「パタゴニア東京・神田ストア」がクライミング・登山のハブストアへとリニューアル! | アウトドアショップ・自然派の店 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

「パタゴニア東京・神田ストア」がクライミング・登山のハブストアへとリニューアル!

2022.04.19

「パタゴニア東京・神田ストア」1Fメイン

Shouta Kikuchi (c) 2022 Patagonia, Inc

200012月、大型スポーツ店が立ち並ぶ東京・神田にオープンした「パタゴニア東京・神田ストア」。2021年には国内初となるスノーを中心としたテクニカルストアへリニューアルしたことが話題となった。そして雪解けを迎えつつある2022年春シーズン、クライミングや登山を中心したハブストアとして、さらなる進化を遂げる。

クリーン・クライミング提唱50周年を祝う、コレクションの全ラインナップも登場

1972年、パタゴニアの創業者イヴォン・シュイナードによって、クライミング史上はじめてとなる岩や経験を次世代につなぐ運動「クリーン・クライミング」が提唱された。それから50年が経過した2022年。パタゴニアはこの理念をふたたび発信。東京・神田ストアでは、クリーン・クライミング提唱50周年を祝うコレクションの全ラインナップを展開しているほか、クリーン・クライミングの歴史や文化が感じられる展示を実施。今後はリペアイベントやレンタルサービスなどを予定している。

クライミングの展示

Shouta Kikuchi (c) 2022 Patagonia, Inc.

展示のショーケース

Shouta Kikuchi (c) 2022 Patagonia, Inc

また店頭ではアウトドアギアのリペアとメンテナンスを案内。セルフリペアコーナーの設置や、アップサイクルのイベント開催も予定している。創業以来パタゴニアでは環境に関する情報を積極的に発信しているが、リペアは製品をより長く使い続け、消費を抑えることで環境負荷を減らすことができるメッセージでもある。

Shouta Kikuchi (c) 2022 Patagonia, Inc.

さらに不必要な消費を減らすべく、1着のジャケットを循環させるレンタルサービスも実施予定。山のフィールドで快適かつ安全に遊ぶための製品をそろえ、売上はアウトドアフィールドの保護活動を行う団体に寄付されるという。

レンタル対象製品イメージ写真

Shouta Kikuchi (c) 2022 Patagonia, Inc. レンタル対象製品イメージ

ほか日本国内で取り扱うすべての(SURFを除く)テクニカル製品を展開。これまで公式サイトのみでの販売となっていた製品も店頭で取り扱う点も注目したい。

パタゴニア東京・神田ストア

  • 住所: 〒101-0052 千代田区神田小川町 2-3-18 露木第2ビル
  • TEL: 03-3518-0571
  • 営業時間:平日:12:00~19:00 土日祝:11:00~18:00
  • 定休日:毎月第3水曜日
  • アクセス:新御茶ノ水駅B7出口から徒歩約1分小川町駅A6出口から徒歩約2分、淡路町駅 A2出口から徒歩約 4分
  • https://www.patagonia.jp/patagonia-kanda-japan/store_924604488.html
この記事をシェアしよう!

関連記事

『 アウトドアショップ・自然派の店 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。