温泉の秋に要注意!秘湯でしてはダメな5つの流儀 | BE-PAL - Part 2

  • ホーム
  • 温泉
  • 温泉の秋に要注意!秘湯でしてはダメな5つの流儀

温泉の秋に要注意!秘湯でしてはダメな5つの流儀

2016.10.08

4.山の上の温泉では湯冷めに注意
入浴直後は血管が拡張しているので、体温が発散しやすい状態になっています。温泉で温まった体と、外気温の差が大きい山の上の温泉などは、特に注意が必要。
対策としては、温泉から上がる前に足元や手に冷水をかけて、広がった血管を収縮してあげるとよい。入浴後、すぐに野外へ出なければならないような温泉の場合は、髪を濡らさないようにするのも大事。

5.温泉と火山の密接な関係
日本は有数の火山国家。なので、火山の地下のマグマを熱源とする火山性温泉も多い。当然のことながら、火山のそばにある温泉も多いのですが、火山活動をきちんと調べるインフラが整っていないのが現状。ただ、ネットなどである程度の情報は得ることができます。

【教えてくれた人】
日本温泉協会常務副会長/日本秘湯を守る会会長
佐藤好億さん
17ryuugisatou

日本秘湯を守る会の創設メンバー。温泉というものを地域の財産と考え、日本の原風景を守るために様々な活動を行なっている。自身も福島県で大丸あすなろ荘を経営する、秘湯の生き字引的存在。

 
構成/櫻井 卓

この記事をシェアしよう!
  • ホーム
  • 温泉
  • 温泉の秋に要注意!秘湯でしてはダメな5つの流儀

関連記事

『 温泉 』新着ユーザー投稿写真

『 温泉 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。