スノーピーク焚火台M × tent-Markフラット焚火台専用ロストル[読者投稿記事] | 焚き火・火おこし道具 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 焚き火・火おこし道具

    2020.07.14

    スノーピーク焚火台M × tent-Markフラット焚火台専用ロストル[読者投稿記事]

     テンマクデザインのフラット焚火台専用ロストルは三角形のロストルが2枚入っていますが、たまたまそのうちの1枚だけバラで入手しました。
     サイズを事前に確認しておいたのでピッタリ合うとは思っていましたが、思っていたよりもさらにピッタリで、これが所謂シンデレラフィットというやつかと感動しました。
     焚火台の半分だけなので火の調整もやりやすいし、対角線の角がしっかりとハマるのでまったくズレたりしない。

    本来は2枚入り。そのうちの1枚。

    薪の火を使う場合も、薪を追加しやすい。

    角がしっかりハマってズレない。


    ※こちらの記事は過去の読者投稿によるものです。

    anomalocarisさん

    2003年からキャンプを始め途中空白期間を経て2019年からアスガルド7.1で再開。ニーモダガーストーム2p でソロキャンプも開始。気分次第で色々なキャンプスタイルを楽しんでいます。
    昔はホンダS2000でキャンプしたりしてましたが、今はルノーカングー とジープレネゲード でモノが増えても大丈夫。

    NEW ARTICLES

    『 焚き火・火おこし道具 』新着編集部記事

    “熾火”を思いっきり楽しめる薄暮舎の「熾火台」はこだわりのデザインと手軽さが魅力!

    2024.06.18

    A Productの焚き火台「iron oven」レビュー!ピザやステーキも楽しめるオーブン機能付き

    2024.06.17

    気軽に焚き火を楽しみたい!を叶える折りたたみ式焚火台「Butterfly Fire Stand」はいかが?

    2024.06.15

    ベルモントの焚き火台「TABI」の魅力を解説!超軽量&コンパクトで料理にもピッタリ

    2024.06.12

    100均の焚き火シートを活用!ダイソー・セリア・キャンドゥ各社のシートを紹介

    2024.06.11

    焚き火ベストは何が便利?おすすめのポイントと商品を余すところなく紹介!

    2024.06.02

    ソロストーブのレンジャーをおすすめする理由!特徴から拡張アクセサリーまで紹介!

    2024.05.25

    対流式石油ストーブのトヨトミから、炎の美しさにこだわったおしゃれな焚火台が誕生

    2024.05.20