山にキャンプに!スノーピーク「アルミパーソナルクッカーセット」がとにかく万能すぎる! | 調理器具・食器 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

山にキャンプに!スノーピーク「アルミパーソナルクッカーセット」がとにかく万能すぎる!

2022.01.20

スノーピークのクッカーセット

写真は筆者の私物です。

初心者におすすめなスノーピークのクッカーセット

キャンプ飯を作りたいけれど、フライパンに深鍋、取り皿などの食器類を複数持っていくのは面倒になりませんか?

そんなときに便利なのが、スノーピークの「アルミパーソナルクッカーセット(以下、クッカーセット)」です。

このクッカーセットは、煮る、焼く、沸かすなど様々な調理に対応。

ガス火でも焚き火でも使うことができ、キャンプで大いに活躍してくれる優れたギアなのです。

今回は、アルミパーソナルクッカーセットを愛用者目線で紹介します。

スノーピークのクッカーセットとは

スノーピークのクッカーセット

クッカーや取り皿として使用できる便利なクッカーセットです。

アルミパーソナルクッカーセットは、深型、浅型と2種類の鍋がセットになったクッカーセットです。

深型鍋は汁物料理などに向いていて、浅型鍋は煮込み料理や炒める料理に最適です。

鍋の蓋は、フライパンとして使用できるほか、取り皿としても使用が可能。

そのため、このクッカーセット1つあるだけで様々な調理ができてしまいます。

また、深型鍋の中に浅型鍋を格納できるため、持ち運びに便利な上、収納スペースをとられないというメリットもあります。

そして、素材はアルミ。ステンレスやチタンと比べると、熱伝導率が高く、食材に早く熱を通せるため短時間で調理が可能です。

このようにあらゆる点においてキャンプに最適なクッカーセットが、スノーピークのアルミパーソナルクッカーセットなのです

スノーピークのクッカーセットの特徴5選

1.鍋の内側にメモリ付き

鍋内側の軽量メモリのアップ

2つの鍋内側にメモリが付いています。

2つの鍋の内側には、計量できるメモリが付いています。

1つは、300mlと600mlのメモリ。

もう1つは、400mlと200ml。

正確に水を入れることができるため、料理の失敗もしにくくなります。

2.滑りにくく持ちやすい持ち手部分

鍋の持ち手部分

持ち手部分は、交差していて滑りにくいです。

鍋の持ち手部分は、クロスしているので持ちやすく、さらに滑りにくいのが特徴です。

そのため、カップを持つように指を差し込み持ち上げれば、ホールド感が増します。

もちろん、グローブをしたまま握ることもできます。

3.重ねて収納できる

クッカーセットを重ねて収納した状態

鍋を重ねて収納できるため、コンパクトになります。

色々な料理を同時にしたい場合、最低でも2つは持ち運びたいクッカーですが、収納スペースはあまり取られたくはありません。

そんなあなたに最適なのが、このスノーピークのクッカーセット。

深型鍋の中に浅型鍋を重ねて格納することができます。

そのため、コンパクト収納できてザックやコンテナの場所を取られずにすみます。

筆者のコンパクト収納はこちら

筆者のコンパクト収納の例

筆者は、このようにコンパクト収納してます。

実際に収納している方法をご紹介します。

深型鍋の中に浅型鍋を格納し、さらにその中にカップを収納しています。

そして、カップの中にフォークやスプーンをパッキングして持ち歩いています。

パッキングする理由は、移動中に音が鳴ることを防ぐためや、ギア同士がぶつかることで傷つくのを防ぐためです。

4.ガス火に対応している

ガス火のアップ

ガスの火に鍋を掛けることができます。

コンパクトガスバーナーにも対応しているため、ガスコンロでの使用も可能です。

長時間、火にかけていると多少色が変化します。ただ、使用感が出るため「育てがいのあるギア」と言えます。

5.焚き火にも対応している

このクッカーセットは、焚き火にも対応しています。

ただし、遠火や熾火などで使用することが前提となっているため、火加減の調整が必要です。

焚き火だとクッカーに煤が付き、黒くなってしまいますが、無骨さが伝わり、ブッシュクラフト感が感じられて魅力的な雰囲気になります。

クッカーセットの使用例

ここからは、実際に筆者のクッカーセット使用例を紹介していきます。

鍋蓋は取り皿として使える

鍋蓋を取り皿として使用し、料理を盛り付けている

鍋蓋は取り皿として使用することができます。

鍋蓋は、取り皿や盛り皿として使用できます。

小さい蓋は箸休め用の一品、大きい蓋は汁物などを取り分けるのに便利です。

それ以外にも、サラダやご飯、焼肉のタレ入れに使うなど、様々な使い方が可能です。

煮込み系の料理に最適

鍋で煮込み系の料理を調理

大小どちらの鍋も煮込み系の料理に最適です。

大小どちらのクッカーもインスタントラーメンやカレー、シチューなど煮込み系の料理に最適です。

内側にはメモリが付いているので、正確な水分量で料理ができ、味にブレがない調理ができます。

フライパン代わりになる鍋蓋

鍋蓋をフライパンとして使用

フライパン代わりになる鍋蓋です。

鍋の蓋は、火にかけることができ、フライパンとしても使用できます。

そのため、鍋で煮込み料理を調理中に、焼肉や餃子、野菜炒めなどを同時進行して作ることができます。

調理後は、そのままテーブルに運んで食べることができるので、わざわざ取り皿を使う必要もありません。

ソロキャンプにも最適なクッカーセット

クッカーセットを並べている

ソロキャンプで大活躍してくれるクッカーです。

スノーピークのクッカーセットは、煮る、焼く、沸かすなど様々な料理に対応。

また、重ねて収納できるため、収納スペースに困ることもありません。

そして、ガス火や焚き火にも対応しているので、お好みのキャンプシーンで大活躍してくれること間違いなしのクッカーです。

これ1台あれば、料理の幅が広がり、取り皿を忘れる心配もありません。

どのクッカーセットを購入しようか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

スノーピーク アルミパーソナルクッカーセット

サイズ:Lポット(直径148×80mm・1.150ml)・フタL(直径155×36mm・550ml)、S ポット(直径126×76mm・800ml)・Sフタ(直径132×32mm・350ml)

重量:500g

収納サイズ:直径155×100mm

容量:Lポット(1.150ml)、Sポット(800ml)、Lフタ(550ml)、Sフタ(350ml)

材料:本体/アルミニウム(アルマイト)、ハンドル/ステンレス銅

https://www.snowpeak.co.jp/

私が書きました!
キャンプライター
ばじりこ
静岡県在住。ソロキャンプやブッシュクラフトが中心のキャンプライター。海・山・川沿いでキャンプができる場所を見つけてはテントを張り、家庭菜園で育てた野菜とともにバジルを使った焚火料理を楽しんでいます。まさに、自然が最高の遊び場!これまでの経験を生かし多くの方にキャンプと自然の良さをお伝えできればと思っています。
この記事をシェアしよう!

関連記事

『 調理器具・食器 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。