キャンプで便利なキッチンペーパーホルダーを製作!DIY初心者でも簡単に作れる! | 自作・DIY 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • キャンプで便利なキッチンペーパーホルダーを製作!DIY初心者でも簡単に作れる!

    2021.03.30 アサノダイスケ

    私が書きました!
    フリーライター
    アサノダイスケ
    秋田県在住。幼少期に父に連れられて行ったキャンプでアウトドアに目覚め、妻ともアウトドアがきっかけで知り合い、結婚しました。毎週末、妻とキャンプに出掛ける日々を送っています。目下の目標は「雪山での雪中キャンプ敢行」で、それに向けて着々と準備中です。

    簡単DIYで便利なキッチンペーパーホルダーを作ろう!

    キャンプで便利なキッチンペーパーホルダーは、DIY初心者でも簡単に作れる。

    キャンプで食事を作る際に、あると便利なのがキッチンペーパー。汚れを拭いたり、余分な油を吸い取るのに重宝しますよね。

    しかしキャンプのテーブルは、ただでさえ物であふれがち。キッチンペーパーを置いてしまうと、テーブル上のスペースを多く占領してしまいます。

    そこで今回はタープポールやランタンスタンドにぶら下げることができる、キッチンペーパーホルダーの作り方をご紹介します。

    DIY初心者でも簡単に作れるので、ぜひ作ってみてください。

    キッチンペーパーホルダーの作り方

    準備するもの

    ・木材(20×10×910mm):1本
    ・丸棒(Φ8mm、30cm以上):1本
    ・木ネジ(長さ16mm程度):8本
    ・電動ドライバー
    ・木工用2mmドリルビット
    ・木工用8mmドリルビット
    ・のこぎり
    ・パラコード(1m80cm程度):1本

    作り方

    木材をのこぎりで切断する。

    20×10×910mmの木材を切断して、25cmを2本、15cmを2本にします。

    のこぎりを扱う際は、怪我をしないように気を付けましょう。

    切断した木材を組み立てる。

    先ほど切断した木材を、写真のように並べます。

    一般的なキッチンペーパーであれば、この四角形の中に納まります。お徳用で巻き数の多いキッチンペーパーは、収まらないことがあるので、その場合は15cmで切断する木材を20cmなどに変更してください。

    木ネジの下穴をあける。

    木材を木ネジで固定するために、まず木ネジを締めるための下穴をあけます。

    木ネジの径より少し小さめのドリルビットで、木材に下穴をあけましょう。

    今回私は2.7mm径の木ネジを使うため、2mmのドリルビットを使って下穴をあけました。

    木材同士を木ネジで留める。

    先ほど下穴をあけた箇所に、木ネジを締めます。

    木材同士をしっかり木ネジで留めましょう。

    下穴の径が小さすぎると、木ネジを締める際に木材が割れてしまう場合があります。木材がひび割れてしまうようであれば、下穴の径を大きくしましょう。

    短い方の木材の中心に、8mmの穴をあける。

    四角形に組み立てた木材の、短い木材2本の中心に、8mmのドリルビットで穴をあけます。

    ビットが木材を貫通した際に、誤って手を怪我しないように、細心の注意を払いましょう。

    Φ8mmの丸棒を、30cmの長さで切断する。

    材料の丸棒を30cmの長さで切断します。

    先ほどあけた8mmの穴に丸棒を差し込みますが、丸棒と穴の径がぴったりだと差し込みづらいかもしれません。

    その場合は紙やすりを使って穴の径を少し広げるか、丸棒の径を細くしましょう。

    組み立てた木材に、丸棒を差し込む。

    丸棒はキッチンペーパーの芯に通します。四角形に組み立てた木材は、ぶら下げる際の骨組みになります。

    丸棒を差し込む穴が緩かったり、ネジ締めが緩いと、使用中に壊れてしまう場合があるので、ひとつひとつの作業を丁寧に行って頑丈に仕上げましょう。

    パラコードを通すために、それぞれの木材の両端に穴をあける。

    8mmドリルビットで、パラコードを通すための穴をあけます。

    四角形に組み立てた木材の、それぞれの部材の両端に、1つずつ穴をあけましょう。

    穴にパラコードを通す。

    先ほどあけた穴に、パラコードを写真のように通します。

    パラコードを結べば完成。カラビナなどを取り付けると、さらに使いやすくなる。

    最後にパラコードを結んだら完成です。

    持ち上げた際にペーパーホルダーが傾かないように、パラコードの長さを調整しましょう。

    キャンプで使えばテーブル上がスッキリする!

    タープポールやランタンスタンドに提げれば、テーブル上がスッキリする。

    簡単に作れるキッチンペーパーホルダーですが、キャンプで使えばとても便利です。

    バーナーの近くなどにランタンスタンドを立て、ペーパーホルダーを提げておけば、調理中にサッと使うことができます。

    自宅のキッチンに提げておくのもおすすめ。屋内・屋外問わず、どこにでも提げられるため重宝します。

    DIY初心者でも、道具さえあれば簡単に作れるキッチンペーパーホルダー。ぜひ作ってみてはいかがでしょうか。

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 自作・DIY 』新着編集部記事

    そろそろ冬支度!ベランダ栽培のローズマリーで、うがいやヘアケアに使える「ハーブチンキ」作りを

    2022.11.12

    都心に住むDIY好きの人を応援する体験型のホームセンター「DCM DIY place」に行ってみた

    2022.11.12

    実は元祖だった!ブラック・アンド・デッカーのエコなハンディクリーナーでテントも簡単お掃除

    2022.11.07

    旅の思い出にいかが? 箱根強羅公園の「クラフトハウス」でとんぼ玉作り

    2022.10.23

    焚き火調理に必要なトライポッドを作る!初心者でも簡単にできる方法を紹介

    2022.10.17

    いも掘りシーズン到来!さつまいものつるを活用してリースを手作りしてみよう

    2022.10.08