焚き火は私たちの『五感』を・・・[読者投稿記事] | 焚き火・火おこし道具 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 焚き火は私たちの『五感』を・・・[読者投稿記事]

    2019.04.01

    『来た時よりもキレイにして帰る』のは、アウトドアを楽しむ上では当たり前のことだけど、焚き火のマナーとして、地面には出来る限りダメージを与えないよう細心の注意は払いたい。

    だから「SHO’S×BE-PAL ステンレスミニ焚き火台」を使う時には、その兄貴分(?)であるSHO’S のB-6君の土台部分を活用します。ローインパクトにこだわっている逸品ですから。

    たっぷりと焚き火を楽しみたいから、たっぷりと薪を用意します。

    焚き付けには松ぼっくり!といいたいところだけど、このサイズの焚き火台にはヤシャブシの実ぐらいがちょうど良いかな。

    焚き火料理も楽しいけれど、焚き火台なのだから自分はやっぱり焚き火を楽しみます。こんなにも小さな炎だというのに、とても力強くて本当に温かい。地面とのクリアランスも十分にあるので安心です。

    煙突効果があるのか、一度燃え出すと火力はすぐに強くなります。さすがはSHO’S の焚き火台。

    炎のゆらぎを目で受けとめ、パチパチと奏でる音色を耳で聴いてリラックスし、燻された香りを鼻で楽しみ、温かさを肌で感じて、焚き火料理を舌で堪能することまで出来てしまう。そう、焚き火は私たちの『五感』をやさしくも刺激してくれるのです。

    キレイでピカピカな焚き火台も良いけれど、焼き目が付いた焚き火台の方が自分はやっぱり好きだな。そろそろ本格的なキャンプシーズンの到来ですが、今年はこの焚き火台を思いっきり使い倒してみたいですね!


    ※こちらの記事は過去の読者投稿によるものです。

    ながいあきらさん

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 焚き火・火おこし道具 』新着編集部記事

    設営までわずか10秒!機能面も文句なしのVASTLAND焚き火台が登場

    2022.12.03

    いつもの焚き火がさらに快適!かゆいところに手が届く6つの道具を紹介

    2022.12.03

    焚き火用ブロワーにもランタンにもなるエアポンプ!?

    2022.11.30

    子どもも簡単に組み立てOK!八王子の町工場が手掛ける焚き火台キット「小焚台」

    2022.11.26

    オープン型なのに二次燃焼が可能!新スタイルの焚き火台が登場だ

    2022.11.24

    親指だけで炭火をおこす!画期的な「熱風火おこし器」が日本初上陸

    2022.10.24