春キャンプに向けて今から準備したい!最新&定番のコーヒーギア12選 | アウトドア雑貨・小物 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 春キャンプに向けて今から準備したい!最新&定番のコーヒーギア12選

    2023.01.05

    image

    自然の中でコーヒーを嗜むなら、やっぱり淹れたてが一番だ。「キャンプで飲むコーヒーは最高!2023年は珠玉の一杯を叶えるギアを手に入れよう」に続き、最新&定番のコーヒーギアをピックアップしてご紹介!

    ※SPECは❶サイズ❷重量です。

    ひとつあると便利なお手軽タイプ

    ゼブラン/真空二重マグコーヒーメーカー 
    ¥3,300

    image

    メッシュフィルターにコーヒー粉を入れ、湯を注いで蓋をする。3分待ってフィルターを取り出せば、おいしいコーヒーのでき上がり! カップは真空二重構造だからコーヒーの温度が下がりにくく、ゆっくり時間をかけて味わうことができる。
    SPEC
    ❶W12×D9.3×H10.7㎝ 
    ❷260g
    問い合わせ先:Zebrang   

    あの“ペンドルトン”のコーヒードリッパー

    ペンドルトン/コーヒーステンレスフィルター S ¥2,090 ウッディコーヒードリッパー ¥2,860

    image

    繰り返し使えるステンレスメッシュ製フィルターと、フィルターを支えるドリップ木枠。ペンドルトン製というだけで惹かれてしまうアイテムだ。フィルターはコーヒーのオイル成分を逃がさず抽出でき、コクのあるコーヒーが好みの人にお薦め。
    SPEC
    ❶ドリッパー/φ12×H8.5㎝、ホルダー/W13×D7.5×H1.5㎝ 
    ❷70g
    問い合わせ先:エイ アンド エフ 03(3209)7575 

    image

    微細なステンレスメッシュ製だが抽出速度は(豆の挽き方にもよるが)比較的速め。

    コクのあるコーヒーが淹れられる浸漬式

    クレバーコーヒー/Clever Coffee Dripper S
    ¥2,860

    image

    ドリッパーの下部にバルブを内蔵。平らなところに置いた状態で湯を注ぎ、コーヒー粉を漬け込んだあとにカップやサーバーに載せるとバルブが開く仕組み。好みのコーヒー粉と浸漬時間のバランスを摑めば、いつでも安定した味わいが楽しめる。
    SPEC
    ❶14.5×12×H12.5㎝
    (底部内径9㎝)
    ❷213g(コースター含む)
    問い合わせ先:ハイマウント 03(3667)4545 

    image

    湯を注いで2〜4分ほどコーヒー粉を漬け込むのが、浸漬式の抽出法。

    ポケットに入っちゃう超コンパクトドリッパー

    ゼブラン/V60 フラットドリッパー 
    ¥1,870

    image

    コーヒー粉の味と香り成分をしっかり抽出できることで知られる、ハリオ社の逆円錐状ドリッパー「V60」を携帯可能にしたモデル。02タイプ(1〜4杯用)のペーパーフィルターを使えば、アウトドアでも「V60」の味わいが楽しめる。
    SPEC
    ❶ドリッパー/φ12×H8.5㎝、
    ホルダー/W13×D7.5×H1.5㎝ 
    ❷70g
    問い合わせ先:Zebrang   

    image

    ホルダーを芯にドリッパーを丸めれば、シャツのポケットにも入るサイズになる。

    ステンレス製断熱マグにドリッパーを内蔵!

    ワカコ/カパモカ 
    ¥5,720

    image

    ハンドドリップで一杯ずつ丁寧に淹れる"ポアオーバー"方式のコーヒーメーカー。ステンレスマグに直接抽出でき、淹れたあとは漏れない飲み口付きキャップをマグにセットすればOK。抽出にはペーパーフィルターが必要だ。

    SPEC
    ❶φ8.95×H16.9㎝ 
    ❷316g

    image

    上部をクルッと回すとドリッパーが現われ、ペーパーとコーヒー粉をセットすればOK。

    コンパクトなのに圧力抽出が可能!

