Amazonで★4.5の「キャンプに使えるドッグコット」をレビュー!愛犬の反応はいかに | アウトドア雑貨・小物 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • Amazonで★4.5の「キャンプに使えるドッグコット」をレビュー!愛犬の反応はいかに

    2021.07.07

    昨年末、筆者は犬を飼い始めた。避妊手術やワクチン接種などひと通りすべきことを終えたので、さて一緒にキャンプへ連れて行こう!と考えているところである。

    ところが、キャンプ道具を見てみると人が使う道具は持っているが、犬向けの道具はそんなに持っていないことに気づく。特に、犬が休憩する場所をどうしようか、非常に迷ったのだ。

    そこで、ショップスタッフに聞いたりネットで調べたりすると、ドッグコットが一番いいと知る。また、知人の犬連れキャンパーはAmazonで★4.5の商品を愛用していると教えてくれた。

    早速どんなものかしたいと思い、取り寄せて使ってみることにした。

    使い勝手にこだわった快適ドッグコット

    クイックキャンプ「ドッグコット」3,960円

    今回紹介するのは、日本のアウトドアブランド「クイックキャンプ」のドッグコット。カラーはサンドとカーキの2色を展開しているが、サンドは売り切れだったのでカーキを取り寄せた。

    つい最近、大型犬用のビッグドッグコットが発売されたそうだが、こちらは小型〜中型犬向けの小さいモデルだ。

    ゆったりしたつくりで、コットの出し入れは楽チン。

    収納サイズは直径20×高さ55cm。ハンドルは肩がけできるほど広めになっており、持ち運びは簡単。

    犬が簡単に乗れるように低い位置に設定されている。

    サイズはW70×D70×H20cm。耐荷重は25kgで、柴犬のオスの平均体重が811kgとのことなので、それを考えると余裕で耐えられる性能である。

    カバーの裏面はドットの滑り止めを配しているため、犬が上で遊んでもズレる心配はない。

    コットはシートとカバーの二重構造となっており、シートはポリエステル生地のしっかりとしたもの。カバーは起毛したコットンライクな生地になっている。

    カバーは丸洗いが可能なので、汚れたら気軽に洗えるのも魅力。

    カバーはキルティング構造を採用。中綿は入っていないが、各格子の中に空気が含みやすく、保温性が生まれやすいのが特徴。これなら地面からの冷気を遮断してくれそうだ。

    思った以上に組み立ては簡単

    組み立て方は非常に簡単。収納袋から取り出し、収束しているフレームを広げ、シートの四方を被せて取り付ければ完成。組み立て時間はわずか10秒!ブランド名のクイックを体現する楽チン設計だ。

    愛犬は大喜び!

    お初なので臭いをかぎ、問題ないことがわかったらその上に飛び乗った。

    組み立ててみたので、早速愛犬を上に乗せてみた。筆者が飼っている犬はジャック・ラッセル・テリアというイギリス原産の小型犬で、8か月になるメスである。すぐに気に入ったようで、乗ってまもなくリラックスしはじめた。

    手首をフレームに引っかけるような体勢がいいみたいで、しばらくはこの姿勢で過ごしていた。

    対角線上にぜいたくに座っても、腕を伸ばしても問題なく収まる。中型犬となるとジャストサイズか、腕を伸ばすとやや小さく感じるかも、というところか。

    中央が沈み湾曲した形になる。

    収束型のフレームは中央が沈む難点があるが、ハリのある生地を使用しているので、多少の沈みはするが地面に着くほどではないので、安心して乗せられる。

    コットの上で立っても、生地中央が地面に着くことはなく、上で遊んだとしてもこれなら壊れる心配はなさそうだ。

    チェアはクイックキャンプのウッドローチェアで、座面高は32cm。

    キャンプを想定し、ドッグコットの隣にローチェアを置いてみた。ドッグコットの高さは20cmで、手を伸ばせた問題なく身体に触れられる。

    しばらく座っていると、あくびをしてウトウトし始めた。初めて座ったものにもかかわらず、とてもくつろぐ姿は珍しいと感じたので、筆者の所感としては愛犬は気に入ったのではないかと思っている。

    撥水性がほぼないのが心配

    カバーに水滴を垂らした状態。

    シートに水滴を垂らした状態。

    使用して気づいたことは、シートにもカバーにも撥水加工は施していないこと。上の写真はカバーに、下の写真はシートにそれぞれ水を軽く垂らしてみたもの。どちらも少量であれば弾くが、ある程度大粒の水だと染み込んでしまった。

    晴れのキャンプならさほど問題にはならないが、雨のキャンプや犬が水遊びから帰ってきたときなどは、注意が必要かもしれない。とはいえ、ポリエステルは乾きが早いので、もし濡れたら軽く水分をとって風通しのいいところに置こう。

    クイックキャンプのコットで犬連れキャンプは安心!

    ドッグコットは、キャンプだけでなく家やピクニックでも手軽に使える便利品。犬を汚れから守るだけでなく、程よいハリ感で癒しを与えることもできる。犬向けの道具を探している人は参考にしてみてはいかがだろうか。

    商品紹介

    クイックキャンプ「ドッグコット」

    サイズ:W70×D70×H20cm
    収納サイズ:直径20×H55cm
    重量:2.3kg
    耐荷重:25kg

    商品の詳細はこちら
    https://quickcamp.jp/product/other/qc-dc/#breadcrumb-2

    文・撮影/小川迪裕

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 アウトドア雑貨・小物 』新着編集部記事

    スリコのアウトドアグッズが優秀だ!調味料収納バッグとロール収納ケース徹底レビュー

    2022.11.25

    刃物から手をガードし使い込むほどに味わいが増す!CRUDの新作「ケブラーライナー ディクソン グローブ」

    2022.11.16

    とうとう“食”の枠を超えた!「ほりにし」がサンタクルーズ&ペアブリックと異色のコラボレーション

    2022.11.13

    車のハンドル…じゃない!じつは「アウトドア料理」に超便利なアイテムだった

    2022.11.01

    ユニークギア、ギア修繕用アイテムも!BE-PALが夏のORショーで注目していたアイテム7+α

    2022.10.27

    寒い日に必携!一生モノのブランケットにPENDLETONをおすすめする理由

    2022.10.26