アウトドア用の収納ボックス11選。キャンプやBBQに大活躍 | 道具・ギア 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • アウトドア用の収納ボックス11選。キャンプやBBQに大活躍

    2021.12.30

    キャンプやBBQの準備中に、道具をどのように収納すれば良いか分からずに悩んだことはありませんか?アウトドア用の収納ボックスを活用すると、車のトランクにもきれいに収まります。用途に合わせて、ふさわしい収納ボックスを探してみましょう。

    アウトドアに欠かせない収納ボックス

    キャンプ用ツールボックスの上にランタン、バーナーなどのキャンプ道具

    写真提供:フィールドア

    キャンプやBBQといったアウトドア・アクティビティを楽しむには、さまざまな道具を準備する必要があります。しかし、それらを上手に収納しなければ車内に積み込むことはできません。そのようなときに役立つのが、アウトドア用の収納ボックスです。

    持ち運びや保管に便利

    アウトドアでは、テントやタープといった大きな道具だけでなく、こまごましたアイテムもいろいろと用意しなければなりません。大きな道具にはたいてい専用の収納袋が付属していますが、そうでないものは自分で上手にまとめることが大切です。

    収納ボックスをうまく活用すればアイテムの種類ごとに分けておけるので、「あの道具をどこに置いたかわからなくなってしまった」といった事態を招く心配がありません。また、こまごましたアイテムの保管がしやすくなる点も、大きな魅力の一つといえるでしょう。

    収納ボックスは用途に合わせて選ぶ

    キャンプを楽しむ若い女性

    (出典) photo-ac.com

    収納ボックスにはさまざまな種類が存在します。用途に合わせて最適なものを選ぶと、持ち運びや保管がより便利になります。どのようなときにどのような収納ボックスを選べば良いのか、用途ごとに詳しく見ていきましょう。

    使わないときは折りたためる「ソフトタイプ」

    「使わないときは折りたたんで保管したい!」という場合には、ソフトタイプの収納ボックスがおすすめです。布・ナイロンといった柔らかい素材で、簡単に折りたたむことができます。他のタイプと比べて軽量のため、子どもや女性が持ち運びやすいのも魅力の一つです。

    また、柔軟に形を変えられるので、車のトランクスペースを有効活用したい場合にも最適といえるでしょう。キャンプ用品のメーカーはもちろん、バッグメーカーからもおしゃれなデザインの収納ボックスが販売されているため、見た目を重視したい人にもおすすめです。

    荷物置きや椅子にもなる「ハードタイプ」

    「耐久性が高い収納ボックスを使いたい!」という場合には、ハードタイプの収納ボックスがおすすめです。樹脂・金属といった硬い素材を使用しているため、中のアイテムが押しつぶされてしまう心配もありません。

    また、収納以外の使い方ができる点も大きな魅力の一つです。食事中などに椅子として活用したり、一時的な荷物置き場にしたりと、状況に応じてさまざまな使い方ができます。

    ただしソフトタイプのように形を変えられるわけではないため、車に積むときは事前にサイズを確認しておく必要があるでしょう。

    調味料を入れるなら「スパイスボックス」

    「調味料をまとめて持ち運びたい」という場合は、調味料の収納に適したスパイスボックスがおすすめです。仕切りを入れてきれいに収納すれば、液漏れなどのリスクを抑えることができます。

    また、一箇所にまとめておくことで、料理中に取り出しやすくなるのもメリットの一つです。『どこにどの調味料があるか』の把握が簡単になり、調理の時短にも繋げられます。

    BBQやキャンプにおいて、料理に力を入れたい人には必須のアイテムといえるでしょう。

    ソフトタイプの収納ボックス

    キャンプ用ツールボックス

    写真提供:キャプテンスタッグ

    ソフトタイプの収納ボックスを上手に利用すれば、狭いスペースも有効活用できるようになります。おすすめのソフトタイプ収納ボックスを紹介していきますので、ぜひ自分に合う商品を見つけてみましょう。

    コールマン「ラギッドマルチコンテナー LL

    キャンプ用ツールボックス

    コールマンが販売している「ラギッドマルチコンテナー LL」は、ソフトタイプでありながら丈夫で、汚れを落としやすいのが特徴です。整理整頓を行うときに便利なディバイダーが付いているため、ボックス内でアイテムが散らかってしまう心配もありません。

    汚れを落としやすいという魅力があるので、キャンプやBBQで汚れてしまったアイテムも安心して収納できるでしょう。

    • 商品名:コールマン「ラギッドマルチコンテナー LL」
    • Amazon:商品ページ

    スノーピーク「スノーピーク マルチコンテナ L

    スノーピークが販売している「スノーピーク マルチコンテナ L」は、四角い形状が特徴のソフトタイプ収納ボックスです。耐久性に優れた芯材素材ベルポーレンがボックスの底に設置されており、自由に取り外しできるため、運ぶものに応じて柔軟に使い分けることができます。

