ソロのデイキャンプに最適。コンパクトなチェア・テーブル・クッカーを紹介 | アウトドア雑貨・小物 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • ソロのデイキャンプに最適。コンパクトなチェア・テーブル・クッカーを紹介

    2021.03.07 のまどう

    私が書きました!
    アウトドアライター
    のまどう
    行く先のあてもないバックパッキング、ソロキャンプ、登山が大好物です。とはいえフラフラは出来ず、最近は子どもとのキャンプと自宅に並べたギアを眺めての想像の旅に夢中です。千葉の最南端在住。田舎暮らし満喫中。

    写真は全て著者私物です。

    キャンプを始めるにあたっては、テントや寝袋はもちろんのこと、椅子や机、火器などのさまざまな道具が必要になります。全ての道具を1からそろえるのはなかなかハードルが高いですよね?

    そんな方はデイキャンプや、自然の中にちょっとお出かけをして、アウトドア気分を味わうところからはじめてみるのをおすすめします。

    今回はソロでのデイキャンプにあれば便利な道具。チェアとテーブル、クッカーのおすすめ商品をご紹介したいと思います。

    1.クレイジークリーク ヘキサライト

    クレイジークリーク ヘキサライト。

    滞在時間が短いデイキャンプでも、チェアがあればお気に入りの場所でリラックスすることができます。

    最初にご紹介するのは折りたためる座椅子。クレイジークリークのヘキサライトです。

    ちなみに、ヘキサライトは旧モデルの商品になります。最新モデルは、素材に変更はあるものの、基本的な構造は変わらないHEX2.0という商品が販売されています。

    軽量でコンパクト

    半分に折りたたんだ状態。

    ヘキサライトの重さは500gほどなので、感覚的には500mlのペットボトルとほとんど変わりません。片手で持ちあげることができます。

    半分に折りたたんだ後、丸めて収納ができます。

    フレームは平たく、本体に内蔵されているので、かさばりません。折りたたんでから、丸めて収納すれば、驚くほどコンパクトになります。縦42cm×径12cmほどなので、30リットルほどの容量のデイパックであれば、たいていは収納できます。

    快適な座り心地

    長時間座っていても疲れません。

    座面に座り、左右にあるストラップを引くことで、背もたれの角度が調節できます。

    カーボン製のフレームが入っているので、安心して後方に身体をあずけることができますよ。

    ハチの巣のような座面。

    座面はハチの巣のようなつくりになっており、体圧をバランスよく分散させるので、座り心地が快適です。ヘキサライトがあるだけで、お出かけ先がくつろぎの空間に変わりますよ。

    2.Snow Peak ケトル No.1

    Snow Peak ケトル No.1

    デイキャンプに湯沸かしセットがあるだけで、楽しみの幅が広がります。湯沸かしセットがあれば、気に入った場所で温かい食事やコーヒーが楽しめますよ。

    湯沸かし用のクッカーでおすすめしたいのが、スノーピークのケトルNo.1です。

    クッカーとしてもケトルとしても使える

    ケトルのような注ぎ口。

    ケトル No.1の一番の特徴は、クッカーとケトルのいいとこ取りをした、ユニークな形状です。

    ケトル No.1は全体的にはクッカーの形をしていますが、ケトルのような注ぎ口がついています。注ぎ口があるので、ケトルとしても使用ができます。

    注ぎ口があるので便利です。

    900mlの容量があるので、ソロでの使用には十分な容量があります。カップラーメンを作った後に一人分のコーヒーやスープを入れても、お湯が余るぐらいの容量です。

    広口なので、袋のラーメンの調理もできますよ。

    コーヒーのドリップ中。

    しっかりとした注ぎ口があるので、ややコツがいりますが、コーヒーのドリップもできます!

    クッカーとケトルを両方持っていく必要がないので、荷物がコンパクトになりますね。スノーピークの製品の中では比較的お求めやすい価格なので、初心者の方にもおすすめです。

    バーナーでも焚火でも調理が可能

    上向きのつる。

    ケトル No.1は、バーナーでの使用はもちろんのこと、上向きのつるがあるので、焚火でも便利に使用ができます。

    焚火でも快適に使用ができます。

    ステンレス製なので、アルミよりも熱に強く、焚火に長時間かけても破損の心配がありません。安心ですね。

    3.Snow Peak オゼン ライト

    Snow Peak オゼン ライト

    デイキャンプでは、ちょっとしたものを置く場所があったほうが、何かと便利です。スノーピークのオゼン ライトはソロでの使用に必要最低限なサイズの机です。サイズはA4サイズで、縦21cm×横29.7cm×高さ8.5cmです。

    調理や食事の時にあれば安心

    ソロでの使用に最適なサイズ。

    1人分のボウルとマグを乗せてみました。まだ小皿やシェラカップ程度のものなら乗せられる余裕があります。

    バーナーを使用しての調理も安心です。

    オゼン ライトがあれば、屋外でも安定感のあるフラットな空間ができるので、バーナーを使用して調理をする場合も安心です。ゆったりと調理を楽しむことができますよ。

    軽量でコンパクトに収納できる

    折りたたんで、付属の袋に収納した状態。

    折りたたんだサイズはA4のハーフサイズで、縦29.7cm×横12cm×厚さ2.5cm。驚くほどスリムでかさばりません。バックパックのすき間に収納ができます。

    パンチング加工

    軽量化のために、天板はパンチング加工がされており、等間隔に穴が開いています。重量はわずか270g!このサイズのコンパクトなソロテーブルでは最軽量級の商品です。

    分解した様子。

    オゼン ライトは足が2本、天板が2枚に分解できます。それぞれのパーツがシンプルなつくりなので、簡単には壊れませんよ。

    さりげなくSnow Peakのロゴがあります。

    さりげないスノーピークのロゴもいいですね。個人的には無駄のない美しいデザインにほれぼれします。

    さいごに

    30リットルのバックパックに収納してみました。

    軽量でコンパクトなので持ち出しやすい、椅子と机、クッカーをご紹介しました。どれもつくりがシンプルで長く使える製品です。ソロでのデイキャンプやお出かけに使用する道具をお探しの方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 アウトドア雑貨・小物 』新着編集部記事

    子どもだけでなく大人も楽しい!アウトドアフィールドで遊べるおもちゃ「アウトドアトイシリーズ」

    2023.01.29

    飾りじゃないのよこのツノは!卓上ギアハンガー「ツノクランプ」はシルエットも美しい

    2023.01.28

    キャンプの名脇役にも影の主役にもなる!便利な”高機能系”キッチンバサミを使ってみよう

    2023.01.26

    夢の「Myサウナテント」が買える!? 渋谷ロフトのサウナイベントでチェック

    2023.01.21

    【売り切れ続出】キャンパーに大人気!あれこれ使えるダイソー「シリコーン保存袋」

    2023.01.16

    傘をさしたまま写真が撮れる「GLIDER ハンズフリー傘ホルダー」をレビュー!

    2023.01.12

    z