ニトリ「木製折りたたみラック」は最強のキャンプギアだってご存じですか? | テーブル 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

ニトリ「木製折りたたみラック」は最強のキャンプギアだってご存じですか?

2022.05.15

ニトリの木製折りたたみラックを置いている

筆者私物です。

キャンプにおいて、テーブルは快適に過ごすための重要なアイテムです。

いい加減に選んでしまうと、高さや大きさが思ったようなものではなく、使いづらかった、などということもあります。

そのため、キャンプのテーブル選びは非常に重要になります。

そんなキャンプ用のテーブルとして筆者が愛用しているのが、ニトリの「木製折りたたみラック」です。

ニトリの木製折りたたみラックは名前の通り、ものを置いたり、並べたりするために使用するラックです。

しかし、サイズ感や高さなどがキャンプのテーブルとしてもちょうどよく、耐荷重などを守ればテーブル兼、物を置くスペースとして利用することができます。

今回は、そんなニトリの木製折りたたみラックの魅力についてご紹介していきます。

初心者キャンパーにもおすすめのギアなので、ぜひ参考にしてみてください。

ニトリの木製折りたたみラックの魅力

設営・片づけが簡単!

ニトリの木製折りたたみラックを折りたたんでいる

このように、コンパクトに折りたたむことができます。

まずこの木製ラックの魅力として挙げられるのが、設営と片づけが簡単、ということ。

キャンプ用テーブルの中には、ポールや天板をつなぐ作業が必要になるなど、設営が大変なものも多くあります。

その点ニトリの木製ラックは、折りたたみ式。折りたたんであるものを広げるだけなので、組み立て作業は一切必要ありません。

設営や片づけに手間がかからないため、キャンプの開始準備や撤収作業がスムーズになります。

また、折りたたんだ木製ラックは、厚さ7cmほどの薄さになるのも嬉しいポイント。

車のちょっとした隙間などにも収納することができ便利です。

下の段も有効活用できる!

2段ラックにものを置いている

上下段をうまく使い分けることで、多くのものを置くことができます。

ニトリの木製ラックは、2段構造になっています。下の段にも物を置くことができるため、非常に使い勝手がいいのが魅力の一つです。

基本的にテーブルのように使うのは上の段。しかし、天板サイズは47.5cm×30cmです。

そうなると使用するすべての道具を上の段に置いていては、必然的にスペースが足りなくなります。

そんな時、使用頻度の低い道具を置く場所として下の段を有効活用するのです。

筆者は、上の段には、食べ物を中心に置き、下の段にはティッシュや割り箸、すぐには使わない調理器具などを置いています。

地面に置くのは抵抗があるけど、テーブルに置いておくのも邪魔、という道具が下の段に置けるのは非常に便利です。

木製なので、キャンプに馴染みやすい!

タープの下にキャンプギアを設営している

このように、ベージュやカーキのキャンプギアの中にも馴染みやすいです。

ニトリの木製ラックは、その名の通り木製のため、キャンプによく馴染むのも魅力です。

近年のキャンプグッズは、ベージュやカーキといった色が人気ですが、そういった色味のキャンプギアとも相性がいいのも嬉しいです。

木製の色味は、比較的どんな色とでも統一感が出るため、サイトデザインを気にする方にもおすすめ。

一方、木製のため熱いものを直接置いてしまうと焦げてしまう場合があります。熱いものを置きたいときは、敷物などを敷いてから置くようにしましょう。

3段ラックもあるがテーブルには2段ラックがおすすめな理由

このニトリの木製ラックは、筆者が使っている2段ラックだけではなく、3段ラックもあります。

しかし、キャンプテーブルのように使用するのであれば、2段ラックがおすすめです。

なぜなら、3段ラックだと最上段に高さが出てしまうため、キャンプテーブルとしては少し使いづらくなってしまうからです。

まとめ

ニトリの木製ラックは、上の段をテーブルのように利用できるのはもちろんのこと、下の段も有効活用することができます。

色味もキャンプに最適で、設営や片づけも簡単。

キャンプで使用するテーブルをお探しの方には、非常におすすめの商品です。

ぜひ、お近くのニトリに立ち寄り、木製ラックを探してみてはいかがでしょうか。

ニトリ 木製折りたたみラック(2段 W NNS)

カラー:ライトブラウン
サイズ:幅47.5×奥行30×高さ38cm
素材:アカシア
重量:約2.3kg

私が書きました!
アウトドアライター
えいしょう
北陸在住。北陸の海、山、食材をこよなく愛するアウトドアライター。週末に外でのむ酒、外で食べるキャンプ飯、そして焚き火。それだけを楽しみに毎日を生きています。好きなキャンプ飯は、自分で刺した「せせり串」です。北陸ならではのキャンプの魅力を伝えていけたらと思っています。
この記事をシェアしよう!

関連記事

『 テーブル 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。