お気に入りの焚き火台「Pocket Cooker」[読者投稿記事] | 焚き火・火おこし道具 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 焚き火・火おこし道具

    2021.07.05

    お気に入りの焚き火台「Pocket Cooker」[読者投稿記事]

    キャンプブームの昨今、様々な焚き火台が出てますが、以前は数えるほどしかありませんでした。
    特にソロ用となると、ほんの数種類。こちらはその中の一つで、「Pocket Cooker」という焚き火台です。

    アメリカ製で、お値段は3000円くらい(2013年当時)。
    残念ながら、今はもう廃盤になってしまったようです。

    ポケットクッカーというその名の通り、折り畳むと文庫本サイズになります。

    画期的な折り畳み構造をしていて、ガシャガシャっと広げるだけでこの形になります。
    大きさは、235×95×高さ120mm。

    奥行きがけっこうあるので、長めの薪も詰め込めます。調理にもしっかり使える、いい焚き火台です。
    ただ、スチール製なのでちょっと重量があります。重さは560g。

    このままでも充分な焚き火台なのですが、YouTubeの一号量産工場さんのアイデアを真似して、
    煙突を自作してロケットストーブ風に改造しました。

    その結果、煙突効果で燃焼効率が格段に上がりました。
    とは言え、真冬に暖をとるには不充分なので、これは春夏専用。
    なかなか他に類を見ない形で、気に入っています。

    ※こちらの記事は過去の読者投稿によるものです。

    SYUJIさん

    キャンプ歴25年。バイクと武道が好きなオヤジです。(心は小6)
    どうぞよろしくお願いいたします。

    YouTube
    https://www.youtube.com/user/psydolphin
    インスタ
    https://www.instagram.com/syuji_97/

    NEW ARTICLES

    『 焚き火・火おこし道具 』新着編集部記事

    ソロストーブのレンジャーをおすすめする理由!特徴から拡張アクセサリーまで紹介!

    2024.05.25

    対流式石油ストーブのトヨトミから、炎の美しさにこだわったおしゃれな焚火台が誕生

    2024.05.20

    焚き火台、焚き火シート、耐熱グローブ、火ばさみの焚き火台4点セットはいかが?

    2024.05.17

    オイルマッチは永久に使える?特徴から使い方まで紹介!

    2024.04.28

    おしゃれなたき火台13選!他人と被らないモデルを探そう

    2024.04.25

    ソロ、ファミリー別のおすすめ焚き火台10選!燃焼効率、超軽量、雰囲気重視モデルまで

    2024.03.31

    六角形の焚き火台ならキャプテンスタッグ!注目のラインナップからおすすめできる理由まで解説

    2024.03.29

    気軽に楽しめるサイズ!LOGOSのスウェーデントーチに、燃焼時間80分の小型バージョンが登場

    2024.03.25