キャンプにもおすすめ!土に還る「ジュートたわし」を100均材料でDIY | 自作・DIY 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • キャンプにもおすすめ!土に還る「ジュートたわし」を100均材料でDIY

    2021.06.15

    写真はすべて筆者私物です。

    エコアイテム「ジュートたわし」を作ってみよう

    「ジュートたわし」をご存知でしょうか?「アクリルたわしは知っているけど、ジュートは知らない」という方が多いのではないでしょうか。

    ジュートとは黄麻とよばれる麻の一種です。ゴワゴワした手触りと優れた吸水性が特徴で、古来から麻袋などに使われてきました。

    ジュートはとても成長の速い植物で、たった3〜4か月ほどで2〜3mもの高さに成長します。二酸化炭素の吸収量も多く、燃やしたり土に還したりしても有害物質を発生させないことから、エコ素材として注目を浴びています。

    「洗剤なしでもお皿の汚れがよく落ちる」とブームになったアクリルたわしより、さらにエコ。ジュート特有のゴワゴワ感がお皿の汚れをスッキリ落としてくれます。そんなジュートたわしの作り方を紹介します。

    材料・道具

    ダイソー「ジュートヤーン」(110円商品)と極太のかぎ針。

    ・ジュートヤーン
    ・かぎ針(ジュートヤーンの太さに合うもの)
    ・はさみ

    ジュートたわしの材料「ジュートヤーン」は手芸店のほか、100円ショップでも購入できます。パッケージにちょうどいい太さのかぎ針についての表記があるので、適したものを使ってください。今回は9号のかぎ針を使用しました。

    作り方

    ジュートヤーンを指に2回巻きつけます。

    編みはじめの輪を作ります。ジュートヤーンの端を指に2回巻きつけ、短い方の端を手前に、長い方を奥にくるよう持ちます。

    指を抜いてかぎ針を通します。

    指を引き抜き、かぎ針を通します。

    長い方の端を人差し指にかけ、かぎ針と人差し指の間のジュートヤーンをぴんと張ります。

    最初の1目を編みます。

    人差し指とかぎ針の間のジュートヤーンを、かぎ針の先でひっかけます。

    2つの輪の間を通します。

    ひっかけたジュートヤーンを引っ張り、2つの輪の間を通します。

    軽く糸端を引っ張り、形を整えます。

    最初の1目が編めました。短い方の端を軽く引っ張って形を整えます。もし糸端が長すぎて邪魔になるようならカットしてください。

    鎖編みをします。

    次の目を編みます。また人差し指とかぎ針の間のジュートヤーンをぴんと張り、かぎ針をひっかけます。そのままかぎ針にできている輪の間を通し、引き抜きます。この編み方を「鎖編み」といいます。

    鎖編みができたところ。

    鎖編みを合計12目作ります。

    ジュートの毛羽立ちがあるとわかりづらいので、革紐で同じものを作ってみました。赤い部分を通します。

    ここから2段目を「こま編み」で作っていきます。

    画像の赤い部分、ハート型になっている部分にかぎ針の先端を通します。

    ジュートヤーンをひっかけ、引き抜きます。

    人差し指とかぎ針の間をぴんと張り、ひっかけ、引き抜きます。

    この調子で隣も編んでいきます。

    同様に隣のハート型になっている部分にかぎ針を入れ、同様に編みます。

    2段目ができました。

    こま編みを繰り返し、端まで編み進めます。2段目ができました。

    3段目に移る前に、鎖編みを1回。

    3段目に移る前に、「鎖編み」を1目入れます。こま編みを繰り返し、3段目を作ります。

    10段編みました。

    10段編んだら、本体は完成です。

    ひっかけるのに便利なループを編みます。

    ここからはひっかけるのに便利なループを編みます。必要ない方は省略してください。

    ループに必要な長さの鎖編みをします。今回は5目鎖編みをしました。

    最後は糸端を切り、輪の中をくぐらせます。

    糸端を切って輪の中を通し、強く引くと結び目ができます。

    適当なところに結びつけて、完成です。

    最後は適当なところに結びつけて、ジュートたわしの完成です。

    環境に優しいジュートたわしを作ってみよう

    ちょうどいい大きさのジュートたわしができました。

    ジュートたわしは特有のゴワゴワ感が使いやすく、茶渋などもすっきりと落としてくれる優れものです。

    キャンプなどでも薄いので荷物にならず、役目を終えたら焚き火に放り込んでしまえばOK。100%天然素材なので、有害ガスを一切出しません。

    ぜひ使いやすい大きさで作ってみてください。

    私が書きました!
    ライター
    マリ
    自然とランニングを愛するアラサー女性。今年はトレイルランニングに挑戦予定!レザークラフトが好きで、靴やカバンも自作しています。

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 自作・DIY 』新着編集部記事

    今度は森に小屋を建設中!さばいどる かほなんが新しい秘密基地を作りはじめた

    2023.03.06

    大人は手出し無用!子供の自立心を育てるオランダの秘密基地作りとは

    2023.01.06

    キャンプの思い出を形に残せる!親子で作れるクリスマスオーナメントの作り方

    2022.12.11

    そろそろ冬支度!ベランダ栽培のローズマリーで、うがいやヘアケアに使える「ハーブチンキ」作りを

    2022.11.12

    都心に住むDIY好きの人を応援する体験型のホームセンター「DCM DIY place」に行ってみた

    2022.11.12

    実は元祖だった!ブラック・アンド・デッカーのエコなハンディクリーナーでテントも簡単お掃除

    2022.11.07