イタリアの老舗が製造!ペグハンマーにもなる小さな斧 | 刃物・マルチツール 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 刃物・マルチツール

    2020.12.13

    イタリアの老舗が製造!ペグハンマーにもなる小さな斧

    左から「鶯(うぐいす)」、「今鶴羽(いまつるは)」、「狐(きつね)」。

    ハンドルの長さが30cmほどの小ぶりの斧(ハチェット)である。作っているのはイタリアの「Prandi(プランディ)」。イタリア最北部のヴァルサッシナという山あいの町で1969年に創業した斧専業のメーカーで、いまもメイド・イン・イタリーで作り続けている。この斧の特徴は、ブレードの反対側がフラットになっていて、ハンマーとして使えるという点。もうひとつの特徴は、ハンドルにきれいな塗装がしてあること。これは日本の輸入代理店であるファイヤーサイドの企画による特別仕様。それぞれ「鶯(うぐいす)」「今鶴羽(いまつるは)」「狐(きつね)」という日本の伝統的な色が塗られている。斧というと無骨一辺倒なものがほとんどだけれど、この斧はカラーリングのおかげでやさしく優美な印象となっている。小さくて軽いから、ペグハンマーの代わりにこれをキャンプに持っていくという選択肢もアリだと思う。

    手前部分がフラットになっていて、ハンマーとして使える。ブレード部分の重さが約500g。

    ブレードを保護するケースは牛革製。ハンドルはタモ材。

    各8,800円

    ※この商品は[通販サイト]「大人の逸品」から購入できます。

    キャンプハチェット

    https://www.pal-shop.jp/item/A55012009.html

    NEW ARTICLES

    『 刃物・マルチツール 』新着編集部記事

    ブレードはトヨクニが鋳造!重量わずか20gの立つミニナイフあります

    2024.07.16

    キャンプでの薪割りに必要な道具は?やり方は?手順を解説&おすすめアイテムを紹介

    2024.07.14

    ヘレナイフの人気クラシックナイフが10年ぶりにカムバック!オールラウンダー「フューチュラ」

    2024.07.07

    焚き火で活躍する手斧!「まさかり斧」と「スウェーデン斧」どっちがおすすめ?

    2024.06.25

    キッチンナイフとハサミが一体化!刃物の名産地で作られたLOGOS「アウトドア用万能ハサミ」

    2024.05.31

    キャンプや焚き火におすすめナイフ&アックス19選!料理、薪割り、バトニングに使ってみた

    2024.04.07

    キャンプの鉈はトヨクニの「豆鉈」がおすすめ!小さいことはいいことづくめだった

    2024.03.15

    オピネルのナイフのサイズ比較。キャンプでおすすめは何番?

    2024.03.14