• ホーム
  • 外遊び
  • 自然観察
  • 『ファーブル昆虫記』翻訳者に聞く「森をもっと楽しむための昆虫採集3つのポイント」

『ファーブル昆虫記』翻訳者に聞く「森をもっと楽しむための昆虫採集3つのポイント」

2015.07.17

NPO法人日本アンリ・ファーブル会理事長で『完訳ファーブル昆虫記』(集英社)の著者としても知られる奥本大三郎さんに、昆虫採集時の森の歩き方を教えていただきました。

 

1 森の中で寝転んでみよう昆虫採集「草の上に寝転んで自分の気配を消してみましょう。じっと目を凝らしていると、チョウ、バッタ、キリギリスなど、じつにさまざまな虫がいることに気付きます」

2 木の穴や樹液のニオイを探そう昆虫採集「カブトムシやクワガタ、オオムラサキなど、樹液に集まってくる虫はたくさんいます。樹液はアルコールが発酵しているようなにおいがします。香りにも敏感に!」

3 虫たちは何を食べるのかを知ろう昆虫採集「これはエノキの葉です。オオムラサキの幼虫の食べあとがありますね。虫ごとに食べる植物は違いますから、植物が分かれば、虫を探しやすくなります」

 

■教えてくれた人
奥本大三郎さん奥本大三郎1944年大阪生まれ。フランス文学者、作家。
大阪芸術大学教授、埼玉大学名誉教授、NPO日本アンリ・ファーブル会理事長、ファーブル昆虫館「虫の詩人の館」館長。

この記事をシェアしよう!
  • ホーム
  • 外遊び
  • 自然観察
  • 『ファーブル昆虫記』翻訳者に聞く「森をもっと楽しむための昆虫採集3つのポイント」

関連記事

『 自然観察 』新着ユーザー投稿記事

『 自然観察 』新着ユーザー投稿写真

『 自然観察 』新着編集部記事

おすすめ記事