力である快適性と悪路走破性を楽しむなら、ハイブリッド4WDがいいと思うよ。

    頭上も足元も広々!

    image

    前席の開放感は格別。シート表皮はレザー。本文で触れたハイブリッド4WDの「X」では合成皮革+ファブリックのコンビとなる。

    image

    後席も窮屈さは皆無。特に足元空間に余裕があり、長時間のドライブで家族がストレスをためる心配は少ないはず。

    飽きのこないインテリアを上質に表現

    image

    ハイブリッド車のシフトセレクターはモダンなボタン式。

    image

    最上級グレードだけに装備が充実。前方ピラーほか12か所にスピーカーを配した「BOSEプレミアムサウンドシステム」も付く。

    image

    使い込んでもヤレにくい上質な素材を使ったインテリア。

    SPECIFICATIONS

    【駆動方式】 4WD

    【ボディー寸法】
    全長 4,570㎜
    全幅 1,840㎜
    全高 1,620㎜
    最低地上高 190㎜
    最小回転半径 5.5m
    ホイールベース 2,655㎜
    トレッド 前1,590㎜/後1,605㎜
    タイヤサイズ 225/55R18
    車両重量 1,630㎏
    乗車定員 5名

    【エンジン】
    排気量・種類 1,993cc直列4気筒
    最高出力 104kW(141PS)/6,000rpm
    最大トルク 182N・m/4,500rpm
    モーター最高出力 
    135kW(184PS)/5,000~6,000rpm
    モーター最大トルク 315N・m/0~2,000rpm
    燃料タンク容量 57ℓ
    燃料種類 無鉛レギュラーガソリン
    燃費(WLTCモード) 21.5㎞/ℓ

    【トランスミッション】 
    電気式無段変速機

     

    ※構成/櫻井 香 撮影/小倉雄一郎 

    (BE-PAL 2023年3月号より)

    NEW ARTICLES

    『 試乗記 』新着編集部記事

    このクルマ知ってる?軽EV「ASF2.0」はたっぷり積めてよく走るぞ!

    2024.04.16

    ピストン西沢が「ハイラックス Z“Revo ROCCO Edition”」 で、憧れの都会的ピックアップトラック生活体験!

    2024.04.15

    三菱「トライトン」を激坂凸凹道で試乗!パジェロの遺伝子を受け継ぐ本格4WDの実力をチェックしてみたぞ

    2024.04.10

    小型車に革命をもたらした名車「ミニ」の2024年最新型・クーパーが登場!BMW版「MINI」の魅力とは?

    2024.03.26

    BYDの電気自動車「ドルフィン」登場!秀逸デザインかつコスパ抜群で災害時給電もできるぞ

    2024.03.25

    アウトドア目線でレビュー!スズキのハコ車「スペーシア」「スペーシア カスタム」なら軽自動車でも遠出が楽ちん

    2024.03.21

    試乗レポ!クラウンスポーツは小回りが利いて荷物も積める高級SUVだ

    2024.03.14

    マセラティの人気SUV「グレカーレ」にはソト遊び好きのイタリア魂が宿っていた!内装、価格もチェック

    2024.03.12