息を吹きかけると火が大きくなる! お世話が楽しい焚き火おもちゃ | 道具・ギア(買い物) 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

息を吹きかけると火が大きくなる! お世話が楽しい焚き火おもちゃ

2022.02.07

焚き火オモチャの火(光)がついている。

空前の、と言ってよいほどの焚き火ブームが続いているが、とうとうこのようなおもちゃまで登場した。タカラトミーアーツの焚き火ガジェット「ファイヤーウッドホーム」である。

おもちゃといっても侮ってはいけない。火(光)をつけるときはマッチをこする要領でタッチセンサーをこする。

火を大きくするときはブレスセンサーに息を吹きかける。そうすると、「ブォー」という炎が上がる音がして、「パチパチ」と薪がはぜる音がする。

焚き火おもちゃに息を吹きかけて火(光)を大きくしている。

火が大きくなると楽しい。

息を吹きかけないでいると、火は弱くなり、やがて消えてしまう。本物の焚き火と同じようにお世話が必要なのだ。

コロナ流行や悪天、多忙などによって出かけられないときは、このおもちゃで心をなぐさめてはいかがだろうか。

火(光)のついていない状態の焚き火おもちゃ。

直径は約17cm。

焚き火おもちゃの操作部分。

真ん中のセンサーにタッチしたあと、左上の穴に向かって息を吹きかけると火(光)が大きくなる。右の炎マークのセンサーを左から右にこすると火が大きくなる。左右にすばやくこすると火が消える。

焚き火おもちゃの後ろ側のスイッチ部分。

後ろのスイッチ部分。「O(アウトドア)」モードのほかに「L(ライト)」モードがある。「L」モードにすると、息を吹きかけたり、センサーをこすらなくても火が消えないので、卓上の明かりとして使用できる。右のスイッチは音量調節。

【大人の逸品】小学館PALSHOPの動画もご覧ください。

5,940円

※この商品は[通販サイト]「大人の逸品」から購入できます。

焚き火ガジェット「ファイヤーウッドホーム」

https://www.pal-shop.jp/category/IP_001_000_000/A55202008.html

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 道具・ギア(買い物) 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。