2017.02.09

【漕いで、釣って、食べて】 カヤックフィッシング奮闘記 Vol.22 カワハギにチャレンジ!

  • ツイートする
  • シェアする
  • pocket

72_1PC190707

狙える魚種が豊富なのも、カヤックフィッシングの楽しいところ。これまではどちらかというと「大物狙い」の釣りをしてきたが、今回はちょっと趣を変えて「旬の美味しい魚」を狙ってみることに。冬の寒い時期、美味しいのがなんといってもカワハギ。肝が大きくなったカワハギを、ぜひ肝和えで食べたい。そんなわけで、12月19日の朝から出航。

72_2PC190678

平日の海はほぼ貸し切り状態

 

カワハギは、ルアーではなく餌で釣る。餌はアサリのむき身が一般的で、釣具屋に行けば冷凍したものが売っている。カワハギは根と砂地の境目あたりにいることが多いので、魚探を見ながらそういうポイントを探していく。

72_8PC190735

江ノ島と富士山、実際に見るともっと大きいんだけどなぁ

72_3PC190673

この日もマリンボックスの沼野さんの経験に頼る

 

しばらく捜索して、可能性のありそうなポイントがあったので、ひとまずそこからはじめてみる。ちなみに、カワハギ釣りではアンカーを打って船が流されないように固定する必要がある。なぜなら、カワハギは群れでいて、あまり泳ぎ回らないため、できるだけ同じポイントを狙い続けたいからだ。

72_9PC190772

むき身を使うが普段カワハギはどうやってアサリを食べているのか

72_4PC190708

仕掛けは市販のものを使用

  • ツイートする
  • シェアする
  • pocket