世界にひとつだけのナイフ[読者投稿記事] | 刃物・マルチツール 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 刃物・マルチツール

    2021.05.06

    世界にひとつだけのナイフ[読者投稿記事]

    一生モノと呼べるほどの道具は正直持っていないのですが、唯一思い浮かんだのは、私がまだ高校生だった頃、今から30年くらい前に父が作ったこのナイフです。

    当時はインターネットのように便利なものは無かったので、どうやって作ればいいのか、どこで材料が手配できるのかは、本や雑誌に頼るのが普通だったと思うのですが、ある時、私が読んでいた雑誌に載っていたナイフの写真を見て、同じデザインのものを作ることにしたようです。
    サイズなども記載されていない1枚の写真だけが頼りだったので、その写真を見て図面を描き、雑誌に載っていた通販で鋼材を購入し、それを加工した後、また通販で焼入れに出し、戻ってきたらさらに磨いて刃を付けてと、完成まで結構な時間を要していたように思います。ただ、出来上がったナイフをみると、なかなかいい感じに仕上がっていたので、ちょっと感動したのを覚えています。

    このナイフ作りの中で私が協力したことといえば、グリップ部分の革のワッシャーの材料として、中学時代に使用していたカバンを提供してワッシャー状に切り抜いたこと、歪んだ刻印を打ったこと。あとは革のシースを作ったことです。(この写真では分かりにくいですが、私が作ったシース、実は刃が収まる向きがサウスポー仕様になっています。左利きの人は身近にいないのに…。)

    そんなナイフですが、あくまでも素人が趣味で作ったものなので、刃厚は厚めの仕上がりになっており、正直細かい作業には向いていません。また、基本的にバイクでのデイキャンプ派の私にとっては、本当はもう一回り小さなナイフがベスト。にもかかわらず、結局のところ今もバトニング専用のナイフとしてガンガン愛用しています。

    今では製作者の父も高齢となり、一緒にこのナイフを使う機会はもうないだろうと思いますが、これからも私が元気でいる限り、これまで以上に使い倒して一緒に歩んでいくつもりです。

    私が担当して作ったがために、左利き用の向きとなってしまった可哀そうなシース。

    ※こちらの記事は過去の読者投稿によるものです。

    yassさん

    3年ほど前に大型から原付二種をメインにしたところ、バイクの楽しさを再発見してしまったアラフィフです。
    主にバイクでのラーツーやデイキャンプ、たまに釣りって感じです。

    NEW ARTICLES

    『 刃物・マルチツール 』新着編集部記事

    キッチンナイフとハサミが一体化!刃物の名産地で作られたLOGOS「アウトドア用万能ハサミ」

    2024.05.31

    キャンプや焚き火におすすめナイフ&アックス19選!料理、薪割り、バトニングに使ってみた

    2024.04.07

    キャンプの鉈はトヨクニの「豆鉈」がおすすめ!小さいことはいいことづくめだった

    2024.03.15

    オピネルのナイフのサイズ比較。キャンプでおすすめは何番?

    2024.03.14

    トヨクニの包丁をアウトドアにもっていくならこれ!小ぶり包丁+ナイロンケースが最強

    2024.03.05

    ヘレナイフからナイフカバーが登場!お気に入りの1本を大切に保管しよう

    2024.02.17

    ベアボーンズだから頼もしい! 万能フィールドナイフを腰に下げてフィールドへ

    2024.01.26

    無人ビーチで実証!かほなん監修の新型「さばいどるナイフ」はサビに強し

    2024.01.12