イタリア発アウトドアブランド「モンチュラ」直営の路面店が名古屋駅に初登場! | アウトドアブランド 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • アウトドアブランド

    2023.02.18

    イタリア発アウトドアブランド「モンチュラ」直営の路面店が名古屋駅に初登場!

    モンチュラ名古屋店のオープン記念イベントでトークする小林千穂さんと荻原次晴さん

    名古屋駅前の「あの場所」にモンチュラがやってきた!

    202212月、イタリア発の高機能アウトドアブランド「MONTURA」(モンチュラ)のフラッグシップショップ「MONTURA NAGOYA」が、名古屋駅前の名古屋クロスコートタワー1階にオープンしました。

    国内では東京、大阪に続いて3店舗目の直営店。名古屋駅の東口から徒歩5分ほどの好立地にあります。

    その場所は、登山用品店の「駅前アルプス」が入居していたところと言えば、東海の山ヤさんならピンとくるのではないでしょうか。そう、駅前アルプスさんが引っ越したあとに、モンチュラがやってきたのです!(2023年現在、駅前アルプスさんは、名古屋市西区の円頓寺商店街にありますよ)

    モンチュラ名古屋店の外観

    大きなガラスに囲まれた明るい路面店。中は広~い!(写真はすべて筆者撮影)

    「モンチュラ」ってどんなブランド?

    同社は、1998年イタリア創設のアウトドア・スポーツブランドです。

    山岳向けアイテムからタウンユースまで取り揃えたアパレルを主軸に、シューズ類も豊富に展開し、バックパックもあります。比較的新しいブランドで高価格帯ということもあり、これまで買う機会のなかった方もいるかも。

    モンチュラの魅力って?

    人間工学に基づいた緻密な設計による、機能的なデザインと着心地の良さが最大の魅力! フィット感・快適さ・美しいシルエットを兼ね備えたウェア類は、厳しい環境でのあらゆる動きに追従する立体裁断や、多種の素材を組み合わせる縫製技術、アウトドアシーンを想定した細かな機能性などにより実現しています。

    モンチュラ名古屋店のショーウインドウ

    荻原次晴さんと小林千穂さんがモンチュラ愛を語る

    2022年12月24日、名古屋店のオープニングトークショーで、荻原次晴さん(スキーノルディック複合元選手)と小林千穂さん(山岳ライター / MONTURAオフィシャルアスリート)が登壇。

    オンライン参加された次晴さんは、「モンチュラ愛を語ったら3日かかっちゃう」と言って会場を沸かせました。

    モンチュラ名古屋店にて、荻原次晴さんが「ヤルテクノGTX」を持っている

    次晴さんが持っているのは軽量登山靴の「ヤルテクノGTX」。逆「の」の字に見えるのは、履き口の部分。

    「登山靴のヤルシリーズは、タンがぐるっと一周して『の』の字になって、本体とつながっています。急いで履いてもタンが沈まず、足首周りの履き心地がとてもいいです」(次晴さん)

    「こうしたアイディアは、製品ができてしまえば難しい技術ではないかもしれませんが、画期的ですよね」(千穂さん)

    続いて次晴さんが、「モンチュラといえばパンツ」と発言し、中でもバーティゴシリーズを「20年来愛用している」とコメント。

    モンチュラ名古屋店にて、バーティゴシリーズのパンツを紹介する小林千穂さん

    バーティゴシリーズのパンツ。おもにクライミングでの着用を考えて設計されたモデルで、モンチュラを代表する商品。暖かい生地を使用した冬用もある。同社では、アクティビティの内容に合わせたパンツをほかにも多くラインナップする。

    「パンツ類の複雑な立体パターンは、パーツごとに素材を変えています。伸びる素材だったり、摩擦に強い素材だったり、汗抜きを考えた素材だったり。伸縮率が違うので縫製は難しいでしょうが、専門の職人さんが担当して、こうしたウェアを完成させているそうです」(千穂さん)

    お二人が納得して同社製品を使う理由に、「ウェアも道具も、登山のパートナー」「自分の命を守ってくれる存在」という言葉がありました。

    山ママライター・マリベの愛用は、シューズ!

    私自身は、この2年で気づいたら4足もモンチュラのシューズを購入していました……!

    堅牢だけど歩きやすく、違和感のない履き心地。そして本音トークですが、モンチュラ製品のなかでシューズは購入しやすい価格帯と思っていて、気に入ってリピートした結果4足に!