    ワカコ/ピパモカ 
    ¥7,590

    image

    コーヒー粉に圧力をかけて抽出するプレッシャーブリューを可能にしたオールインワンタイプ。本体はステンレス製の断熱仕様で、抽出後も3〜4時間は飲みごろの温かさを保ってくれる。コーヒーは、中粗挽きの粉を使うと良い。
    SPEC
    ❶φ7.3×H18.2㎝ 
    ❷425g
    問い合わせ先:飯塚カンパニー 03(3862)3881 

    湯を入れたマグにコーヒー粉を入れたカプセルを投入して蓋をする。

    image

    スクリュー式のチャンバーが出切るまで、オレンジのリングと本体を逆回しする。

    湯をゆっくり注げてドリップ時に最適

    ハイマウント/ミニドリップポット 300ml(ブラック) 
    ¥2,970

    image

    細い注ぎ口で、湯を少しずつ注げるコンパクトなポット。この300㎖タイプは、コーヒー約2杯分の湯が入る。ポットを深く傾けても蓋が落ちないようになっている。約3杯分の湯が入る少し大きめな450㎖タイプ(¥3,520)もある。
    SPEC
    ❶(約)W17×H12㎝(底部φ約7.5㎝) 
    ❷約200g
    問い合わせ先:ハイマウント 03(3667)4545 

    伸縮式ハンドルの携帯用焙煎器

    ユニフレーム/焚き火ロースター 
    ¥3,900

    image

    ハンドルは約10㎝伸縮調節でき、焚き火、バーナーなど焙煎時の熱源を選ばず使用可能。しかもハンドルが折りたたみ式になっているのでとてもコンパクトに持ち運べる。コーヒーを淹れるその場で生豆を焙煎したい、こだわり派にお薦め。
    SPEC
    ❶使用時/(約)φ16×L36.5〜46.5㎝、
    収納時/(約)φ16×L6.5㎝) 
    ❷約200g
    問い合わせ先:新越ワークス 03(3264)8311 

    鋭い挽き味が長持ちするステンレス鍛造刃ミル

    ユニフレーム/UF コーヒーミル 
    ¥6,900

    image

    切れ味(挽き味)の良さで定評のある、キャンパー向けコーヒーミルの定番モデル。新潟・燕三条発だけに、強度と耐久性に優れた鍛造刃の臼式で、エスプレッソ向き極細挽きから粗挽きまでOK。挽き具合の調整も簡単にできる。
    SPEC
    ❶使用時/(約)φ8.4×H19.2㎝、
    収納時/(約)φ8.4×H9㎝ 
    ❷約430g
    問い合わせ先:新越ワークス 03(3264)8311 

    高い密閉性を誇る特許取得の豆容器

    ゼブラン/コーヒーキャニスター50G 
    ¥2,200

    image

    コーヒー豆の鮮度を保ちつつもアウトドアへ持ち出せる、遮光率100%のキャニスター。独自の構造により、内部の空気を抜きながら蓋を押し込むことができ、密閉保存が可能。50gのコーヒー豆(約4杯分)を保存しておけるサイズだ。
    SPEC
    ❶φ7.2×H6.5㎝ 
    ❷72g
    問い合わせ先:Zebrang  

    image

    豆を入れたら、付属の中板をたわませながら豆の上にセットする。

    image

    外蓋を被せて両手で押し込み、パチン! と音がすれば密閉が完了する。

    真空断熱カップ付きおふたり様用ボトル

    ミアー/トモ 
    ¥9,900

    image

    真空ボトル本体の上下に真空断熱カップが付き、本体に入れたホット(あるいはアイス)コーヒーをふたりで味わえる。ボトルの内栓は、360度どこからでも注げるタイプで、使い勝手も抜群だ。シンプルでハイセンスなデザインも見逃せない。
    SPEC
    ❶(約)φ8.5×H31.5㎝(ハンドル除く) 
    ❷約940g
    問い合わせ先:サンウエスト 03(3544)2751 

    二重構造カップ付き真空断熱ボトル

    クリーンカンティーン/TKPro2.0 0.75L 
    ¥5,940

    image

    内栓にもステンレスを使用した100%プラスチックフリーのボトル。二重構造の断熱カップが付き、ボトル本体が断熱性に優れた真空構造だから、自分で淹れたコーヒーをフィールドで味わいたい人にお薦めだ。カップの容量は305㎖。
    SPEC
    ❶φ8.75×H26㎝ 
    ❷620g
    問い合わせ先:エイ アンド エフ 03(3209)7575 

    ※構成/坂本りえ 撮影/永易量行

    (BE-PAL 2022年11月号より)

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 アウトドア雑貨・小物 』新着編集部記事

    子どもだけでなく大人も楽しい!アウトドアフィールドで遊べるおもちゃ「アウトドアトイシリーズ」

    2023.01.29

    飾りじゃないのよこのツノは!卓上ギアハンガー「ツノクランプ」はシルエットも美しい

    2023.01.28

    キャンプの名脇役にも影の主役にもなる!便利な”高機能系”キッチンバサミを使ってみよう

    2023.01.26

    夢の「Myサウナテント」が買える!? 渋谷ロフトのサウナイベントでチェック

    2023.01.21

    【売り切れ続出】キャンパーに大人気!あれこれ使えるダイソー「シリコーン保存袋」

    2023.01.16

    傘をさしたまま写真が撮れる「GLIDER ハンズフリー傘ホルダー」をレビュー!

    2023.01.12

    z