4月1日グランドオープン!! 『Wonderful Nature Village(わんダフルネイチャービレッジ)』に行ってきた!(その2) | ニュース 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 4月1日グランドオープン!! 『Wonderful Nature Village(わんダフルネイチャービレッジ)』に行ってきた!(その2)

    2016.04.08 スノーピーク

    ドッグラン情報に続き、BE-PAL読者のみなさんが、もっとも気になるであろうスポット、オートキャンプフィールドへまいりましょう!! オートキャンプフィールドは、ドッグランや多摩産材で作った遊具のあるキッズエリアに近い「レイクサイド」と、高台で見晴らしのよい「ヒルトップ」の2つのエリアに分かれている。

    160330-122

    160330-120

    レイクサイドは全8サイト。サイト内はわんこがノーリードで過ごせるドッグフリーサイトで、多摩産材で作ったフェンスに囲まれている。広さも平均140㎡はあり、ゆったり!

    160330-119

    レンタル品も充実していて、テント、タープから調理器具まで、すべてスノーピークで揃えられている。犬連れキャンプに対する取り組みの本気度がうかがえる!

    160330-142

    160330-144

    「ヒルトップ」サイトは、レイクサイドから坂を数分上がったところにある。こちらもすべて、犬連れOK。区画サイトとフリーサイトが計23サイトあるが、いずれも見晴らし抜群! 周辺にはサクラが植えられていて、春にはお花見キャンプも楽しめる。

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 ニュース 』新着編集部記事

    冬のアウトドア・キャンプを楽しむには?防寒対策やギアを紹介

    2023.01.26

    キャンプの名脇役にも影の主役にもなる!便利な”高機能系”キッチンバサミを使ってみよう

    2023.01.26

    ゆったり過ごせる都内のピクニックスポット13選!23区内外の公園をチェック

    2023.01.20

    芸能人のカスタム車も間近で!アウトドアライフに触れる展示会「TOKYO OUTDOOR SHOW 2023」レポート

    2023.01.20

    スニーカーが加水分解したらどうする?予防方法や手入れのコツも

    2023.01.14

    防水のアウトドアシューズおすすめ9選。購入前のチェックポイントも解説

    2023.01.13

    z