移住して変わった!アウトドアを身近に感じる田舎暮らし | 田舎暮らし・移住 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 移住して変わった!アウトドアを身近に感じる田舎暮らし

    2020.09.17

    私が書きました!
    アウトドアライター
    ミント
    アウトドアデビューは生後10ヵ月の頃。アウトドア好きな両親に連れられ海辺キャンプに出掛けたのが最初。家族を引き連れ都心から寒さ厳しい地元北海道オホーツクへのUターン移住をする。アウトドアライターをしながらスローライフを満喫。今再び家族で楽しめるアウトドアライフに目覚める。

    四季折々楽しめるアウトドア。1人より2人、2人より3人と家族が増えるたびに面白さは倍増していきます。年中アウトドアを楽しみたいアクティブ家族におすすめなのが、移住です。なかなか勇気のいることですが、田舎に住んでみるとわかる心地よさがあります。

    移住し、田舎暮らしを始めて気づいたのは、アウトドアがいつも身近にあるということ。毎日が冒険のようなワクワクに包まれます。自然に寄り添って生きていく。そんな私が移住とアウトドアについて感じたことをご紹介していきます。

    田舎へ移住するメリット

    近くにある祖母の家の周りで遊ぶことも多い。

    自然の音だけが聞こえる田舎。水も空気も美味しくて、外へ出ればすぐ自然と遊べます。夏は虫取りやキャンプ、さらに釣りなど。大人も子どもも一緒になって遊べる時間は、都会ではなかなか味わう事のできない贅沢だと思います。

    田舎への移住にはどんなメリットがあるのでしょうか。アウトドアが好きな私たち家族が田舎に移住して感じたメリットを挙げてみます。

    ①近距離にアウトドアスポットが沢山

    この日はおじいちゃんと川釣りへ。

    何も整備されていない大自然も楽しいのですが、田舎にはアウトドアスポットが沢山あります。絶景が見られる山や大規模なキャンプ場など。行く場所によっては何種類もの楽しみ方ができるため、遊び好きには見逃せません。今は情報が発達しているので、アウトドアスポットも探しやすいでしょう。

    私の場合、近くの川へ釣竿とバケツを持ってお散歩します。涼しい風を感じながら、釣り糸を垂らしていると時間を忘れてしまうほど。暑い日にはみんなで川遊び。そんな環境がとっても気に入っています。

    ②家族との絆も深まる

    清らかな清流には天然の川魚がたくさん。

    アウトドアは小さな発見を共有して楽しむレジャー。キャンプならテントを設営したり、火を起こしたり。みんなで協力して何かを成し遂げるのは、心の成長にも繋がります。じっくり家族と向き合える田舎暮らしは、親子の絆も深めてくれるでしょう。

    ③アウトドア用品は収納場所に困る!でも田舎暮らしなら心配無用

    日常的に使うものは自宅の物置へ。

    アウトドアの人気のジャンルで荷物が多い代表格と言えば、キャンプや釣り。テントや人数分の寝袋、釣り竿やクーラーボックスなど、使う物にこだわればこだわるほど増えて置き場所に困ってしまうことも多いでしょう。家族分となると結構な大荷物です。

    祖母の自宅の納屋では、釣り道具などを全員で共有している。

    しかし田舎暮らしなら、置き場所の心配はほぼ無用。田舎には納屋がある場合が多く、荷物が増えても安心して置くことができます。スペースに余裕がある納屋は、使うときにすぐに持ち出せるので便利です。ただし、収納容量がたっぷりな分、ついつい増やし過ぎちゃう場合も。定期的に整理が必要になります。 

    ④行き帰りの渋滞がないからストレスフリー

    車の台数が少ないので渋滞にはならない。

    田舎暮らしをしていると、あまり渋滞にお目にかかることがありません。アウトドアスポットへ出かけても、道が空いていることがほとんどです。行き帰りに体力が削られることがないので、しっかり楽しめます。さらに、移動時間を細かく計算しないで済むので、気持ちに余裕が生れます。

    とくに子供が小さいうちは、計画通りに物事は運びません。マイペースに行動できる田舎暮らしは、移動に関してもストレスフリーと言えるでしょう。行き帰りの道中に左右されず、ゆとりを持って楽しめる。それこそが田舎暮らしだからできる贅沢な時間の使い方です。

    田舎暮らしを始めるために必要なこと

    ゆるい傾斜の牧草地。日向ぼっこなど四季を問わずくつろげる。

    アウトドアが堪能できるのが魅力的な田舎暮らしですが、移住するには準備が必要です。特に大切なのは、その土地の情報。働き口や、学校、住みたい地域の特徴などをこと細かに調べておく必要があります。

    冬は傾斜を使って雪遊びができます。

    Uターン移住をした私ですが、移住を決めるまでは他の土地も候補に入れて沢山調べていました。近距離の場所なら、アウトドアでその土地を訪れて、自分たちに合っている土地なのか、直接触れて調べてみるのも良いと思います。

    最初は準備が多くて大変ですが、移住してしまうと、今までとはまるで違う時間の流れを感じられます。アウトドアを思いっきり楽しめる田舎への移住、検討してみてはいかがでしょうか。

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 田舎暮らし・移住 』新着編集部記事

    地域おこし協力隊に聞いた! 移住して地域の最前線で働く人たちの リアル

    2022.10.03

    おすすめの移住先12選!受け入れ実績がある地方の魅力を紹介!

    2022.08.05

    島に来て58年!昭和レトロな酒屋を守りつづける相島のお母さん

    2022.07.02

    大学生の彼女が島に移住した理由とは?若き「よそ者」が移り住む沖島の魅力

    2022.05.20

    3位は北海道、2位は長野、1位は…?アウトドア派が移住したい都道府県ベスト5ランキング

    2022.04.30

    軽井沢移住歴20年!テイ・トウワさんが語る、移住成功の秘訣とは!?

    2022.04.03