    Sサイズ・Mサイズも販売されているので、ペグ・調理器具・ガス管など、さまざまなアウトドア用品の持ち運びにおすすめのボックスといえるでしょう。

    • 商品名:スノーピーク「スノーピーク マルチコンテナ L
    • Amazon:商品ページ

    キャプテンスタッグ「キャプテンスタッグ 帆布 ツールバッグ M

    キャンプ用ツールボックス

    キャプテンスタッグが販売している「キャプテンスタッグ 帆布 ツールバッグ M」は、オリーブ色の落ち着いたデザインが特徴のソフトタイプ収納ボックスです。内側にはメッシュポケットが付いているため、細かいアイテムの収納場所にも困りません。

    BBQの調理道具やテント設営ツールなど、用途に応じて柔軟にアイテムを収納できるでしょう。

    • 商品名:キャプテンスタッグ「キャプテンスタッグ 帆布 ツールバッグ M
    • Amazon:商品ページ

    ザ・ノース・フェイス「BCギアコンテナ」

    ザ・ノース・フェイスが販売している「BCギアコンテナ」は、 ブランドのロングセラーモデルとして多くのユーザーに支持されています。リサイクルポリエステルとTPEファブリックラミネートが使用されており、耐摩耗性に優れているのが特徴です。

    また、ディバイダーが3枚付属しており、収納するアイテムに応じて柔軟にボックス内のスペース調節を行なえる点も魅力の一つです。ボトム部分にはEVAパッドが入っているので、車にも安心して積み込めるでしょう。

    • 商品名:ノースフェイス「BCギアコンテナ」
    • 楽天:商品ページ

    ハードタイプの収納ボックス

    キャンプ用ツールボックス

    写真提供:ロゴス

    耐久性を追求したい場合や、椅子としても活用したい場合には、ハードタイプの収納ボックスが適しています。おすすめのハードタイプ収納ボックスを紹介しますので、用途やシーンに合わせて選んでみてください。

    フィールドア「アルミコンテナボックス L

    キャンプ用ツールボックス

    フィールドアが販売している「アルミコンテナボックス L」は、耐久性に優れたアルミ製のハードタイプ収納ボックスです。重厚なデザインのため重い収納ボックスのように見えるかもしれませんが、アルミの重量は鉄や銅の3分の1と、そこまで重くありません。

    かといって『軽い=弱い』というわけでもなく、重量あたりの強度を示す『比強度』に優れているので、椅子として使用したい人にもおすすめです。使い込むほどに味が出てくるのも、アルミ製ボックスならではの魅力といえるでしょう。

    • 商品名:フィールドア「アルミコンテナボックス L」
    • Amazon:商品ページ

    ロゴス「スタックコンテナ・20(蓋付)」

    キャンプ用ツールボックス

    ロゴスが販売している 「スタックコンテナ・20(蓋付)」は、110kgまでの重さに耐えられるハードタイプ収納ボックスです。

    蓋の部分にはフチが付いているため、テーブルとして使用しても物が転がり落ちる心配はありません。耐荷重も十分にあるので、テーブルだけでなく椅子としても使用したい人にもおすすめです。

    また、ボックスの左右には滑り止めの付いたハンドルがあり、車への積載も簡単に行なえるでしょう。

    • 商品名:ロゴス「スタックコンテナ・20(蓋付)」
    • 楽天:商品ページ

    キャプテンスタッグ「コンテナボックス No.45(ブラック)

    キャンプ用ツールボックス

    キャプテンスタッグが販売している「コンテナボックス No.45(ブラック)」は、用途に合わせてさまざまなアイテムを収納できます。キャンプやBBQといったアウトドアはもちろん、車載工具や洗車用品の収納にも向いているでしょう。

    また、蓋には目盛が付いているため、アウトドアで何かしらのサイズを測る必要があるときときにも便利です。

    • 商品名:キャプテンスタッグ「コンテナボックス No.45(ブラック)」
    • 楽天:商品ページ

    トラスト「ソーラージトートウィズリッド 75L

    トラストが販売している「ソーラージトートウィズリッド 75L」は、「THOR」というロゴプリントが特徴的なハードタイプ収納ボックスです。プラスチックの業務用ボックスのようなデザインは、BBQやキャンプといったアウトドアシーンにもしっかりと馴染みます。

