【簡単レザークラフト】キャンプギアをかっこよくまとめるミニベルトをDIY | 自作・DIY 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 自作・DIY

    2020.09.18

    【簡単レザークラフト】キャンプギアをかっこよくまとめるミニベルトをDIY

    私が書きました!
    ライター
    マリ
    自然とランニングを愛するアラサー女性。今年はトレイルランニングに挑戦予定!レザークラフトが好きで、カバンや靴も自作しています。

    寝袋やマット、テントのペグなど、紐で縛ってまとめるキャンプギアっていろいろありますよね。でも、ただ紐で無造作に縛るだけだと味気ない…。

    そんなこだわり派の方、キャンプギアをまとめるかっこいい本革ベルトを作ってみませんか?自分で作れば太さも長さも自由自在!長く作ればマットなど大型のもの、短く作ればペグなど細かいものをまとめるベルトが作れます。

    所要時間2時間ほどで簡単にできるので、はじめてのレザークラフトにもおすすめです。

    今回作るもの

    今回使うヨガマット。

    今回はこのマットをまとめるベルトを作ります!マットの直径は60cmでした。

    必要な材料

    • 革テープ(2cm幅×85cm)
    • 尾錠(幅2cm)

    いずれもレザークラフト用品を扱う手芸店などで購入可能です。革テープの幅や長さはお好みで。テープの幅に尾錠の大きさも合わせてください。

    必要な道具

    • 革手縫い用の麻糸
    • ミツロウ(あれば)
    • 革用の縫い針2本
    • 金定規(普通の定規で代用可)
    • 革包丁(カッターで代用可)
    • 四本菱目
    • 木槌(または金槌)
    • ポンチ(2.5cmの穴が開けられるもの)

    いずれもレザークラフト用品を扱う手芸店などで入手可能です。

    もし尾錠の大きさを変える場合は、ポンチの穴の大きさも合わせて変えてください。ロータリーポンチなら使うときに音も出ず、穴の大きさもフレキシブルに変えられます。

    作りかた

    革包丁があると、切る他にも革の厚みを薄くしたりできるので、レザークラフトの幅が広がります。

    1.まずはベルトループを作ります。革テープを端から6cmのところで切り、さらに縦に2つに切ります。

    ベルトループを作ります。

    2.1で作った2つの部品のうち、片方は両端から1cmのところに穴をあけ、穴の0.2cm横で切り落とします(写真上側の部品)。もう片方は両端から0.5cmのところに穴を開けます(下側の部品)。

    開けた穴に糸をくるくる通して、リング状にします。

    3.工程2で作った2つの部品のうち、0.5cmで穴を開けた方の部品を縫い合わせ、輪っかにします。1cmのところで穴を開けた部品は工程8で使うので、とっておいてください。

    ロータリーポンチがあると便利。もちろん手打ちポンチでもOK。

    4.長い方のテープに金具を取り付ける準備をします。端から4cm、4.5cmのところに直径2.5cmの穴を1つずつあけます。

    ずれないよう気をつけながら穴を開けます。

    5.3の工程で開けた2つの穴をつなげる形で切り込みを入れ、間を抜きます。端から0.5cm、1.5cm、2.5cm、5.5cm、6.5cm、7.5cmのところに4本菱目で縫うための穴をあけます。

    尾錠をセット。一気にベルト感がでます!

    6.尾錠をつけます。金具を通し、革の裏面の方から爪をひっぱり出してセットします。向きを間違えないよう注意!

    いよいよ縫っていきます。レザークラフトはあらかじめ穴を開けておくので、ずれる心配なし。

    7.尾錠に一番近いところから縫っていきます。レザークラフトでは糸の両端に1本ずつ針をつけ、縫います。糸は切れにくい麻糸を使用。ミツロウに何度か滑らせておくと、糸が毛羽立たず、水にも強くなります。端は2回ループさせ、強化しておきましょう。

    ベルトループを外れないよう、しっかり縫い込みます。

    8.中央を縫います。間に工程3で作ったベルトループを綴じ込み、強度を持たせるため二重縫いにします。ベルトループが邪魔で縫いにくくなりますが、がんばってください!

    金具側はこれで完成です!

    9.最後の直線を縫います。縫い方は工程6と同じで、端を2回ループさせて強度を出します。

    ベルトの端は、無造作に斜めにカット。穴は等間隔に5つ開けました。

    10.反対側の端を処理します。尾錠に入れやすいよう端を斜めに落とします。好きな数だけベルト穴を開け、工程2で作ったベルトループを端から通したら、完成です!

    端の形はお好みで。今回は無造作に斜めにしてみましたが、普通のベルトのような剣先型にするもよし、角丸にするもよし。楽しんでみてください。

    自作ベルトでキャンプギアをかっこよく

    革の重厚感がかっこいい。

    金具の取り付けさえマスターすれば簡単に作れるベルト。市販の革テープを使えば、安価で端の処理もいらず、手軽に作れます。本革なので、エイジングも楽しめますよ。

    ぜひ色や長さを変えてたくさん作ってみてくださいね。

    NEW ARTICLES

    『 自作・DIY 』新着編集部記事

    タイダイ染めで世界で1枚のTシャツを作ろう!やり方を徹底解説

    2024.06.04

    DIYでミニテーブルを作成! 端材を有効活用して自分だけの道具を作ろう

    2024.05.14

    ソーホースブラケットとは?DIYアイデアやおすすめ商品を紹介

    2024.05.06

    「最強の竹とんぼ」の作り方を伝授!奥の深い知育玩具を親子で楽しもう

    2024.04.10

    DIY初心者におすすめしたいお役立ち道具11選!ひと味違うDIYを実現できる個性派ショップも

    2024.03.04

    ハンモックを自作しよう!布で作る簡単な作り方教えます

    2024.01.03

    クリスマス工作のすすめ!拾ったどんぐりや木の葉でサンタハウスを作ろう

    2023.12.08

    家具に“つくる”選択肢を! カインズがDIYで仕上げるオーダーカット家具のプラットフォーム「CAINZ DIY MARKET」開始

    2023.11.14