グループキャンプで大活躍!キャプテンスタッグ「ヘキサテーブル」の4つの魅力 | テーブル 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

グループキャンプで大活躍!キャプテンスタッグ「ヘキサテーブル」の4つの魅力

2022.03.14

キャプテンスタッグのヘキサテーブルセットを六角形に並べている

筆者私物のキャプテンスタッグのヘキサテーブルセットです。

近年のキャンプブームでは、1人でキャンプをする「ソロキャン」が注目されていますが、一方で、友人や会社の同僚などとグループでキャンプに行く「グルキャン」も高い人気を集めています。

キャンプ場で1人で焚き火を眺めながら、日々の疲れを癒すのもいいですが、仲間内で焚き火を囲んで語り合うのもキャンプの楽しみ方の一つです。

そんなグルキャンで大活躍するのが、焚き火を囲んで設置できる六角形のテーブル、“ヘキサテーブル”です。

ここでは、グルキャンに行くなら絶対に持っておきたい、キャプテンスタッグの「CSクラシックス ヘキサグリルテーブルセット」について解説していきます。

テーブルをばらすと、このようになります。

キャプテンスタッグのヘキサテーブルセットのメリット

みんなで焚き火台やグリルを囲むことができる!

筆者は、キャンプだけでなく、自宅でのBBQの際にも使用しています。

仲間と焚き火台やグリルを囲んで過ごす時間は、グルキャンの醍醐味です。

しかし、メンバーそれぞれが皿や飲み物を置くテーブルを用意しなければ、全員がくつろぐことはできません。

そんなときに活躍するのが、キャプテンスタッグの「CSクラシックス ヘキサグリルテーブルセット」です。

このセットを焚き火を囲うように六角形に設置すれば、全員が焚き火のまわりでご飯を食べたり、お酒を飲んだりすることが簡単に叶います。

簡単に六角形以外の形にもできる!

このように、長方形の形にして使用することもできます。

キャプテンスタッグのヘキサテーブルセットは、6つのテーブルがセットになっています。

それらを六角形に並べると、上述のとおり、綺麗に焚き火を囲むことができる形になります。

さらに、並べ方を変えれば長方形にもできるのが、この製品の面白いところです。

その日の人数やキャンプスタイルに合わせて、テーブルの形を変えることができます。

自分好みの配置を見つけて楽しむことができるのは、嬉しいですね。

また、木製の板をはめこんでいくだけと、組み立てが簡単なのも嬉しいポイントです。

まずは、3枚の板をはめ込みます。

そして、上に板を置けば完成です。このように4枚の板で、1セットのテーブルになります。

木製なのでキャンプに馴染みやすい色合い!

近年では「インスタ映え」という言葉が流行しているように、インスタグラムなどのSNSに見映えのいい写真を投稿することがブームになっています。

キャンプでも、「映える写真」を撮ってSNSに投稿したい人も多いのではないでしょうか。

その際には、キャンプギアの色合いやバランスが重要になります。

キャプテンスタッグのヘキサテーブルセットなら、木製の暖かみのある色合いなので、どんなキャンプギアとも相性が良く、また、背景の自然ともマッチします。

このように、キャンプに行って綺麗な写真を撮りたい人にとっても、しっかりと役割を果たしてくれるキャンプギアであると思います。

実はソロキャンプにも使える

ここまでは、キャプテンスタッグのヘキサテーブルセットのグルキャンでの活用方法を解説してきました。

しかし、このヘキサテーブルセットは、ソロキャンプでも十分活用することができます。

6つのテーブルから成りますが、ソロキャンプのときは、そのうちの1、2セットだけ持っていけばOK。

このように、1つ購入すればグルキャンにもソロキャンにも使えるので、テーブルを何種類もそろえる必要がなくなります。

グループキャンプとソロキャンプの両方にいく人にとって、非常に便利なギアとなっているのです。

また、バラ売りもされているので、7セット以上ほしい場合や、1セット破損してしまったような場合にも、安心です。

この日は、友人4人とキャンプに行き、朝から焚き火をみんなで囲みながら、朝食を食べてくつろぎました。

まとめ

このように、キャプテンスタッグのヘキサグリルテーブルセットは、グループキャンプだけでなく、ソロキャンプでも十分活用することができます。

キャプテンスタッグ

CSクラシックス ヘキサグリルテーブルセット

製品サイズ(約) 幅1370×奥行1200×高さ270mm
収納サイズ(約) 800×200×厚さ200mm
重量(約) 14kg
耐荷重 10kg
材質(品質) 甲板の表面材:天然木化粧合板、表面加工:ウレタン樹脂塗装、その他の材料:脚部=天然木化粧合板

 

私が書きました!
アウトドアライター
えいしょう
北陸在住。北陸の海、山、食材をこよなく愛するアウトドアライター。週末に外でのむ酒、外で食べるキャンプ飯、そして焚き火。それだけを楽しみに毎日を生きています。好きなキャンプ飯は、自分で刺した「せせり串」です。北陸ならではのキャンプの魅力を伝えていけたらと思っています。
この記事をシェアしよう!

関連記事

『 テーブル 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。