原材料がバナナ!丈夫で機能的な「QWSTION」のバッグ | アウトドアブランド 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 原材料がバナナ!丈夫で機能的な「QWSTION」のバッグ

    2021.03.25 林ゆり

    私が書きました!
    ロハスジャーナリスト・フリーアナウンサー
    林 ゆり
    関西を中心にテレビ、ラジオ、舞台などで活動後、東京に拠点を移し、執筆も始める。幼いころからオーガニックに囲まれて育ち、MYLOHASに創刊から携わる。LOHASを実践しながら、食べ物、コスメ、ファッションなど、地球にやさしく、私たちにもやさしいものについてWeb媒体やブログで発信中。

    バナナから作られ土に還る素材を使用した「QWSTION」のバッグ

    春は、新たなスタートの時期でもあるので、新年度に向けてバッグを新調するのもいいですね。リモートワークでバッグを使う機会が減っていても、近場のアウトドアなど、ちょっとしたお出かけと兼用できるバッグがあれば便利ですよ。現代の環境に暮らす人々にぴったりのバッグをデザインしている「QWSTION」でユニークなバッグを見つけました。なんと、バナナで作られているんです。機能性とサスティナビリティを融合したバッグとは、いったいどのようなものなのかご紹介します。

    機能性を重視してデザインされる「QWSTION」とは

    QWSTION(クエスション)」は、機能性を重視したスポーツバッグとエレガントはファッションバッグとのギャップを埋めるために2008年スイスのチューリッヒでスタートしたブランドです。当時、市場に出ていたプロダクトに満足できず、毎日の生活に役立ち、なおかつ個性的なスタイルバッグを作りたいとの思いから創業したそう。バッグを使う人にとって、丈夫で使いやすいということにこだわってデザインされています。シンプルなデザインで、2WAY3WEYで使用でき、バッグの印象も変わります。ブランド名は、時代ごとにより良い製品開発に努め、使用する人のニーズに対する「Question」を「Solution」するという意味を込め「QWSTION」と名づけられたそう。最初、Questionを見間違えたのかと思いましたが、Solutionがプラスされることで、あったらいいなを、解決しようという心意気が感じられますね。その時代により良い製品開発に努めているため、デザインだけでなく、環境負荷の少ないものづくりを続けているブランドでもあります。

    3年の歳月をかけて開発されたサスティナブル素材

    バナナの茎から作られるBANANATEX。

    その時代のより良いものという考えから、製造工程だけでなく、原材料も環境に配慮したものを使用しています。なかでも興味深いのが、バナナを使ったバッグです。バナナといっても実ではなく、茎の部分。この茎から繊維を作ることを考え、3年の年月をかけ開発したのが、BANANATEXです。バナナに着目したのは、バナナと同属のマニラ麻が、化学肥料や殺虫剤を使わず、1年で35mも成長するサスティナブルな植物であることから、とてもサスティナブルな植物であると感じ、開発に至ったのだとか。耐久性、耐水性に優れ、丈夫で柔らかくて軽量、さらに生分解性もあり、循環型の素材と言えます。

    バナナからバッグになるまで

    バナナの茎からバッグになり、最後は土に還ります。

    バナナの茎からバッグになるまでの工程が、わかりやすくイラストに描かれています。すべて、トレーサブルというのもSDGsのしっかり取り組んでいることが伺えます。

    1.生息地:フィリピン
    2.茎を切る:フィリピン
    3.繊維の抽出:フィリピン
    4.生地制作:台湾
    5.紡績:台湾
    6.織作業:台湾
    7.蜜蝋コーティング:台湾
    8.組み立て:中国
    9.製造:中国
    10.100%ナチュラル

    デザインは、すべてスイスで行われ、バナナの木の茎1本から一つのバッグが作られます。製造工程で使用されない材料は、バナナの茎全体のわずか1%未満で、そのすべてが生物分解可能とのこと。しかも、このBANANATEXは強靭で、100kgのセメントを持ち運んでも破れないそうですよ。まあ、そんな重いものを持ち運ぶことは現実ではありませんが、タフな素材で、デイリーでもアウトドアでも、頼もしい相棒になってくれますね。

    BANANATEXと新素材を使用し、さらに軽量化されたバッグが登場

    BIOLIGHT Medium Bucket サイズ:48×39×18cm カラー:ブラック・グリーン・オレンジ 31,900円(税込み)

    BANANATEXだけでなく、2021年春の新作では、新素材「Biolight」も使用されています。この素材は、BANANATEXと従来のオーガニックコットンを組み合わせたもので、より軽量化された新素材です。新作の「BIOLIGHT Medium Bucket」は、パターンも無駄が出ないように設計し、部品数も標準に比べて3分の1未満に削減されています。ストラップには、耐久性に優れたBANANATEXが採用されています。リュックと手持ちで使用できる2WAYタイプです。

    取り外し可能なEVAスリーブ付き

    最大16インチのPCが入る取り外し可能なEVAスリーブもあり、オン、オフ兼用で使えますね。スモールサイズもあるので、ライフスタイルに合わせて選べます。

    BIOLIGHT Mini Bucket サイズ:29×24×14cm カラー:ブラック・グリーン・オレンジ 17,600円(税込み)

    もっと荷物をコンパクトにしたいときは、「BIOLIGHT Mini Bucket」がぴったり。外ポケットには、キーフックがついていて、ミニバッグでミニマムでありながら機能的です。

    現在生産されるプラスチック製品は、10%未満しかリサイクルされていない現状から、プラスチックの使用を減らすことが今まで以上に必要と考え、ものづくりを行なっているクエスション。「私たちの目標は、美観と機能性を損なうことなく、プラスチックを使わない再生の輪を描くものづくりです」といいます。BANANATEXは、プラスチックフリーです。バッグがその生涯を終えるとき、生地は、100%生物分解可能で、バックルとジッパーはリサイクルできます。BANANATEXの開発によって、環境にも人にもやさしい製品が誕生しました。

    今後も、今まで活用していなかった資源から、新たな素材が開発されることで、サーキュラーエコノミーがどんどん実現されていくことを期待します。ちなみに、総務省家計統計によると、日本人が一番食べている果物はバナナだそうです。身近なバナナがバッグになるなんて想像もできませんでした。さらに、日本国内では、規格外でスーパーに並ばないバナナからエタノールが作られています。栄養価も高いバナナのポテンシャルの高さに、改めて驚かされました。

    QWSTION  http://greenwich-showroom.com/brand/qwstion

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 アウトドアブランド 』新着編集部記事

    スノーピークから発売のエントリーキャンパー向けモデル「ランドネスト」とは

    2023.01.24

    チャムスはなぜ人気?4つの魅力とおすすめ商品を紹介

    2023.01.12

    アメリカ発アウトドアブランド6選!アイテム別のおすすめも紹介

    2023.01.10

    極寒フィールドでも負けない!雪山登山に対応したカリマー秋冬コレクション3アイテム

    2023.01.08

    極寒でも楽しく温かく。カリマー秋冬コレクションは満を持して…キャンプアイテム!

    2022.12.02

    ベアボーンズのおすすめギア9選!ランタンからキッチン用品まで紹介

    2022.11.10

    z