封筒型シュラフは幼児連れキャンパーに向いている

2018.09.18 (閲覧数) 1,048

キャンプシーンでテントと同じぐらい必要不可欠なのがシュラフ、すなわち寝袋です(スリーピングバッグとも)。最初のキャンプ道具選びでリストアップされる、基本装備です。

夏のハイシーズンならば、スリーシーズン用の安いシュラフでも十分で(個人差あり)、結婚式の引き出物カタログにもあるほど、お手軽な存在です。

我が家でも大人だけのキャンプのときは、ペラッペラな3シーズン用シュラフを使っていました。ところが、子どもが生まれ、いざ幼児連れの家族キャンプになると、改めてシュラフの重要性に気づき、新しいシュラフを買い足した経験があります。子どもたちにとって、
はじめてのキャンプで安眠できなかった……というのはあまりにも可哀そう。

幼児が使うシュラフで、我が家が選びの基準にしたのが以下の項目です。

・子どもは寝相が悪いので掛け布団的に使えるもの
・肌触りがよいもの
・洗いやすく、メンテナンスが楽なもの。

そこで選んだのが、広げると幅広く使える「封筒型(エンベロープ型)」で、肌触りが良い「フリース生地」。丸洗いできる「化繊」を選びました。写真はコールマンの「フリースEZキャリースリーピングバッグ」です。

ふたつのシュラフをチャックで連結することができるので、敷布団として使ってもズレることがなく快適。マミー型のような窮屈さもなく、家族受けも上々です。

ただし、我が家が選んだこのシュラフは快適温度0度のもの。収納時のサイズが収納時サイズ:約φ32×42cm(メーカー記載)と、容量的に嵩張るため、車載時に場所を取ります……。なので、コンパクトカーの方にはオススメできません。我が家ではルールキャリアに積んでいます。

このシュラフ、家では収納袋から取り出し、他の布団と一緒に押入れに保管しています。この製品に限らず、シュラフ全般に言えることですが、収納袋に入れっぱなしは機能低下の元です。湿気から守り、清潔に保つために布団と同じように保管しましょう。

ギアミチさん

はじめまして! ギアミチです。 家族でのキャンプはもちろん、仲間との山登り、ハイク、四駆にMTBなど、 一年を通じてアウトドアを楽しんでます ꉂꉂ( ˊᵕˋ ) とにかく新しい道具が大好き! 買ったもののマイレビューと、 アクティビティーの思い出レポを記録していきます、Yah! 愛車はバネオ! ルーフキャリアに寝袋置いて週末キャンプにゴーです!

もっと見る

この記事をシェアしよう!

ギアミチさんの新着ユーザー投稿記事

新着ユーザー投稿記事

『 寝袋・シュラフ 』新着編集部記事

おすすめ記事