すべて一点モノ! エゾシカの角で作ったファイヤースチール | 焚き火・火おこし道具 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • すべて一点モノ! エゾシカの角で作ったファイヤースチール

    2022.05.27 BE-PAL公式通販

    ほぐした麻紐とエゾシカ角のファイヤースチールとストライカー。

    ファイヤースチールのほか、ほぐした麻紐(左)とファイヤースチールをこするストライカー(右)もセットで付いてくる。

    北海道の環境生活部自然環境局のウェブサイトによれば、エゾシカは、明治初期の大雪と乱獲によって絶滅寸前まで数を減らしたが、その後の保護政策などによって数は回復し、現在は農林業などへの被害があることから、適正な捕獲と活用が図られている。

    肉が食用となるのはもちろんのこと、その大きくて立派な角は工芸用として活用されている。この「スタッグボーンファイヤースチール」もその一例。知床の工芸家・照井弘志氏がちょうどいい角を選び出し、ハンドルとして加工している。

    スチールをこすって火花を出している。

    ハンドルもファイヤースチールも太めなので、ストライカーをこすりやすい。

    制作者の照井弘志氏。約40年にわたり木彫りやシカ角の工芸を続けている。

    ファイヤースチールのハンドルといえば、たいていはおもしろみのないプラスチック製だが、これは色も形も一点一点個性がある。どんな角が届くかはお楽しみだ。

    ちなみに、シカの角は春に生え始めて秋にかけて成長し、翌年の春に抜け落ちる。知ってた?

    ※この商品は[通販サイト]「大人の逸品」から購入できます。

    スタッグボーン ファイヤースチール 5,478円

    https://www.pal-shop.jp/item/A55206010.html

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 焚き火・火おこし道具 』新着編集部記事

    子どもも簡単に組み立てOK!八王子の町工場が手掛ける焚き火台キット「小焚台」

    2022.11.26

    オープン型なのに二次燃焼が可能!新スタイルの焚き火台が登場だ

    2022.11.24

    親指だけで炭火をおこす!画期的な「熱風火おこし器」が日本初上陸

    2022.10.24

    尾上製作所「ミニかまど」は小さいけれど本格的!アルコールストーブも使えるぞ

    2022.10.23

    トラス構造の焚き火スタンド「MOSS FIRE」新バージョンはいい味が楽しめる

    2022.10.20

    布の上で焚き火をしても大丈夫!?超ユニークなモノラル「Wireflame」を徹底レビュー!

    2022.10.18