衝撃!土の中から落花生が!!!〜大人になって初めて知る落花生栽培【動画あり】 | 農業・ガーデニング 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 衝撃!土の中から落花生が!!!〜大人になって初めて知る落花生栽培【動画あり】

    2021.11.30 農業雨のちハレ、ときどき農業生活

    2度目の秋冬シーズンに入った100%オーガニックの鎌倉野菜を育てる『雨のちハレ、ときどき農業生活』の中で、やめられない止まらないのが落花生です。植える種類は焙煎落花生向けの品種「千葉半立(ちばはんだち)」とゆで落花生向けの品種「おおまさり」の2つ。栽培方法はとても簡単ですが、収穫は驚きでした。

    食べられそうな落花生をそのまま植えます。

    20倍速動画で一連の流れをどうぞ!

    ミニ耕運機「こまめ」で土を耕して畝を作り、最終的に水と二酸化炭素に分解される生分解性の黒マルチを敷いて、タネを植え、カラス対策用に白いネットを張るまでの一連の流れを20倍速にしてあります。あとは勝手に育つのを待つだけです。

     

    衝撃の収穫作業も動画で!

    カラスに食べられないようにネットも!

    カラスに食べられないようにネットも!

    カラス対策用の白いネットの効果もてきめんで、順調に育ってくれた「おおまさり」と「千葉半立」を収穫できたのは植え付けから約5か月後のこの秋です。去年も育てた落花生は、収穫後の”現物支給”はあったものの、タイミングを逸して収穫作業そのものができなかったこともあり、今年こそ!と意気込んでいました。

    一株が地下ネットワークのようにつながっている。

    その初めての落花生の収穫は衝撃そのものでした。「え!? 落花生って土の中から出てくるの!?!?」って。

    土の中から落花生が出現!

    茎がネットワークを形成して一株単位の集合体になっていて、下から上に引っ張ると土から剥がれるようにプチプチと音を立てながら落花生が出現してくるんです。プチプチと剥がれる手の感触の余韻に浸りながら、この衝撃は今年一かもしれません。

    皆さんは知ってました? 落花生は土の中で成長し、土の中から引っ張るように収穫することを、大人になるまで、自分で収穫するまで全く知りませんでした! では、衝撃の様子を動画に収めてあるので、どうぞ。

     

     

    そして、地味すぎる摘み作業

    一株をかたまりで収穫する。

    このように一株単位で落花生を土から剥がし取って、天日干しにし、一粒ひとつぶ摘み取っていきます。これが地味で地味で(汗)。黙々と、淡々と、いつしか会話もなくなり、無の状態で摘んでいきます。そんなただ一粒ひとつぶ摘み取っているだけのシュールな動画で、今日は終わります。まだまだ知らないことは沢山あるもんですね。

    私が書きました!
    フリーライター
    山田 洋
    2020年3月から、「ときどき農業生活」を始める。きっかけは「耕作放棄地を農地に再生したい!」と、1200平米ほどの農地を借りた友人のお手伝いから。リモートワークと並行しながら、100%オーガニックの鎌倉野菜を育てるために雑草との格闘を続けている。

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 農業・ガーデニング 』新着編集部記事

    BE-PAL創刊編集長の目利きモノ選び!水やりがひと目でわかるチェッカー

    2022.11.22

    収穫前にも美味しく食べられる!秋蒔き大根を育ててみませんか?

    2022.10.31

    秋作!4種類のジャガイモを植えてみた

    2022.09.22

    【意外!?】タネは、収穫後に採って、次の年に利用しているわけではない!

    2022.08.25

    田んぼ、はじめませんか?

    2022.08.22

    被害額は160億円!農業は、天候よりも手強い外敵との戦いだ

    2022.08.18