家でもアウトドアでも使えるホウロウ食器5選 | 調理器具・食器 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

家でもアウトドアでも使えるホウロウ食器5選

2017.02.23

食器
春はお花見やピクニックの季節。そうしたアウトドアシーンでの食器は、とにかく壊れにくいものを使うのが鉄則だけど、紙皿やアルミのお皿では味気ない。

そこでオススメしたいのが「ホウロウ」の食器。

ホウロウとは、鉄やアルミなどの金属を下地にし、その上にガラス質のうわぐすりを高温で焼きつけたもの。

衝撃に強いけど、サビやすい鉄。その上にガラスをコーティングすることで、「サビに強く耐久性も高い」ホウロウになる。

木のテーブルや、ランタンやキャンドルの灯りとも相性バッチリで、料理もより一層おいしく感じるし、会話も盛り上がる。

また、ちょっとの衝撃で割れたりしにくいから、ふだんは家で日常使いして、週末のピクニックやキャンプで外にもちだすというクロスオーバー的な使い方にもふさわしい。

おすすめのホウロウ食器・調理器具を紹介しよう。

1:「ファルコン」のホウロウ食器

食器

1920年代に誕生したイギリスのホウロウ食器メーカー「FALCON」(ファルコン)。

ここの食器は、スタッキングできるのが魅力。お皿にもなるし、食材を洗うボールにもなる。

http://landscape-products.net/

2:「GSI 」ディナープレートと「エマリア」のカップ

食器

「GSI」のプレートは、スモール(左)¥1,000、ディーププレート(右)¥1,500。

「GSI」は1985年創業のアメリカのアウトドアメーカー。キャンプ食器の定番で、そのホウロウ食器は本当に使いやすい。

ポーランドのホウロウの老舗ブランド「エマリア」のカップは私物。丸いフォルムが手によくなじむ。

GSI: http://gsioutdoors.jp/

https://www.aandfstore.com/

3:「野田琺瑯」のレクタングル深型容器

GKBR9750

1934年創業のホウロウ専業メーカー「野田琺瑯」。その製品は、シンプルで丈夫で美しい。

保存容器として、常備菜や残り物を冷蔵庫に保管したり、そのまま火にかけて温めたり。

サイズや形状もバリエーション豊かに展開されている。

https://www.nodahoro.com/

 

焼成後

 

 

4:「富士ホーロー」のストックポットとミルクパン

GKBR9810

「富士ホーロー」は1947年創業。国内最大級のホウロウ専門メーカーだ。「ハニーウェア」のブランドで70年以上にわたって製品を展開してきた。

白のストックポットにみそ、塩、砂糖、小麦粉などを入れて収納容器として活躍。容器のままキャンプに持ち出すときにも便利。

KTKR1471

ミルクパンは、ミルクを温めてカフェオレやミルクティーをいれたり、ゆで卵や一人分のスープをつくるときの小鍋として使うのにも便利。

http://www.fujihoro.co.jp/

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 調理器具・食器 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。