2017.04.14

【ロープワーク】キャンプで洗濯物を干したいときに!「ねじ結び」を知っていますか?

  • ツイートする
  • シェアする
  • pocket

キャンプのロープワークで、ぜひ覚えておきたい結び方が『ねじ結び』。

『ねじ結び』で木や柱にロープを結べると、キャンプなどで洗濯物を干すロープを簡単に設営することができます。

また、タープの一方を持ち上げたいときや、雨がたまらないよう一部を下げたいときにも大活躍。

 簡単なので「とりあえず」ってときに便利です。

 

『ねじ結び』の結び方

1. 木の周りをぐるりと一周させて、ロープの「先」を下から上に交差させます。

 

 

2. 3〜4回同じように、先端を下から上に通します。

ロープの先を「ねじねじ」と巻きつけていくるような感じです。

 

3. ロープの「もと」と「先」を引っ張り、結び目を締めたら完成!

ロープの「先」を10cmくらいあまらせると、ゆるみにくくなります(ゆるんだときにも気がつきやすいです)。

 

※こちらの記事もぜひ! 
「本当に使えるロープワーク4」 
http://www.bepal.net/know-how/ropework/789

 

◎構成=加藤岳洋
アウトドアとコーヒーについての情報を発信する「アウトドア&カフェ 甘酸辛苦」代表。身近なアウトドア体験や道具についてブログや動画で伝えている。また、コーヒーソムリエの資格を持ち、イベントやお店への出張コーヒーサーブや淹れ方講座の講師も務める。2016年からは公園でのアウトドア活動で地域のコミュニティーを作るプロジェクト『LIFE Camping』を東京都多摩市の仲間とスタート。アウトドアを通じて公共施設の利用促進や人とのつながり、緊急時の助け合いができるコミュニティー作りを目指している。

■アウトドア&カフェ 甘酸辛苦
ブログ http://kansanshinku.hatenablog.com/
instagram @kansanshink

 

  • ツイートする
  • シェアする
  • pocket