売り切れ続出!アルデバランのランタンスタンド「エッジスタンド」が超人気のワケ | アウトドア雑貨・小物 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • アウトドア雑貨・小物

    2022.04.14

    売り切れ続出!アルデバランのランタンスタンド「エッジスタンド」が超人気のワケ

    「エッジスタンド」の使用状況。

    筆者私物。

    今やキャンプシーンにおいて、欠かすことのできないLEDランタン。

    スイッチひとつで必要十分な明かりを灯すことができ、快適なキャンプを約束してくれます。

    そんなLEDランタンと組み合わせることで、キャンプライフをより快適にしてくれる商品があります。

    それが、アルデバランの「エッジスタンド」です。

    「エッジスタンド」は、テーブルに設置できる、軽量ランタン向けのランタンスタンドです。

    テーブル周りを快適にしてくれるこのギアは、一度使用すると手放せなくなります。

    一時は人気のあまり、入手が困難になるほどでした。

    その人気のワケはどこにあるのか。

    2年程使い続けている筆者が、愛用者目線で3つの特徴に分けて紹介します。

    「エッジスタンド」の特徴3

    1.幅広い種類のテーブルに簡単に取り付けが可能

    「エッジスタンド」の1つめの特徴は、幅広い種類のテーブルに対応できることです。

    「エッジスタンド」のクランプ部分。

    「エッジスタンド」のクランプ部分。テーブル天板の厚さが33mm以内であれば、取り付けが可能です。

    写真のように、テーブルへの取り付け部分はクランプ式になっており、この部分の内径は約33mm

    テーブルの厚さが33mm以内であれば取り付けができます。

    キャンプで使用するテーブルで、これ以上の厚さがあるテーブルはあまり見かけませんので、ほぼ全てのテーブルで使用できると言えるのではないでしょうか。

    クランプの使用状況。

    クランプの取り付け位置が決まれば、下部のねじで締め込み、ポールを差し込んで横のねじで固定すれば、設置が完了です。

    また、なんと言っても取り付けが非常に簡単なのは、初心者におすすめできる特徴の一つ。

    テーブルの好きな位置にクランプを挟み込んで、下部のねじを締め込みます。

    最後はポールをクランプに差し込んで、横のねじで固定するだけで完了です。

    取り外すときも、設置と逆の手順で行なうだけですので、初心者でも安心して取り扱うことができます。

    ポール及びねじ部。

    ポールのねじ部分。着脱が簡単に行えるうえ、使用するポールの本数によって高さ調整ができます。

    また、各ポールはねじでつなぐ構造となっており、使用する本数で高さの調整ができる点も見逃せません。

    2.収納性抜群

    2つめの特徴は、収納性の高さです。

    「エッジスタンド」のセット内容。

    「エッジスタンド」のセット内容は、ポール3本、クランプ、収納袋。

    「エッジスタンド」のセット内容は、ポール3本とクランプと収納袋です。

    収納袋に入れた状態だと、約30cm×5cmとコンパクトにまとまります。

    この収納性の高さは好印象。

    また、重量が約220gと軽いのも嬉しいポイントです。

    機能性がありながら、収納性と軽さを兼ね備えたギアと言えるでしょう。

    これも、幅広いキャンパーから支持される特徴ではないでしょうか。

    3.デザイン性の高さ

    3つめの特徴は、デザイン性の高さです。

    「エッジスタンド」のクランプ部分。

    「エッジスタンド」の高いデザイン性も人気の理由です。

    クランプ部分のネームなど、細部にもこだわりが感じられます。

    ランタンスタンドにもかかわらず、「使っていても楽しいギア」と言えます。

    「エッジスタンド」を使用した状態。

    スタイリッシュな見た目は、サイトの雰囲気はそのままに、利便性をプラスしてくれます。

    また「エッジスタンド」は最小限のパーツで構成されており、スタイリッシュな印象を受けます。

    使用していても、サイトの雰囲気を損なわず、利便性をプラスできる点は、嬉しいポイントではないでしょうか。

    また、筆者はマットブラックをチョイスしましたが、他のカラーもラインナップされています。

    サイトの雰囲気や好みに合わせてチョイスしてみてはいかがでしょうか?

    取り扱い時の注意点も

    ここまでは「エッジスタンド」の特徴を挙げてきましたが、愛用者目線での注意点も紹介します。

    あくまで軽量なギアが対象

    簡単な取り付け方法からも想像できるように、重量のあるギアを吊るすには適していません。

    メーカーの推奨耐荷重も約1kg以下となっています。

    あくまで、LEDランタンなどの軽量なギアの使用にとどめておくようにしましょう。

    テーブルの材質によっては跡が付いてしまうこともある

    取り付け方法がクランプ式のため、テーブルの材質が木材の場合は跡が付いてしまう可能性があります。

    跡が付くのはテーブルの裏側になるので、目立つことはありませんが、お気に入りのギアに跡が付いてしまうのは抵抗がある方もいると思います。

    その場合には、テーブルとクランプ下部のねじとの接触部分に当て物を入れるなどの対策がおすすめです。

    「エッジスタンド」でテーブル周りを快適にしよう!

    テーブル周りで過ごすことが多いキャンプ。この「エッジスタンド」があれば、より快適にキャンプを楽しめるといっても過言ではないと、筆者は考えます。

    人気のあるギアのため、ショップに入荷されてもすぐに売り切れてしまいます。

    2022年4月執筆時点の販売状況を、筆者が調査してみたところ、アウトドア用品販売サイト「Nicetime」では現在「SOLDOUT」の状況だったものの、問い合わせてみると「絶版ではないため今後不定期で入荷の可能性あり」とのことでした。

    アウトドア用品販売サイト「CAMP HILLS」では「限定グリーン」の新品在庫のみアリ、となっています。

    アルデバランは韓国の会社で、日本語でのオンライン公式ショップはないため、手に入らない場合には販売店や販売サイトでの入荷を待つしかない状況です。

    手に入れたい場合は、ぜひアウトドアショップの入荷情報をこまめにチェックしていただければと思います。

    アルデバラン/エッジスタンド

    • サイズ:使用サイズ:約90cm
    • 収納サイズ:約30cm×5cm
    • 重量:約220g
    • 耐荷重:約1kgまで
    私が書きました!
    アウトドア愛好家
    たまぞう
    「良いものを長く」をモットーにキャンプギアの選定をしています。また、ギアができた背景や作り手の想いがあるものに惹かれ、愛着が沸きます。キャンプを通じて、さまざまなカルチャーとふれあい、発信していきたいと思っている。

    NEW ARTICLES

    『 アウトドア雑貨・小物 』新着編集部記事

    最大2mの水中で2時間使える!水辺アクティビティにもおすすめの骨伝導イヤホン発見

    2024.05.22

    トレッキング中ちょっとした雨をしのぐ、晴雨兼用の傘&レインハット16選!

    2024.05.20

    キャンプに必携!マダニに噛まれたら…電気ショックで気絶させる「エレクティック」

    2024.05.19

    約175gと軽量かつ丈夫!晴雨兼用の折りたたみ傘はトレッキング仕様がおすすめ

    2024.05.18

    「SNS映えする」と人気上昇中!キャンプに連れていきたくなる萬古焼の「蚊やり豚」

    2024.05.17

    100均のセリアで発見した「香りで虫除けシリーズ」を屋外で試してみた

    2024.05.16

    ダイソーの「圧縮バッグ」にどれくらい入るのか検証してみた!

    2024.05.13

    浮く、大容量、暗闇で光る…!? 使い方に合わせて選べるおすすめ防水スマホケース6選

    2024.05.12