    ブラック・グレー・オリーブの3色が展開されているので、アウトドアでの利用はもちろん、おしゃれなインテリアとしても活用できるでしょう。

    • 商品名:トラスト「ソーラージトートウィズリッド 75L」
    • Amazon:商品ページ

    スパイス用の収納ボックス

    キャンプ用ツールボックス

    (出典) photo-ac.com

    「アウトドアでは料理にも力を入れたい!」という場合には、スパイス用の収納ボックスがあると便利です。おすすめのスパイス用収納ボックスを紹介しますので、自分に合ったものを見つけてみてはいかがでしょうか。

    tent-Mark DESIGNS「ワーカーズオカモチ

    キャンプ用ツールボックス

    tent-Mark DESIGNSが販売している「ワーカーズオカモチⅡ」は、家庭で使用している一般的な醤油・油などもスッポリと収まる高さの収納ボックスです。 塩・胡椒・ハーブミックスといった小瓶、包丁・まな板などの調理小物も一緒に収納することができます。

    わざわざ調味料を小瓶に分けてから運ぶ必要がなく、キッチンから直接収納して持ち運べるのは大きな魅力といえるでしょう。

    • 商品名:tent-Mark DESIGNS「ワーカーズオカモチⅡ」
    • Amazon:商品ページ

    コールマン「スパイスボックスⅡ」

    コールマンが販売している「スパイスボックスⅡ」は、内側にあしらわれた緑と黄色の模様が特徴的な収納ボックスです。パッド入りで、安心して調味料を持ち運ぶことができます。

    また、サイズの異なる調味料を上手く収納するための仕切りも付いているので、ボックス内で調味料同士がぶつかってしまうこともありません。

    • 商品名:コールマン「スパイスボックスⅡ」
    • Amazon:商品ページ

    196「スパイスボックス 大」

    196が販売している「スパイスボックス 大」は、コストコのキッチンペーパーを上部に設置できる収納ボックスです。ひのき素材なので抗菌性に優れ、料理に用いるスパイスボックスとして長く安全に利用できます。

    また、天然の木材が使用されているということもあり、商品ごとに木目の表情が違うのも魅力の一つです。使い込むごとに変化していく色合いを楽しみながら、利用してみてはいかがでしょうか。

    • 商品名:196「スパイスボックス 大」
    • 楽天:商品ページ

    使いやすく収納するコツ

    キャンプ用ツールボックスを車に積み込んでいるところ

    写真提供:フィールドア

    収納ボックスは、アウトドア用品をきれいに収納する上で欠かせないアイテムです。しかし、ただ思いつくままに入れていくだけでは機能的に収納することはできません。より使いやすく収納するためのコツを詳しく紹介します。

    ジャンル別にまとめる

    アウトドア用品を使いやすく収納するコツは、ジャンルごとに分けて収納ボックスに入れることです。『寝具』『調理器具』『焚き火台』といったように用途別にアイテムをまとめておくと、使うときの準備もスムーズに進められるでしょう。

    また、収納ボックスに何が入っているかわかりやすくするためにシールを貼っておくのも有効な手段です。特に、同じボックスを複数使用する場合は中身がわかりにくくなるため、シールやステッカーを活用すると良いでしょう。

    仕切りがあると整理しやすい

    整理整頓の仕方次第で収納できるアイテムの量も変化するので、 仕切りを上手に活用してみましょう。仕切りを使用せずに小さなアイテムを収納すると、かさばったり、ボックス内でバラバラに散らかってしまったりします。

    仕切り方を自由に変えられる収納ボックスも多いので、ぜひ有効活用してみてください。

    まとめ

    アウトドア用の収納ボックスには『ソフトタイプ』 『ハードタイプ』『スパイスボックス』の3種類が存在します。用途に合わせて使い分けることで、アウトドア用品を持ち運ぶときの負担を軽減できるでしょう。

    限られたスペースを最大限に活用するためには、アイテムを機能的に収納することが大切です。用途に合った収納ボックスで、アウトドア・ライフを充実させてみてはいかがでしょうか。

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 道具・ギア 』新着編集部記事

    設営までわずか10秒!機能面も文句なしのVASTLAND焚き火台が登場

    2022.12.03

    いつもの焚き火がさらに快適!かゆいところに手が届く6つの道具を紹介

    2022.12.03

    キャンドルの炎で癒やされながら飲みものを温める「CROSS WARMER」使い心地は?

    2022.12.01

    SOTO「フィールドチャッカーST-430」はマストバイ!愛用者が熱く紹介

    2022.11.30

    ポカポカで超快適! 冬キャンのお役立ちドーム、テント&タープ12選

    2022.11.30

    焚き火用ブロワーにもランタンにもなるエアポンプ!?

    2022.11.30