【インタビュー】「GLITCH COFFEE&ROASTERS」(後編) | ナチュラルライフ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

【インタビュー】「GLITCH COFFEE&ROASTERS」(後編)

2017.05.22

前編「みんなグリッチに辿り着いた。」はコチラ。

 

多様性から生まれる、バグのような突き抜けた個性

多様な人がGLITCH COFFEE&ROASTERSにいる。

「群れておらず、個性が立っている」と小島さんもいう。「みんなが独立していって、それがすべて同じようなお店になってもおもしろくない。独自のスタイルを持った人たちが独立していって、みんながGLITCH COFFEE&ROASTERS出身だとおもしろいですよね」

GLITCHという言葉にはバグという意味がある。そう、健太さんが教えてくれた。

「意味がわからないところから、天才みたいなものは生まれてくる。僕もこんなんだし、『もっと、とんがれ』といってくれるキヨさん(オーナーの鈴木清和さん)は偉大です」

実際、小島さんのようなダブルワークを認めたり、他のスタッフも別の事業を任されていることが多い。独立志向であり、そこで自分の個性を発揮しやすい職場だ。

 

旅とアウトドアと、かたわらにエアロプレス

今回は、鎌倉のトレイルをピクニック気分で一緒に歩いた。キャンプのようにしっかりした場所や装備でなくても、GLITCH COFFEE&ROASTERSのコーヒーギークは、どこでもおいしいコーヒーを淹れてくれる。健太さんは実際、長旅の間もエアロプレスを持ち歩き、なんと飛行機の中でも淹れていたという。軽くてプラスチックのエアロプレスは、山や旅にかなり便利。

「コーヒー粉やお湯の量などを間違えなければ、安定したおいしいコーヒーが飲めます。じつは初心者にむいている器具ですね」とキヨさん。最近では、抽出器具を問わないコーヒーの国際大会の上位には、ずらっとエアロプレス使用者が並ぶこともあるらしい。

塚田さんの山コーヒーギア。豆は計量してから、フィルムケースに入れてきた。

キヨさんの山コーヒーギア。スケールできっちりと。

「コーヒーの敷き居を下げているすばらしいアイテム」と小島さんも感嘆する。こんなにもアウトドアと親和性が高いとは!

スマホと連動したスケールなので見やすい。

ランチに持参したのは「あんな食堂」のサンドウィッチとピクルスなど。うまい!

最後に、コーヒーの未来について聞いてみた。

「これからスペシャルティコーヒーと呼ばれるものを飲む機会は増えてくると思います。まずは農園が重要です。実は農園側も、いいコーヒー豆をつくれば売れるということをわかってきたばかりで、まだまだこれからなんです。農園が試行錯誤して、もっとおいしいコーヒーがこれから出てくると思います」

あとは淹れる側が、コーヒーの個性や特徴を最大限に活かすことができるか。その個性を感じながら、おいしいコーヒーをいただきたい。

 

◎ GLITCH COFFEE&ROASTERS

http://glitchcoffee.com/

 

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 ナチュラルライフ 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。