    次晴さんと千穂さんが挙げたシューズ「ヤルテクノGTX」も履いています。従来型の重い、硬い登山靴を履いてきた方に一度使ってもらいたい軽快なアプローチシューズです。比較的軽く、ゴアテックスの防水があり、しなやかで足首周りのストレスが少ないので、行動範囲を広げられますよ。

    夏に剱岳エリアでクライミングをする筆者

    2022年夏、友人らと剱岳方面へ。岩稜&雪渓ありのルートで距離も長いのでなるべく軽量化したく、ママ友(左)と筆者(右)は「ヤルテクノGTXウーマン」をチョイス。先輩(中)はこの写真ではハーフパンツ「トラベルバミューダ」とキャップを着用。登攀時は「バーティゴライト」を使った。

    モンチュラの「ヤルテクノGTXウーマン」

    撥水スエードでミッドカットの「ヤルテクノGTX」は、アッパーは適度に柔らかくソールはしっかり。名古屋店ではメンズ4色、レディース4色のカラバリあり。店舗によってカラー展開は多少異なり、限定色が発売されることもある。「ヤルGTX」というローカットモデルもある。

    直営店で、サイズのわがままを聞いてもらおう

    イタリアメーカーということでウェアのサイズ感は気になっていました。

    今回、在庫の豊富な直営店で取材を進めると、XSサイズがあったり、パンツ類には日本向けサイズを設けていたりするなど、サイズの自由度が高いことを発見!

    • 裾を裁断できないパンツは、短い「-5cm」モデルがある
    • メンズのパンツでは一部「-7cm」モデルがある
    • 主力商品は、XSサイズを用意している
    • 一部のメンズウェアはXLまである

    モンチュラ製品はストレッチが効きフィット感が良好なので、裾と袖の余りは吸収されやすいです。とはいえ、おすすめはジャストサイズ。身長の低い私にとってXSの有無は大きい(笑)。

    モンチュラのバーティゴシリーズの立体裁断

    パッチワークのように異なる生地が何枚も組み合わさったバーティゴシリーズ。裾を裁断できないので、あらかじめ「-5cm」などのモデルがある。身長150cm未満の私、レディースXSの-5cmモデルでばっちりフィット!

    モンチュラというブランドを発信する舞台に

    旗艦店である名古屋店ならではの、店舗設計のこだわりも注目です。

    モンチュラ名古屋店

    トレイルコースを兼ねた階段ステージがユニーク。ユーザー参加のイベント等の開催を視野に入れた空間構成。

    モンチュラ名古屋店のシューズ類

    レジカウンターや什器などは、名古屋から程近い豊田市の森の間伐材を使っている。暖かみのあるインテリアで心地いい。シューズ左上は「サウンド2.0」、左下は「ウェーブ」、右上下は「ドミノ」。日常使いにもよさそう。

    モンチュラ名古屋店とバックパック

    自然の岩肌のようにも見える壁は、エネルギー効率に優れ、環境負荷の少ない木毛セメント材が採用された。画像左は「アルコ22」(790g)、右は「ピラ25」(1060g)。色展開が豊富な軽量パック。

    2023年、モンチュラがパワーアップ!?

    近年、同社はブランドリニューアルを進めています。

    ライフスタイルの多様化を意識して、本格的な登山に向けた商品はそのままに、ライトアウトドア向け、タウンユース向けも充実させるとのこと。また本国のオーナーが「日本を意識した商品開発に意欲的」といううわさもキャッチ! さらなる進化に期待したいです。

    最新のモンチュラブランドの風を感じられる新店舗に、足を運んでみてくださいね。2月は秋冬商品がお得に手に入るFINALセールを開催中。3月上旬は春夏商品の発売が始まります!

    ショップ情報

    MONTURA NAGOYA

    住所:愛知県名古屋市中村区名駅4-4-10名古屋クロスコートタワー1F
    営業時間:平日11:0020:00 土日祝10:0019:00
    定休日:年末年始、ほか
    TEL:052-526-1730

    モンチュラ名古屋店マップ

    寺井真理プロフ写真
    私が書きました!
    山ママライター
    マリベ/寺井真理
    2013年からアウトドア誌や山岳雑誌で執筆。沢登り、雪稜、アイスクライミングが大好き。東海圏の季節のおすすめ山や子連れキャンプの話題などをInstagram @terastudio.maribe で発信中。2015年と2019年に誕生した子どもとの親子登山は100回以上。実体験に基づくリアルな話題を提供します! 愛知県山岳連盟会員

    NEW ARTICLES

    『 アウトドアブランド 』新着編集部記事

    大人気のアウトドアガレージブランド「アシモクラフツ」個性溢れる夏の新作アイテム4選

    2024.07.13

    コールマンのアウトドアワゴンなど人気3商品に限定色“ヘザーブラック”が登場!

    2024.06.27

    車ステッカーで愛車をアウトドア仕様に!おすすめ9選と活用術を紹介

    2024.06.25

    グリップスワニーの名品グローブ特集!各種類のおすすめポイントも解説

    2024.06.21

    ノースイーグルはコスパ優秀!新作タープからメスティンまでおすすめギアを紹介

    2024.06.20

    GORDON MILLERの魅力とは?おすすめのアイテムも7個紹介

    2024.06.19

    ニュートラルアウトドアのおすすめアイテム10選!お手頃でハイスペックなギア特集

    2024.06.16

    DODのキャンプギア22選|カマボコテントやグッドラックテーブルなど人気アイテム特集

    2024.06.14