子連れキャンパーに聞いた!魔の2歳児がキャンプでごきげんになったものって何!? | サスティナブル&ローカル 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 子連れキャンパーに聞いた!魔の2歳児がキャンプでごきげんになったものって何!?

    2021.06.27 新里碧

    昨年キャンプデビューをするまでは、正直、こんなに子どもがキャンプを楽しめると思っていませんでした。

    「まだ2歳じゃ、飽きちゃうかな?」「おもちゃとか持って行った方が良いのかな?」と、思っていました。

    少しの不安を抱えたまま、初めてのキャンプに行った時、子どもの楽しそうな姿を見て、キャンプを家族の趣味にしようと決めました。

    何もない原っぱでも、作り途中のテントの上(!)でも、楽しそうですが、特に“ごきげん”になった時のことをまとめてみました。

     

    2歳児の我が子は、ようやく言葉でコミュニケーションが少し取れるようになったくらいです。

    最近「○○したい」と、大人と同じことを積極的にしたがります。「まだ危ないかなぁ」という気持ちもありますが、キャンプでは特に、「少しでも良いから挑戦させてあげよう」という気持ちになります。

    そこにいるだけじゃなくて、大人や友達と何かを“一緒にやった”というのが、とても嬉しそうです。

    ナンがちびっ子たちに大好評の、けいすけさんの記事「Slim Spice で、本格スパイスカレーを作る!」はこちらです。子どもが大きくなったら、スパイスカレーにも挑戦してみたいです。

     

    私が書きました!
    取材漫画家/イラストレーター/アーティスト
    新里碧
    芸大を卒業後、広告業界を経て独立。2018年、自身の体験を元に描いた『アプリ婚 お見合いアプリで出会って1年で婚約→結婚しました』(小学館)発売。旅と工作が大好きな新米キャンパーです。

     

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 サスティナブル&ローカル 』新着編集部記事

    キャンプのお供にもおすすめしたい図鑑&自然をめぐる書2選

    2022.11.25

    BE-PAL創刊編集長の目利きモノ選び!水やりがひと目でわかるチェッカー

    2022.11.22

    フォトライター・矢野直美さんがチョイス!おすすめの全国鉄道旅8線

    2022.11.20

    種類も豊富で何よりおいしい!「オイシックス・ラ・大地」のアップサイクル食品

    2022.11.20

    瀬戸内海で楽しむ“欲張り旅”は秘境ローカル列車+ハイキングで決まり!

    2022.11.19

    災害時でも使える道具を扱う「ENstyle」店主が指南!防災時の持ち出しウェアのポイントを徹底解説

    2022.11.18