日本最大級!「ジャパンキャンピングカーショー2022」 幕張メッセに最新キャンピングカーが集結! | キャンピングカー 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

日本最大級!「ジャパンキャンピングカーショー2022」 幕張メッセに最新キャンピングカーが集結!

2022.02.06

300台もの新型&定番キャンピングカーが見られる絶好のチャンス!

「ジャパンキャンピングカーショー」と言えば国内最大級の規模を誇るキャンピグカーの祭典。2022年は210日(木)~13日(日)の4日間、千葉県・幕張メッセ国際展示場での開催が決まりました。会場ではキャンピングカーはもちろんのこと関連用品の展示に加えて、キャンピングカーの新しい活用法を提案するコンセプト展示、キャンプ場や観光施設などの旅先紹介、外遊びをテーマとしたゾーンなど、一日中楽しめる内容になっています。

ジャパンキャンピングカーショー2021年の模様

ジープ グラディエーターにフィアット デュカートが初披露

「ジャパンキャンピングカーショー」の一番の見どころは、全国にあるキャンピングカービルダーやインポーターが一堂に集結し、最新モデルを数多く出展していることです。このショーで初披露されるモデルをチェックすれば、キャンピングカーのトレンドや最新装備が見えてくるでしょう。

今年は「守る、働く、楽しむ。」がテーマ。コロナ禍の今、クルマ旅やアウトドアを楽しむという本来の使い方はもちろんのこと、テレワークやワーケーションの拠点として、レジャーの際は電車や飛行機など不特定多数の「密」を避ける交通手段として、災害の避難用シェルターとしてなど、キャンピングカーの可能性を追求。こうしたテーマの下、多くの新型車が多く展示される予定です。

さらに、FCAジャパン株式会社がニューモデルの「ジープ グラディエーター」と、先日日本導入が正式アナウンスされた欧州キャンピングカーのベース車両一番人気「フィアット デュカート」が展示されるのも大注目です。

昨年12月より国内受注がスタートしたジープブランドの5人乗りピックアップトラック「グラディエーター」。

日本市場にも参入予定の「フィアット デュカート」。欧州での人気モデルをベースにしたサンライト社「クリフ600」(東和モータース販売)も展示される。

いろんな車両を実際に見て触れられる絶好のチャンス!

会場ではほとんどの車両に座ってみたり寝てみたりと、実際に触れることができるので、キャンピングカー未経験の人でもクルマのサイズ感をはじめ、装備や使い方などがよく分かるのが魅力です。ブースにいる説明員の人も親切に説明してくれるので、メンテナンスや納期などキャンピングカーというハードルもグンと下がります。

コンパクトで人気のタウンエースベースのキャンピングカーも多数登場! 写真はキャブコンバージョンのAtoZ「ALEN-H」。

デビューしたばかりのレトロ調なドイツのキャンピングトレーラー「ビーチー」。けん引免許が不要。

今年も100万円台の軽キャンパーから1000万円以上する超高級モーターホームまで、多彩なキャンピングカーが展示され、見て回るだけでも楽しめるはず。

会場はもちろんペットの同伴も可能。こまめな手洗いやうがいなど、新型コロナウイルス感染予防を徹底しつつ、会場に足を運んでいろいろなキャンピングカーに触れてみてはいかがでしょうか? 

人気の軽キャンパー。ホワイトハウスの「N-VAN Compo」にマリーンズ仕様が登場!

「ジャパンキャンピングカーショー2022

会期・開催時間:

  • 210() 11:0018:00
  • 211() 10:0019:00
  • 2月12() 10:0019:00
  • 2月13() 10:0017:00 

会場:幕張メッセ国際展示場1〜4ホール(千葉県千葉市美浜区中瀬2-1) 

主催:ジャパンキャンピングカーショー2022実行委員会

協力:オートキャンパー・キャンプカーマガジン・カーネル

入場料 :

  • 【前売券】大人 (高校生以上)800円 小人(小・中学生)500 
  • 【当日券】大人(高校生以上) 1000円 小人(小・中学生)/600 
  • ※未就学児無料 ※ペットケア費:1 500円/2頭以上 1000
  • ※障がい者の方と付き添いの方1名無料(手帳など持参)

イベント公式ホームページ

https://jrva-event.com/jccs/ 

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 キャンピングカー 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。