年間100トンも降り積もる桜島の火山灰を再利用!蓄熱性に優れた「火山灰プレート HAI」 | 調理器具・食器 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 調理器具・食器

    2021.08.24

    年間100トンも降り積もる桜島の火山灰を再利用!蓄熱性に優れた「火山灰プレート HAI」

    桜島の噴火により大量に降り積もる火山灰。その量は年間100トンを超えることも珍しくないが、そのほとんどは何にも有効活用されていない。このような状況下で、火山灰を何か有効活用できないかという想いを持った技術開発者と、美濃焼の産地である土岐市の「見谷陶器」がつながった。そしてクラウドファンディングプロジェクトを経て完成したのが「火山灰プレート HAI」だ。

    火山灰によって煙が少ないプレートが実現

    長方形型(1人~3人用)一般予定販売価格 計:10,100円

    「火山灰プレート HAI」は火山灰を使用していることによって、高い遠赤外線放射率を実現。高い火力にしなくても食材の中から発熱することができるほか、蒸発する油が従来よりも少ないので、煙を押さえる効果もある。だからアウトドアはもちろん、家の中でも直火によるバーベキューができる。

    丸型(1人~4人用) 一般予定販売価格 計:14,100円

    蓄熱性にも優れているので少しの火加減で熱が全体に伝わり、火を消した後もしばらくの間は予熱で食材を温めておくことができる。冷えると固まりやすいピザも、とろとろチーズのまま楽しめるのだ。

    正方形型(1人~2人用) 一般予定販売価格 計:10,100円。

    形状はピザやケーキを焼くときに便利な丸型と、焼き鳥を焼くときにもピッタリな長方形型の二種類。ほかソロキャンプにピッタリな1人用の正方形型もある。それぞれサイズも重量もコンパクトなので簡単に持ち運びが可能で、収納場所にも困らない。また火山灰を有効活用することは、SDGsの実現にもつながる点も注目したい。

    コンパクトなプレートはそのまま食器代わりにつかっても良さそう。

    オンラインストア:https://www.rakuten.ne.jp/gold/mitanitouki/
    Instagram:https://www.instagram.com/mitanitouki.official/

    NEW ARTICLES

    『 調理器具・食器 』新着編集部記事

    アウトドアで使いやすい!ダイソーのコーヒードリッパー&フィルター3選

    2024.05.23

    屋外でコーヒーを淹れるならパーコレーター!仕組み、使い方からその魅力まで徹底解説

    2024.05.19

    「飯盒炊爨」と「飯盒炊飯」どちらが正しい?おすすめ商品や調理方法も紹介

    2024.05.14

    キャンプでの羽釜のすすめ。使い方やおすすめの商品を9個紹介

    2024.04.26

    炊く、煮る、焼く、蒸す!曲げわっぱをモチーフにしたスノーピーク「ワッパークッカー」

    2024.04.22

    HARIOのおすすめコーヒーミルを紹介!アウトドア向けモデルも

    2024.04.20

    スノーピークマグカップ5選|保温保冷に優れ軽量丈夫な名品チタンマグ

    2024.04.20

    キャンプでのコーヒー時間がリッチに!ゼブランからアウトドアで使うガラスサーバーが登場

    2024.04.12