ハンドルは2種類!DLCコーティングの墨色が男前なセミカスタムナイフ | 刃物・マルチツール 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 刃物・マルチツール

    2022.10.03

    ハンドルは2種類!DLCコーティングの墨色が男前なセミカスタムナイフ

    ナイフ2本

    上が「バンブー」。下が「エアステップ」。

    岐阜県関市といえば、中世の日本刀の頃からの刃物の産地だが、この地で明治6年に創業したのが三星(みつぼし)刃物。「和 NAGOMI」という包丁シリーズで有名なメーカーだ。この三星刃物が、同じく関市のナイフビルダー原幸治氏と協力して、「セミカスタム」のナイフを作った。デザインから刃付けまでを原氏が担当し、研磨とハンドル加工の一部を三星刃物が担うことで、カスタムナイフとしてはリーズナブルな価格でナイフが完成した。

    ハンドルの形違いで2種類あり、どちらも原氏の代名詞ともいえるデザインだ。ひとつは「バンブー」。素材はダブルキャンバスブラックマイカルタを使用し、竹の節のような模様を浮き出させている。もうひとつは「エアステップ」。スペイン製特殊強化木を使用し、日本の段々畑のような形に仕上げている。

    ブレードは、高級なバイス鋼(SKH51)をDLC(ダイヤモンドライクカーボン)でコーティングし、鋭い切れ味と錆びにくさを両立している。墨を思わせるようなシブい色も魅力だ。

    ブレードのアップ

    ブレードに原氏のマーク入り。

    2本を上から俯瞰

    2本とも、ブレードの素材がハンドルの末端まで貫通したフルタング仕様。

    薪割り

    フルタングなので衝撃に強く、バトニングでの薪割りにも耐えられる。

    木を削る

    削る作業もOK。刃の断面はふくらみを持たせたコンベックスグラインド(ハマグリ刃)なので、刃が丈夫。

    ズボンのベルトにシースを装着

    スマートな牛革製シースは腰のベルトに装着できる。

    制作者2人

    左は原幸治氏。国内外のナイフショーで高く評価されている。右は三星刃物の渡邉隆久社長。

    ※この商品は[通販サイト]「大人の逸品」から購入できます。

    ブッシュクラフトナイフ『Northern Land』 各66,000円

    https://www.pal-shop.jp/item/A55210011.html

    NEW ARTICLES

    『 刃物・マルチツール 』新着編集部記事

    キッチンナイフとハサミが一体化!刃物の名産地で作られたLOGOS「アウトドア用万能ハサミ」

    2024.05.31

    キャンプや焚き火におすすめナイフ&アックス19選!料理、薪割り、バトニングに使ってみた

    2024.04.07

    キャンプの鉈はトヨクニの「豆鉈」がおすすめ!小さいことはいいことづくめだった

    2024.03.15

    オピネルのナイフのサイズ比較。キャンプでおすすめは何番?

    2024.03.14

    トヨクニの包丁をアウトドアにもっていくならこれ!小ぶり包丁+ナイロンケースが最強

    2024.03.05

    ヘレナイフからナイフカバーが登場!お気に入りの1本を大切に保管しよう

    2024.02.17

    ベアボーンズだから頼もしい! 万能フィールドナイフを腰に下げてフィールドへ

    2024.01.26

    無人ビーチで実証!かほなん監修の新型「さばいどるナイフ」はサビに強し

    2024.01.12