CT125ハンターカブで初キャンプ[読者投稿記事] | キャンプ場 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

CT125ハンターカブで初キャンプ[読者投稿記事]

2021.09.08

ついに念願のCT125ハンターカブを買いました。
早速CT125ハンターカブでの初キャンプをしました。1ヶ月点検の前日にキャンプをして、キャンプ場からバイク館SOX名古屋みなと店に向かうって事で、SR125Bで参加したソロキャンジャンボリー の会場だった青川峡キャンピングパークでの初ツーリングキャンプをしました。

サブフレームにはSR125Bの時と同じくスタンレーのクラシックボトルを装着して、中には氷を詰めてもって行きました。
テントはSoomLoomのミリタリーテントを購入して、初張りをしました。
SoomLoomのミリタリーテントはCT125ハンターカブのシートとGIVIのリアBOXの間にジャストフィットして載せる事が出来ました。
東ドイツ軍バックをサイドバック代わりに装着して、バックの中にはシュラフ、エアーマット合羽、グランドシートを詰め、着替えとキャンプ用品はGIVIのリアBOXに詰めました。

SoomLoomのミリタリーテントを設営後にゲリラ豪雨から始まり、雨が降ったり止んだりの二日間でしたが、SoomLoomのミリタリーテントはポリコットンの生地ですが、時に強い雨が降ったり、止んだりの天候でも全く室内には浸水が無かったです。サイトも水はけが良く水溜りが発生したかったので、地べたスタイルでも全く問題なく過ごせました。
天候には恵まれませんでしまが、久しぶりのキャンプを楽しみました。

SoomLoomミリタリーテントの設営時に、初めてYouTubeのライブ配信をしました。

青川峡キャンピングパークのセンターハウスには、COCOpanが販売されています。

雨を肴に、センターハウスで購入した冷えた缶ビールを頂きました。

時折雨が降るので、SoomLoomミリタリーテントの前を跳ね上げてタープ代わりにしてる下でディドンガレージワークスさんのデルタ エリートを焚き火台して焚き火を楽しみました。

SoomLoomミリタリーテントのガイロープは反射式のロープなので、夜に足を引っ掛ける事が少なくなると思います。

朝食をCOCOpan炒め20で炒飯を炒めたら、雷が鳴る豪雨になりました。

※こちらの記事は過去の読者投稿によるものです。

HITOさん

COCOpan、ダッチオーブンやバイク
キャンプ、釣り、車中飯や車中泊お気楽に楽しんでいます。
車…デリカD5
バイク…HONDA CT125ハンターカブ
嫁さん
車…ミニキャブ miEV
バイク…ビラーゴ125改

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 キャンプ場 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。