くじらナイフ | ニュース 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • くじらナイフ

    2016.06.02 b*p

    高知県の土佐打刃物は、日本3大刃物の生産地として栄えた。

    特に品質が高かったのは山で使う鎌やナタ、のこぎりだ。

    いまでも数は少なくなったが、鍛冶屋でトンカンと製作されている。

    そのひとり、土佐打刃物職人の山下哲史さん。

    あるとき「子供用のナイフをつくってほしい」という

    あるお母さんからのオファーを受けて製作したのが、

    この「くじらナイフ」である。

    だからこの愛らしい独特のフォルムというわけ。

    見た目は子どものおもちゃのようだが、上記の出自からもわかるように、

    切れ味は保証付きだ。

    こうした形で伝統の技術が継承されていくならばすばらしい。

    現代に受け入れられなければ、伝統産業もただの宝の持ち腐れ。

    それこそ“錆びついて”しまう。

    危ないからと、子どもに刃物を持たせないなんて風潮もある。

    一方で、子ども向けの木工ワークショップは盛況だ。

    ナイフを使って木を削ることは、最近では“遊び”ではなくなってきているのだ。

    なぜなら、現在の親世代がすでにナイフに親しんでいないから。

    自分たちが使えないものだから、子どもにも教えようがない。

    このくじらナイフは子どもに最適だけど、

    親子でも使ってみてはいかがだろうか。

    【カラー】

    マッコウクジラ、ミンククジラ

    【スペック】

    マッコウクジラは刃長50mm、全長160×厚み3mm、100g。

    ミンククジラは刃長55mm、全長155×厚み3mm、100g。

    白鋼(黒仕上)、両刃。

    日本製。

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 ニュース 』新着編集部記事

    パタゴニアの創業者イヴォン・シュイナード氏が環境保護のため株式譲渡、その真意とは

    2022.10.05

    米沢牛や松茸の豪華BBQも味わえる!アウトドア婚活イベント「恋の収穫祭」、10月8日山形県高畠町にて開催

    2022.09.30

    ヨックモックのサブレでスモア!?3日間限定「グランモックスタンド in WILD MAGIC」オープン

    2022.09.22

    環境マンガ家・本田亮さんのオリジナル作品「武器と楽器」がイケシブアートウォールに登場!

    2022.09.21

    海女文化を継承する漁村「安乗」で11月に開催…野外フェス「あのり拍子-anorhythm-」

    2022.09.21

    三菱自動車主催の「スターキャンプ」が3年ぶりに開催!気持ちいい会場の模様をレポート

    2022.09.19