2017.07.07

「ミョウガの妖精」と呼ばれる渡り鳥、ヨシゴイを知っていますか?

  • ツイートする
  • シェアする
  • pocket

夏になると繁殖するために日本にやって来る渡り鳥、ヨシゴイ。

日本以外では中国やタイ、ベトナム、マレーシア、インドなど広範囲に生息している。サギの仲間で沼や湿地帯でその姿を見る事が出来る野鳥だ。

全身は茶褐色でクチバシはオレンジっぽい黄色、腹部は白くストライプ模様があるのが特徴。全身は31〜38センチとサギの仲間では小柄な部類になる。

ヨシゴイの食性は動物食で、魚類や両生類、昆虫、甲殻類などを食べている。

ハスの上を歩き回っては獲物を物色し、狙いをつけては頸を伸ばして捕食する水上のハンターで、ほぼ百発百中!

観察してる限り外したのを見た事がないほどの精度だ。そんな所以から“水上の忍者”とも呼ばれている。

 

 


ハスの上のヨシゴイ。その姿はミョウガを連想させる。

 


有名な観察地、新潟県瓢湖。この池のどこかにヨシゴイがいる

 


人間味あふれる、この立ち姿。しばしば、ヨシに似せた擬態を見せる。

  • ツイートする
  • シェアする
  • pocket