2017.08.31

国内初! MTBビギナーが楽しめる 国際基準のダウンヒルコースが誕生

  • ツイートする
  • シェアする
  • pocket

長野・白馬岩岳MTB PARKに、新しくMTBコースが誕生した。家族みんなでMTBを楽しめる「山頂周遊コース(マウンテンサイクリングコース)」と全長6500mの「初級者ダウンヒルコース(アルプスダウンヒルコース)」だ。子どもから大人まで楽しめる山麓の「デュアルパンプトラック」、白馬出身のXCプロライダー・平林安里さんがプロデュースしたクロスカントリーコース「岩岳の森コース」ら既存4コースに新しく2コースが加わったことで、いろいろなレベルのMTBライダーが遊べるようになった。

待望の新コースは、海外などでW杯コースの制作に携わるトレイルビルダー、エヴァン・ウィントンが設計・制作。山頂周遊コースは全長1100m。北アルプスを眺めながら家族でのんびりMTBを楽しめるよう設計しており、利用者アンケートでは「コースが作り込まれていて楽しい」「下りと上りのバランスがいい」など大好評。見どころは林を抜けたところ。ぱっと目の前に広がる雄大な景色は、宝物を見つけた気分だ。

エヴァン・ウィントンが手がけた、日本で初めての国際基準を満たした初級者用コース。MTBでダウンヒルというとなんだか敷居が高いイメージがある。事実、白馬岩岳既存のダウンヒルコースは「カミカゼダウンヒルコース」と名付けられ、テクニックを要する根っこやドロップ、そして一気に駆け下りる直線などスリル満点の設計だ。一方、新設された初心者ダウンヒルコースは白馬在住のMTBライダーによると「エヴァンの愛を感じるコース。ビギナーにやさしく、遊び方を知っているベテランライダーも満足」。高低差は521mで変わらないが、ビギナーもダウンヒルの爽快感を味わえるのがうれしい。

*現在はコースの一部のみ利用可能(9月29日全オープン予定)。

ゴンドラに乗らず、ダートの楽しさを堪能できるデュアルバンプトラック、ファンライドコースも健在

ゴンドラのそばには、自転車用の洗車スペースを用意しているので泥だらけになっても大丈夫

MTBパークの申込書。障害保険(1日300円)も用意している

ゴンドラのチケット売り場そばにMTBレンタルコーナーがある。MTBは2時間2000円〜、ヘルメット1日1000円、プロテクター1日500円、グローブ1日600円なので、手ぶらでMTB体験ができる

白馬岩岳MTB PARK(山麓エリア)

営業期間
<秋季>8:30~16:00(ゴンドラ下り最終15:50。9月9日、16日、18日、23日、24日、9月30日~11月5日)

・1日券 大人4200円・子ども3000円(ゴンドラ片道含む)
・クロスカントリーコース・MTBデュアルパンプトラック&MINIクロスコース共通券 1日券 大人1000円・子ども500円(ゴンドラ料金別)
・ダウンヒルコース 1回券 大人1200円・子ども800円
・お試しパック 大人3600円・子ども2000円(ゴンドラ往復・2時間レンタル・岩岳の湯入浴券付き)

【問】0261-72-2474 http://www.nsd-hakuba.jp/

 

 ◎構成=大森弘恵

  • ツイートする
  • シェアする
  • pocket